ターン―Turn

  • 385人登録
  • 3.69評価
    • (44)
    • (61)
    • (100)
    • (3)
    • (1)
  • 46レビュー
著者 : 北村薫
  • 新潮社 (1997年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104066025

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ターン―Turnの感想・レビュー・書評

  • 先に読んだ「スキップ」に比べて、こちらの方がサスペンスタッチで引き込まれた。
    「ターン」という題名通りに、何度も何度も同じ日に遡ってその先に進めない、というお話しだけど、更にひとつ捻ってあるのがいい。

  • 図書館で借りた本。現実の森真希は交通事故で意識が目覚めず5ケ月が経つ。夢の中の真希は毎日を普通に過ごしていた。だが周りに人がいなかったり不自然さは感じていたのだが、ある日電話が繋がって現実の真希の様子を知る事になり…と言う話で単調な日々の描写が長いのもあって、あまり面白さは感じず終わった。

  • 20年近く前に読んだもので、タイトルを忘れてしまいずっと気になっていた。事故にあった瞬間にもう一つの世界で生きているという発想が、いまでも車を運転していて蘇る。ラストを忘れてしまったので、また読み返したい。

  • 直木賞候補(1997下/118回)

  • とあるきっかけで、一人、同じ一日に閉じ込められてしまったはなし。よかった。

  • 分厚いのでなかなか読もうと思えないのだけれど、好き。繰り返して繰り返してその先に出会うものがいい。北村さんの時の三部作はどれも好きだけど、特にこの作品が好きです。

  • 繰り返しの前半にあきあきしつつ、読みすすめたら、意外な展開に。形がないのに実を伴う、人とのつながり。不安定のようでいて、深い絆。其処此処にうなづきポイント(笑)まったく著者が男性とは思えない!

  • 版画作家の真希は自動車事故に遭い、その日をずっと繰り返すという奇妙な状況に陥ってしまう。
    記憶はそのままだが、他のものは全て元通り。
    同じ日のループが5ヶ月続いた日、一本の電話が架かる。
    それは時が正常に進む世界のイラストレーターからのものだった。

    電話で泉さんと繋がるまでは、繰り返しの日の描写が延々と続きますが、電話から面白くなります。

    もう一度面白さの山が、もう一人の「くるりん」に閉じ込められた男に出会うところです。
    免許証で住所を知られてしまうところは肝が冷えました。
    真希が自分以外の男性と接触することにヤキモチを妬く泉さん、萌えです。

    最初から真希が誰と話しているのか、1人になってからも会話しているけど、一体誰と⁇と思っていましたが、そういうことでしたか。
    だから唯一泉さんだけと電話が繋がったのでしょうね。

  • この単行本がでた直後くらいに(97年か)買って、
    一度読んだ本です。

    「時と人」三部作の、これが第一作目かと思ってましたが、
    一作目は「スキップ」でしたね。

    改めて読んで「ターンって、こんな話だったっけ?」と
    最初は思ってましたが、だんだんと「そうそう、こんな話だった」
    と思い出してきました。

    ちょうど先日、「乙女の美術史」を読んだところで、
    そこに出てきたカミーユ・クローデルのことがここにも
    出てきて、昔は「誰ですか」と思ってたこともしっかりと
    わかってる上で読めて、タイムリーでした。

    同じ1日を、何度も繰り返す。しかもたった一人で。
    そんなことになったら、私は一体どうするだろうなぁ。
    とりあえずしばらくの間は、好きなところに行って、好きなものを
    食べ、好きなものを見て、好きな本を読んだりするけど、
    すぐ嫌になるだろうな。
    ゲームなんてやってて、セーブしても無駄なんだし。
    そこにかかってきた、一本の電話。
    しかも相手は異性で、好ましい感じ。
    いや~、好きになるでしょ。

    しかし、最後の辺りで出てきた柿崎君。
    この人は、登場させる意味あったのかな?
    出てきたほうがドキドキ感があったのは確かだけど。

  • 3部作のうちのひとつ。
    スキップ読んだので読みたくなって借りて来ました。

    おんなじところに戻ってくるってことは単調な生活なわけであって、書くのも大変だろうなぁと思いました。
    導入部はスキップの印象が強くてなかなか世界観になれることができず。
    でも後程説明はバッチリ来るので大丈夫。

