太宰治の辞書

  • 832人登録
  • 3.44評価
    • (30)
    • (87)
    • (100)
    • (21)
    • (9)
  • 130レビュー
著者 : 北村薫
  • 新潮社 (2015年3月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104066100

太宰治の辞書の感想・レビュー・書評

  • お久しぶりのシリーズ。
    「私」も円紫さんも同じだけの年齢を重ねている。

    円紫さんの出世より
    「私」の結婚・出産のほうが興味深いよ。

    太宰治を太宰治の作品をより深く理解しようとするのは
    大変興味深かった。
    私は決してしないことである。

    「私」が大人になって円紫さんと対等なのは
    ちょっと感慨深いけれど、
    同じような人が二人はいらないよなぁと思ってしまう。

    円紫さんのシリーズなら「私」に代わる若い「私」が必要?

    いずれにしても、もう少し、

    以前のような日常のミステリー感が欲しかった。

    ちょっと論文読んでるみたいだったもんでねぇ

  • 成熟した「私」、そして作者に対して向き合う私が覚えるのは羨望である。
    本をこんなに豊かに読むことができる。文章と歴史と著者の背景が地層のように潜む、その幾重のレヴェルを使い分けて、軽やかに、清々しく。なんて素晴らしいことだろう。
    「六の宮の姫君」でも思ったけれど、これが作者が実際に調べた道筋を記したもので、それも本を書くためではなく好奇心のままに、と打ち明けられてもそうかと納得するような地に足のついた筆致である。
    シリーズ序盤の良さからは遠い地平に来たが、すごく面白かった。そして、この作品を面白いと思える自分が、とても好きだと思う。

  • 「私」との久しぶりの再会です。いつの間にか人妻になり、そして子育てしながらバリバリ働いているご様子です。あれ、1つシリーズ読むの飛ばしちゃってるかも。まあそれでも、この世界にちゃんと戻ることが出来たので、読み終えてからひとつ前に戻ることといたします。
    芥川から始まって三島、そして朔太郎などを挟み太宰と続く本読みの旅です。深く読みこむとはこういうことなのですね。ひとかけらの疑問が流れるように繋がっていく道程に、もっと大切に本を読まなきゃな・・・という気にさせられました。

  • 本を読む人の人生と読まない人の人生。その間には深くて長い河がある。どうしてもそう思ってしまう。本書は、そんな本を読まざるを得ない側にいる「私」と「落語家の円紫さん」シリーズの17年ぶりの最新刊。女子大生であった「私」も中年の書籍編集者となり二人の子を持つ中年となった。。

    初期の「空飛ぶ馬」「夜の蝉」には、女子大生の「私」の本を読むことへの矜持や、恋や家族・友人との関係、人の闇へのとまどいが、これを温かく見守る人生の先達としての円紫さんの視線とともに、何ともみずみずしく描かれていた。そして、そこで出てくる落語の題名、マニアックな作家名も楽しく、何とも魅力的なシリーズであった(なお、自分はこれをきっかけに落語にはまることになる)。

    それが何だか、そのうち、「私」の名を借りた、北村薫自身の文学上の発見披露シリーズになってしまい、んんん・・・と思っているうちに、一端終止符。

    そこで、17年ぶりに再会した本書である。やっぱり文学上の発見(太宰治のロココの認識?)に終始してしまっているのは残念であるが、親友で高校の先生となった正ちゃんの「高校生の時に君と出会っていたらあげた本だから」と太宰の「女生徒」のくたびれた文庫をあげるやりとりには、自分の一番好きでたまげた太宰の小説が「女生徒」であることもあり、じーん。

    とはいえ、年を経て安定感を増した「私」に面白みはない。本シリーズの良さは、本読みで理屈に勝る「私」の若さによるとまどいや揺らぎにあったのだと改めて思い知らされた(とりわけ、本読みの妹である「私」が美しいだけが取り柄だと知らず知らず見下していた姉の心情を知り心が揺れる「夜の蝉」は姉妹ものの大傑作だと思う)。

  • 円紫さんと私、のシリーズ。なのですが、中身はほとんど文学論。
    以前、北村薫氏の授業を受けたものとしては、こういう授業だったな、と。。
    太宰治と芥川読み込んでいればもっとおもしろいのでしょうが。。。

