故郷のわが家

  • 50人登録
  • 3.43評価
    • (3)
    • (7)
    • (10)
    • (3)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 村田喜代子
  • 新潮社 (2010年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104041039

故郷のわが家の感想・レビュー・書評

  • 2005年秋、滞在した久住高原のホテルで、雲海に閉じ込められた神々しい朝の経験から生まれた連作9編だそうです。村田喜代子 著「故郷のわが家」2010.1発行。なんとも不思議な夢のような世界が描かれています。

  • 80年代に芥川賞作家となった村瀬喜代子さんが2010年に発表した連作短編小説「故郷のわが家」を読了。主人公が阿蘇と大分の間にある久住高原にある生家を人に譲る前の準備のため整理に戻った際に試み浮かぶつれづれなる思いを綴った形を取っている。都会の自宅から連れ合いとして連れ戻ったフジ子という愛犬との触れ合いの様子がどの話でも書かれているせいかほのぼのとしていて柔らかい印象の読みやすいお話として読み進む事が出来た。年老いた母が取っておいたとも割れる調味料から食器、布団や丹前など捨てるもの譲るもの、どちらも出来ないで持ち帰るものなどに仕分ける淡々とした毎日の中なくなった家族、友人、友人と行った海外旅行先、片付け仕事の中知り合った地元の方たち、森、淡々とした夜の時間のなかに流れるラジオの音などがきっかけになって思い出した過去の記憶や亡くなった同級生とのエピソードなどなどの話を読み進めるうち話のつどつど自分の故郷のことをどうしても思ってしまった。自分の場合は整理ではなく暮らしに戻るだろうけれど。そんなタイトル通りに故郷の事を思う事を助けてくれる小説を読みすすめるBGM
    に選んだのがイケメントランぺッターDon Sleetの”All Members". 落ち着く演奏です。

  • 65年前に生まれた故郷 久住高原の生家。
    今や誰も住んで無い家に、主人公の笑子は、愛犬フジ子を連れて、家を序文する為に、片付けに来る。

    そこでは、亡くなった、若き兄、両親、主人、等が、現われる書き方をしている。

    旅行好きなのか、グランドキャニオン、モニュメントバレー、ラスベガス、シルクロード、、そしてどこの土地にも登場する斎藤さんの話は不可思議な感じの話は、おもしろかった。

    砂漠回廊の話になると、モンゴル高原、、、、シルクロードの長安から北方ユーラシアへのステップ路と、中央アジアの砂漠コースのオアシス路。
    主人と、兄とがビールで、乾杯の姿を、見る思いをするが、、、

    いろんな国々が沢山出て来る。
    作者も沢山の国々へ行かれたのであろう。
    そして、音楽も、自然の事も、いろんな本や、ニュースなどを駆使して、描かれている。

    少し、懐古的で、幻想的過ぎて、この知識の豊富さが、話を複雑化しているように思える。

    目的は、故郷喪失を描いているのだろうが、、、、現実味が、少なく、家の処分の話から、離れ過ぎたように思う。
    若い人には、昔の話が、多すぎて、理解できない事が多々あるのでは、、、、

    帯の現在における未曾有の孤独を描くと、書かれている割に、インターネットで、交流の話等、、、、孤独になっていないのでは、、、、と、、、、

  • 笑子さんの母親が亡くなって後、久住高原に佇む、無人となりすっかり荒れ果てた彼女の生家。
    思い出の家、そこに何十年と蓄積された多くの生活用品と嗜好品。それらをひとつひとつ片付ける笑子さんの脳裏に、夢に現に去来するのは、先に逝ってしまった懐かしい兄弟、祖母、両親、夫たち家族、子供の頃遊んだ風景、かつて旅した遺跡の記憶――。

    作中、笑子さんが深夜のラジオ放送を聞いているのに触発され、私も深夜に放送を聞いてみたが、ラジオからノイズ混じりに聞こえてくるアナウンサーの声や音楽は独特で驚く。あれがリアルタイムで届いている音声とは思えない。時間を越えて現在に届いた、過去の音声という感じがする。

    2011年に祖母が亡くなった後、私も母とふたり、実家の整理をした。貧乏な家だったので、高価なものなど何もなかったが、昭和30年代から10年ほど前までの日用品や食器、農具、布団、母たち姉妹の若かりし頃の持ち物や衣類、私が使ったというベビー用品や子供時代の教材など、小さな家だというのにものすごい量の処分品が出た。捨てるものが廊下に積み上がり、窓が塞がって、それらの処分品がなくなるまで日中でも座敷が暗くなっていたのを思い出す。押し入れや納戸から出てくるものを珍しがったり懐かしがったり、人に譲ったり業者に買い取ってもらったり。読んでいるとそういった日々を思い出す作品だった。