    どうしても三部作だから比べてしまうけど、スキップのほうが扱ってること、内容全てにおいて優れてる気がする。
    どうも淡々としていて、あまり進化のないイメージ。

    電話が一人とだけ繋がるってのはロマンチストな私にはよし!でした(笑
    でも面白いですよー。


    @図書館本

  • 人と時間の関係をモチーフに描いた、ファンタジー調のボーイ・ミーツ・ガール小説。

    時空を超えて出逢った、ひと組の男女の淡い恋愛。

    思考実験的な要素を随所に散りばめながら、断絶された時空を超えて愛を確かめ合うことの喜びや孤独さを浮き彫りにしている。

    最高に盛り上がるのが、主人公の男女が出逢う場面。
    切迫した状況の中、お互い真剣になればなるほど空回りしてしまう男女の滑稽さを、スリリングかつユーモラスに描いているあたり。

    登場人物にも非常に好感が持てるのもこの作品の魅力だった。
    特に主人公の森真希の人物造形が素晴らしい。
    優しくて、寂しがりやで慎重。そして少し我が儘な29歳の女性を、瑞々しく描いている。

  • 再読。
    「時と人」3作シリーズの内2作目にして、一番のお気に入り作品です。

    事故後気がつくと、日付は前日で自分以外誰もいない世界だった。
    そして何をやっても一定の時間になると事故前日に戻ってしまう。
    そんな時の牢獄みたいなものに閉じ込められた女性のお話。

    初めは登場人物一人の場面なのに『天の声』と会話してて戸惑いましたが、読んでるうちに慣れた上、その声の正体がわかってからは更に楽しめました!

    それにしても、「スキップ」でも思ったのだけど、私が同じ状況だったならきっと持たないだろうなあ。
    女性は強しということか

  • 前作の「スキップ」に続き、読んでみた。

    「スキップ」とは相当文体が違っている。
    同じ一人称でも今度は対話式になっている……!

    最初は淡々としていて、展開がまったくないのだが、
    ある電話をきっかけに急展開を見せる。そこからが面白い!

  • 図書館で借りた作品。とんでもない事態が起こっている中でも、静かで暖かく、そして優しい語りは崩れません。ヒロインの心理描写や言葉は心にじんわり染み入ります。
    刺激のある作品というわけではないけど、ゆっくり本の世界に入りたいという人にオススメできます。

  • 正直、前半は退屈でした。が、あるポイントからスイスイと読み進むことができました。
    事故後にターンする。
    きっと、そういうことだろうな・・・と云う予感は見事に的中したけれど、1本の電話から始まるつながりはファンタジーであり、希望でもありました。二人の微妙かつ惹かれていくさまも自然で、ラストまで綺麗にまとまっていて「なるほどな。」でした。
    ハッピーエンドは清々しい。

  • 真希は29歳の版画家。夏の午後、ダンプと衝突する。気がつくと、自宅の座椅子でまどろみから目覚める自分がいた。3時15分。いつも通りの家、いつも通りの外。が、この世界には真希一人のほか誰もいなかった。そしてどんな一日を過ごしても、定刻がくると一日前の座椅子に戻ってしまう。いつかは帰れるの?それともこのまま…だが、150日を過ぎた午後、突然、電話が鳴った。