  • 【収録作品】花火/女生徒/太宰治の辞書 
    *「私」さんがベテラン編集者になり、結婚して一児の母になっていた。あのまま成長した「私」さんのあり方がうれしく、時の流れが切ない。

  • 図書館で未読の本を見つけたら、必ず借りる作家さんの一人です。でも新刊のチェックまではしていないので、表紙を見て、おや、と思いつつ、この本が「円紫さんと私」シリーズの最新作であることに、途中まで気付かなかったのでした。とほほ。何しろ「朝霧」を読んだのも随分前なのです。
    「私」もすっかり大人になり、結婚して、子供もいるのか。なんとも感慨深く、しみじみと読み耽りました。

    太宰の有名な作品は大体読んだつもりでいたけれど、まだ全然読んでいないことに気付かされ、少し慌てたり。女生徒もきりぎりすも読んでいない…。
    他にも気になる本が次々に登場して、読みたい本リストが一気に増えました。何より、円紫さんと私シリーズを読み直したい!

  • 新刊、そして雰囲気も良さそうなのでと手にしたのだがあの「円紫さんと私」シリーズの続編だったのですね…その辺はちょっと失敗だって読んでないもの。
    でこれまでの流れを知らずに楽しめるかと言うと実のところ問題はそこではなく如何せん謎解きの内容がマニアック過ぎるのだ。
    もちろん北村さんの本に対する並々ならぬ愛情はひしひし伝わってくるし卓越したリーダビリティでページを捲るほどに夢中になって行くのだがやはり核心の部分で俄か齧りの太宰読み程度ではまったく歯が立たない。
    唯一の収穫と言えば近頃流行りの青森土産「生まれて墨ませんべい」の存在を知ったことくらいか…トホホ

  • タイトルにも出ている太宰治はじめ、文豪ネタ満載でそういうのが好きな人には満足の一作。
    私はそういうのが好きなのでそこは満足。
    「女生徒」について詳しく書かれていたのも面白かった。
    芥川の「舞踏会」の話も面白い。
    ただ、小説かというと頷き切れない…。
    評論やエッセイを読んだ気分。
    文豪ネタから更に日常に変化があるわけではなく、ネタで終わりに近いからだ。
    北村小説の面白さを愛している者からすると、その点は物足りなかった。
    私多分、このシリーズはこれまでのものを読んでいないので、こういう感じがシリーズのウリなのかも知れないけど…。

  • 私にはちょっと難しかった。

  • p60 三島曰く『歴史の欠点は、起こったことは書いてあるが、起こらなかったことは書いてないことである。』わたしは、起こったかも知れないことを書いてないことである、としたい。
    行間を読むというのはそういう楽しみ方だし、本書でいうならば結局のところ太宰が何を以って執筆したのかなど、どれだけか丹念に資料を当ったところで結局は推論に過ぎない。けれどだからこそ読み継がれるものがたりには読まれた数だけの数多の行間が在る筈だ。つまり本書は北村薫さんの行間を読むものがたりなのだろう。
    まさしく、読まれてこそのものがたり。

  • 「円紫さんと私」シリーズ第…6弾?
    はじめは本好きの女子大生がヒロインの、割と普通なミステリー小説だった。
    ヒロインが謎を噺家の円紫さんに相談する…というか語ると、円紫さんはその豊富な知識で持って、するすると、謎の結び目を解いてくれるのである。
    それが、“私”が出版社に就職した頃から、文学論、作家論…のような本になってきた気がする。

    この本では、“私”はもはや人妻(!)だが、頑張ってみさき書房で仕事を続けている。
    そういったプライベートも少しは描かれてあり、主人公が「文学の」謎解きをする…ということで小説の体裁を保ってはいるが、もうほとんど、芥川や、太宰研究の本と言ってもいいくらいだ。
    そして、本とは、こういうふうに読む物なのか、こんなにも深く読めるものなのかと、ストーリーやエピソードを追うだけの自分の読書とのあまりの違いに「う~ん…」と唸ってしまうのだった。

