道、果てるまで―ユーラシア横断3万キロの日々+4大陸10万キロの記憶

  • 77人登録
  • 4.06評価
    • (3)
    • (12)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 戸井十月
  • 新潮社 (2011年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104031061

道、果てるまで―ユーラシア横断3万キロの日々+4大陸10万キロの記憶の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 4.0 ユーラシア大陸をバイクで横断する旅行記。バイクでの5大陸制覇を完遂して2013年7月に他界した著者のご冥福をお祈りします。

  • 戸井の集大成としてもだが、旅行時としてもイイ作品。個人的に、戸井の五大陸走破行を映像で、文字で追ってきたので、色々な場面が浮かんできて感慨深かった。

  • 配架場所]2F展示 [請求記号]915.6/とい [資料番号]2013100880

  • 『植木等伝』(小学館文庫¥600)
    『旗とポスター』(晶文社¥古本)

  • GUEST 035/サックス奏者・坂田明:スミスの本棚:ワールドビジネスサテライト:テレビ東京 http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/blog/smith/2011/06/post115284.html

  • な゛ー。。うずうずしてくんなぁ

  • 自分ではとてもできないんだけど、この旅はどうしてこんなにも力強い魅力見せつけるのだろう。大陸・原野に一人立ったときに心に訪れるだろう思いをただただ想像してしまう。それにしても全体として中国は腐ってるんだな。

  • あまり人の旅行記とかエッセイとか読まないのだが、この本は良い。
    ユーラシア大陸の横断記録ではあるが、要所要所、南米やアフリカ等々、嘗ての旅行記も盛り込まれていて、世界横断記録になっている。
    けっして自分にはマネできないなと憧れる。

  • 55

  • 110615 WBS スミスの本棚 坂田明さんおすすめ

     
    自分の価値観を壊し その国で違う価値観を積み上げる

    見知らぬ一歩を踏み出せば 
    喜びとガッツを得られる。

    それを全部取り込めれば
    自分の豊かさに繋がる

全11件中 1 - 10件を表示

戸井十月の作品

道、果てるまで―ユーラシア横断3万キロの日々+4大陸10万キロの記憶を本棚に「読みたい」で登録しているひと

道、果てるまで―ユーラシア横断3万キロの日々+4大陸10万キロの記憶を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

道、果てるまで―ユーラシア横断3万キロの日々+4大陸10万キロの記憶の作品紹介

12年の歳月をかけ、ついに達成した走破の記録。バイクによる五大陸走破行、完結編。

道、果てるまで―ユーラシア横断3万キロの日々+4大陸10万キロの記憶はこんな本です

道、果てるまで―ユーラシア横断3万キロの日々+4大陸10万キロの記憶のKindle版

ツイートする