  • 事故後気づくと《くるりん》の中に入ってしまった版画画家、森真希<br /><br />色あせていく《くるりん》の中にできた外とのつながり、君<br />元に戻るためには何が必要なのか<br /><br />時と人三部作の第二作<br />これは第三作リセットでどうなるのか、期待<br /><br /><br />あと、ライオンハート 恩田陸と似ているなと思った<br />より日常を描くターンと、より愛を描くライオンハート<br />どうぞ読んでみてください<br /><br /><br />そういえば、街の灯でも出てきた仏法僧<br />この前科博で見つけた、偶然<br />…うん、声が聞けないとね<br /><br /><br /><br />------------------------------------------------------------------------------------<br />スライスチーズが床に落ちた。<br /><br />第三章5<br /><br /><br /><br />君は、くるりと振り返って、《フウの木》にいう。<br />「わたしは、真希よ」<br />そうか、と木は、葉を鳴らした。<br /><br />第四章3<br /><br /><br /><br />どうしようもないものが、胸に込み上げて来た。<br />―――わたしは、このまま一人なのか。<br /><br />第四章7<br /><br /><br /><br />わざわざ出掛けて行くのは、馬鹿のやることだ。<br /><br />第五章3<br /><br /><br /><br />馬鹿だから来た。<br /><br />第五章4<br /><br /><br /><br />戦慄と旋律は、同じ音だと、ふと思った。慄えが、ゆっくりと、柔らかな音楽でも聴くような、くすぐったい嬉しさに変わった。<br /><br />第五章4<br /><br /><br /><br /><br />あの本は、確かに《ある》んだ。大事なのは、そこだ―――と考えれば、ね、手に入れられる、入れられない、なんて、―――実は、たいしたことじゃあないんだよ。きっと。<br /><br />第七章4<br /><br /><br /><br />……ひょっとしたら生まれた時から<br /><br />ひょっとしたら、生まれる前から<br /><br />第七章7<br /><br /><br /><br />「会ってるじゃないか」<br />そういわれて、一瞬、震えた。泉さんは続けた。<br />「面と向かったって、会っていない人たちはいくらもいるよ」<br /><br />第八章5<br /><br /><br /><br />「普通にいえば、また別のいい方も……」<br /><br />「出来ますものね」<br /><br />第八章6<br /><br /><br /><br />わたしは、その《やさしさ》を餌代わりにしているのではないか<br />。<br /><br />第八章8<br /><br /><br /><br />愛情というのは、自分が《第一》ではなくなることだと思います。<br /><br />第九章3<br /><br /><br /><br />……わたしとしては、嬉しいなあ<br /><br />第十章2<br /><br /><br /><br />●<br />戦慄が走った。人間は、知恵を手に入れ、その代償として死を知らされた。自分が有限であることを知ってしまった。その最も古い恐怖が、わたしを襲った。<br />同時に、今、目の前を過ぎ行く一瞬一瞬がたまらなく愛しいものとなった。<br /><br />第十章... 続きを読む

  • うあああ。面白い!
    数年前、映画を借りて観た記憶が。
    原作のがオモチロイね。当り前やけど。

  • 最終的にはいい感じに終わりましたが、
    途中全く変化がなくて、リタイアしそうになりました(汗

    中盤でやっと外の世界と通じて、ホッとしました。

    結構ありそうなストーリーですが、北村さん独特の書き方で、
    面白かったです。

  • 3部作の中で1番かなー。


    やっぱり一人じゃ生きていけないんだ。

  • 「スキップ」「ターン」と読み終わりました。あとは「リセット」だけです。個人的には、「スキップ」より好きです。

  • 時の三部作の中では、これが一番好きです。


    雰囲気も、話も、全てが良かった。モラトリアムの中にいるような雰囲気なのだろうか。
    当時中学生だった私は、これで読書感想文を書く嫌な生徒でした。先生も多分ミステリは望んでいなかっただろうに(笑)。

  • 再読。
    3部作の中では1番好き。後味が良いせい?
    そういえばこれが書かれた頃は、まだ携帯電話を持っていない人が普通にいて、セルフのGSもなかったんだなと、しみじみ思った。

  • スキップ リセット ターン の3部作。
    でも夏!といったらターンです。
    午後3時の5分間の恐怖。
    読んだのは5,6年前ですが、覚えています。

  • 意外にやわらかい話でよかったと思った。

全46件中 1 - 25件を表示

ターン―Turnを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ターン―Turnを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ターン―Turnを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ターン―Turnの作品紹介

ターン、ターン、その繰り返し。でもいつかはリターンしたい。帰りたい。『時と人』の謎を探る書下ろし長編。

ターン―Turnの文庫

ツイートする