  • 久住高原の故郷で過ごした笑子さんと、様々な故郷の話。とにかく夢の話が素敵で幻想的。そこに現実の世界が重なって、様々な物語を描き出している。

  • 幻想的な久住高原の風景と、実家の古農家を片付ける主人公の夢うつつが、似合う。年をとるのも楽しそう、と思えますが、主人公と同じ世代(60半ば)の方が読んだらどう思うのか、興味ある。

  • もう人のすまない故郷の家を片づけ、
    売るために帰ってきた笑子さんの話。

    夢の話がでてくるのだが、それが浮かない、
    しらじらしくならない。
    山での暮らしそのものが、すでに夢のようだからか。
    平地からはずっと遠くの山の上の、
    シーンとした暮らしがいいのかもなぁ。どっかで憧れる。
    海辺のシーンとした暮らしもいいけど。

    蜂蜜の話や檜の精油を蒸留するはなし、高原に暮らす老女たちのメール交換など、いくつかエピソードがいいのだな。

    「私」という存在が、老女が主人公だからなのか輪郭が少しずつぼやけてくるような。
    それが高原という場とあっていて、メタファーみたいで。
    半分あの世なのかも。
    だから夢の描写がよく似合う。

  • 不思議な読後感の本です。
    現在,原発が問題になっていることもあり,風力発電の風車の話が印象に残りました。

  • 帯に「現代における未曾有の孤独を描く連作短編集」とある。

    この歳になって再就職し、採用担当者の方に「あなたの人生の目標達成率はどのくらいですか」と聴かれ、おおかた70%くらいと答えた。あらためて自分のことを自分で確かめる機会だった。夢や希望がまったくないわけじゃないけど、だいたいの人としての「行い」はひととおり経験済み(というか、満足してる?)に思う。そんな自分は若いころと思うと欲望のようなものが減っているように思える。なぜかすっきり誇らしく感じる。これが歳を重ねるということなのかもしれない。
     
    この本の主人公の笑子さんは誰も住むことがなくなった故郷(久住高原!)の実家を売るために愛犬のフジ子と一緒に何ヶ月かかけて整理している。その合間に近所の高原や山を散歩したり仲良くしている女友達と交流したりしている。笑子さんは60歳代?、人生の終盤にさしかかっている。ひとり、実家の古びたものの片付けをし寝酒を少したしなむ。その傍らにはフジ子。見る夢は夢と現実、過去の出来事が重なる。

    歳を重ねた自分が笑子さんの自然を相手にした山の生活を少し羨んでいる。

    なんだか現実と夢の間の浮遊感みたいなものが伝わってきてなかなか趣を感じた★★★★★。

  • 「ラスベガスの男」「砂漠回廊」「天登り」は秀逸だと思う。
    ちょうど、母が実家(母の)を整理した直後に読んだので、
    余計に感情移入して読んだ。

  • しばらくぶりで
    久住高原の生家に戻ってきた笑子さんの毎日を描く
    自然、田舎の人々、記憶の中から蘇ってくる人々が
    ゆめとなりうつつとなり
    久住高原の暮らしに流れこむ

  • 第63回(平成22年度)野間文芸賞受賞作品。

  • 九州久住高原の家を売却するために荷物処分で滞在する笑子とミニチュアダックスフンドのフジ子。荷物整理とともに思い出整理、夢の世界が高原の風物を織り込みながら描かれる。

  • 著者と同年代の主人公・笑子は65歳。九州・九重高原の生家を処分するので、その整理のために故郷を訪れている。一人暮らしだった母が一年前に亡くなって、誰も住む者がなくなった懐かしの家だ。

    長年連れ添ってきた夫も5年前に亡くなり、二人の息子たちもとっくに巣立って一家を構えている。連れといえばミニチュア・ダックスフントのフジ子のみ。一人マイペースで整理に精を出す日々だが、古家の持つ不思議な力にあてられたのか、しきりに色々な夢を見る。

    とうに亡くなったはずの兄の若い姿に出会ったり、兵隊になってガダルカナルのジャングルを行進したり、、、そんなとりとめのない夢うつつの世界を、山里の暮らしの現実と共に濃密に描いている。これはまさしく、老境を迎えた「村田喜代子」の世界だ。少しおどろおどろしく、それでいてそこはかとない滑稽さがにじみ出ている。

  • 2010.03.07 日本経済新聞で紹介されました。

全15件中 1 - 15件を表示

故郷のわが家を本棚に「読みたい」で登録しているひと

故郷のわが家を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

故郷のわが家を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

故郷のわが家の作品紹介

六十五年前に生まれた家を処分するため、故郷に戻ってきた笑子さん。彼女の胸にさまざまな想いが夢にうつつに去来する。家族もなく独りで世界中を旅しつづける男。いまは亡き密かな恐竜ファンだった兄さん。ガダルカナルへの遺骨収集団に参加する村の青年。人工羊水に浸るヤギの胎児-現代における故郷喪失を描く連作短篇集。

故郷のわが家はこんな本です

ツイートする