いま私たちが考えるべきこと

  • 57人登録
  • 3.13評価
    • (1)
    • (7)
    • (18)
    • (3)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 橋本治
  • 新潮社 (2004年3月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104061075

いま私たちが考えるべきことの感想・レビュー・書評

  • 自分のことを考えるをもっぱらにしていると人間は孤独になる。
    孤独だと自分のことを考えるをもっぱらにするようになる。
    不幸というものは自覚されて明白かつ明確になるものである。それを不幸として自覚しない限り、人はその不幸になんとなく耐えてしまう。
    自分がないということは孤独がないということ。
    個性とはそもそも哀しいものである。ブスが個性か。個性を伸ばす教育なんて最悪。

  • 今の私には、
    ★一つ分くらいしか、この本が言いたい事を理解できていない気がする。

    2001年の橋本治さんの新聞コラムに大共感して、
    「この人の考えを知りたい!」と思って読んだ本。

    まさに今実感していた、
    「所属」や、そこから生まれる「孤独や孤立」。
    「個性」といったことに触れられていたのは自分の脳に吸収できた。

    「個性」についての考え方に共感できた。
    すごく、お友達になっていただきたいと思った。

    けれど、
    結局なにが言いたかったのか、今の私にははっきりわからないし、
    そもそも言うつもりもなかったんだと、
    してやられたりな気分である。

    自分がいる。
    他人がいる。

    独りよがりな答えをだしてもだめ。
    他人に思考してもらうことばかりしてもだめ。

    自分をもち、
    臨機応変に、他人と融合し、
    思考できる知識をもち、
    なおかつ柔軟に、
    生きていきましょう。

    みたいな。

    そんな感じだろうか。


    あたりまえじゃん!!

    って突っ込みたくなるが、
    その当たり前が難しく、だーれも出来て無いじゃんかと、
    言っているのかもしれない。

    -------------


    以下特に共感したところを抜粋

    「自分のことを考える」をもっぱらにしていると、人間は孤独になる。あるいは逆に、孤独だと、「自分のことを考える」をもっぱらするようになる。


    「個性を伸ばす教育」と言う人の多くは、「個性」というものを誤解している。「個性」とは、そもそも「哀しいもの」で、そんなにいいものではないのである。


    だから、以外かもしれないが、「個性的」としか人に言われない人間の目指すものは、「没個性」なのである。


    「個性的」と言われるしかない人間は、没個性を目指すしかない。一般的にこれを「丸くなる」と言うが、しかし、これを目指して邪魔をするのがまた、「自分の個性」なのである。「個性的でしかない自分」でい続けるのはいやだが、しかし同時に、「個性的である自分」を捨てられるのもいやなのである。人間は、そういう厄介なものだからしかたがない。


    個性を持って生きると、しんどいからである。個性を持たない方が生きやすい――そういうベルトコンベア体制が、日本の社会に出来上がっていたからである。

  • ずいぶん前に買ってそのまま積んでた本。最初あたりはちょっと読みにくかったが、だんだん引き込まれて一気に読んだ。「私」と「私たち」=社会との関係についての独自の論考。「近代」と「前近代」についてのとらえ方もユニークで面白かった。「考える」本を読むと、うーんそうかあと思ったところをできるだけ抜粋しておくようにしている。情けないことにそうしないとすぐ全部忘れちゃうもんで。ところが今回はどうにもうまく抜き出せない。どうしてだろう。またそのうち読んでみよう。

  • 「「私はそう考える」―ただそう言うだけで、「あなたの考えること」は、私の管轄するところではない。終わりである。」

  • この本も、橋本治節炸裂である。
    "「ただややこしい」に終始して、「明快なる答え」を用意しないのである。"

    この本は、
    『「自分のことを考える」時に、「まず自分のことを考える人」と、「まず他人のことを考える人」と2種類がいる』という、命題からスタートする。この命題の立て方から、橋本治的である。

    そしてそこから、橋本治的視点で、自我の問題、恋愛の問題、世間体の問題、国家の問題、教育の問題と次々と渡り歩いていく。

    多少のまどろっこしさについていけて、知的好奇心のある人なら、橋本治ワールドは、十分読む価値のあるものだと思う。

  • ややこしいこの本はボリューム満点ながら結局は明快な答えをだしてはいないけど、日頃悩んでいた「自分の考え方」についてやっぱりねってことでスッキリした。ごちゃごちゃ考える事が好きな人向き。

  • 『考える人』に連載されていたものを単行本化。

    「今の社会」、「私」や「私たち」、そして「他人」について、分からないことや漠然とした不安・・・。
    そのようなものを抱えている人が、今の時代には少なくないようです。
    そういえば、孤独が怖くて「みんな」の中にいるのに、それでも孤独だっていう人、
    何だか多いような気がしますよね。

    橋本治式「考えるレッスン」で、人生をちょっと本気で考えてみませんか?

  • 橋本治のいま私たちが考えるべきことを読みました。橋本治のいつもの論文です。今回は特に疑問を繰り返していくことにより、その問題の複雑さを理解させる、という手法を取っているようで、なかなかすんなりと頭に主張が入ってきませんでした。で、結論は何、と読んでいくと、「この本は明快なる答」を用意しないのである、とはぐらかされてしまう。困ったものです。

全8件中 1 - 8件を表示

いま私たちが考えるべきことを本棚に登録しているひと

いま私たちが考えるべきことを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いま私たちが考えるべきことを本棚に「積読」で登録しているひと

いま私たちが考えるべきことはこんな本です

いま私たちが考えるべきことの文庫

ツイートする