遥かなるゲバラの大地

  • 31人登録
  • 3.64評価
    • (2)
    • (6)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 戸井十月
  • 新潮社 (2006年6月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104031054

遥かなるゲバラの大地の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ゲバラが題名に使われている割には戸井さんの旅行記と言う感じ。サクサク読めて好きです。

  • 途中で断念してしまった。
    次読んだら更新しなおし。

  • 56歳でバイクで南米1週旅行した冒険物語。こういうスケールの大きい旅物語を読むと、自分がこれから旅に費やせる時間はどのくらいなのだろうと焦ってしまう。

  • この本は、戸井十月が南米大陸をバイクで旅した紀行記録。思ったよりも、ゲバラの記事はすくない。しかし、すごくリアリティがあるし、知らない国の事情が良く表現されている。特に関心をもったのは、アマゾン川上流の記事。我々の想像しているより、はるかに雄大なことがつたわってきた。冒頭記事が少ないと記載しましたが、チェ・ゲバラについては、処刑された場所の文章がちょっと興味をそそった。チェ・ゲバラについての本をもっとよみたくなった。

全4件中 1 - 4件を表示

戸井十月の作品

遥かなるゲバラの大地はこんな本です

遥かなるゲバラの大地のKindle版

ツイートする