    『花火』
    芥川龍之介の「舞踏会」
    結びの部分の書き換えは、ほんの数行ながら、作品全体の意味をも大きく変えたようだ。

    『女生徒』
    太宰治の「女生徒」の素になった女性の日記と、太宰がそれをどう“作品”として料理したかを追う。

    『太宰治の辞書』
    「女生徒」から続いて。
    太宰はどんな辞書を引いたのか、あるいは引かなかったのか…を追求し、辿り着いた先は、萩原朔太郎ゆかりの前橋…

  • 本好きのための物語だな、と思った。
    落語家の円紫さんと「私」が日常の謎解きをするシリーズが、四半世紀ほどの時を超えて帰ってきた。
    「私」は一児の母で編集者として働き、円紫さんは大真打となっている。
    今回解くのは日常の謎ではなく文学の謎。
    芥川、太宰、朔太郎・・・自分でも知っているような名だたる作家のちょっとしたエピソードがさまざまな評論や本をあたることによって浮かび上がってくる。
    本に興味がない人間にはいまいちピンと来ない、好きな人にはきっとぐっとくるような読み手を選ぶ謎がちりばめられている。
    名作の引用も多く、未読だとその作品を読む楽しみが損なわれてしまいそうなくらい、本作で「解説」されてしまっているので、そういう点では良し悪しかなぁ。

  • 読むのが辛いわ…~小さな出版社・みさき書房に勤める40代の私、中学生の息子と連れ合いと共に、夫の実家の近く、山手線の西側に住む。花火:担当女性作家が文学賞候補となって、新潮社で受賞の成否を待っていると、ロチの名に触れ、芥川が書いた舞踏会に想念が跳ぶ。三島が話題にしていたが、座談会で出てくる話には誤解が含まれている。それにしても芥川をロココ的と賞しているが…。女生徒:ロココで思い出すのは太宰だが、女生徒の書いた日記を基に一日に集約している。「愛ハ惜シミモナク奪ウ」と並んで有名な「生まれて、すみません」というエピグラフは、寺内という一行詩人のものだったが、寺内は終戦後間もなく駅で目撃されて消息を断っている。太宰治の辞書:太宰は女生徒の中で『ロココ料理』を示し、辞書を引いて「ロココ」の意味を「華麗のみにて内容空疎の装飾様式」と書いているが、それはどんな辞書だろう。掌中新辞典がどこかにないか。群馬新前橋の群馬県立図書館にあって、萩原朔太郎記念館も訪ねる。やはり、太宰は心の辞書を引いていたのだ(太宰の妻の実家にあった三省堂の日本百科大辞典には酷い説明がなされているのだが)~本の旅:文学好きの探索。川上とか又吉が太宰を褒めているのだが、今の作家が過去の作家を褒めているのを聞くと、学校の国語の先生の思い込みたっぷりの解説を聞いているようで嫌! この北村先生も早稲田を出たあと、母校の県立春日部高校で国語を教えながら、覆面作家として活動していた。いまや、春日部と云えば、しんちゃんだけどね

  • 日常の謎ばなしと思って読んだらかなりの太宰論だったので読み飛ばしてしまった。太宰が好きな人ならワクワクするのかも。

  • ≪書を持って旅に出よう≫

    「私」が探索する『太宰治の辞書』をめぐる旅.
    文献を渡り,人に出会い,大切な場所に駆け出していく「私」がまっすぐに描かれていて,本を読みながらきれいな空気を吸っているような気持ちになる.
    どうしてこんなにやさしい言葉を次々と紡ぐことができるんだろう.

    若干のネタバレ.
    今回は,これまで以上に円紫さんは登場しない.
    そしてなんと,又吉直樹さんが実名で登場する.
    このシリーズは謎の真相を解き明かすミステリは勿論,数多くの書物や物語,人の語りを行き来するところが自分は面白くて,そうした「歴史」をときにかき混ぜときに普遍的なものを示してくれるのがうれしい.
    このシリーズ自体がもはや「歴史」.
    そんな「歴史」の中に又吉さんが出てきて,なんだか不思議な気持ちになった.
    その不思議な気持ちを何とか言葉にしたいけれど,難しい….

    とにかく,これまでシリーズの中でも,短編ではなく一冊の本として通しで好き.
    「女生徒」を自分が中学生の時に読んでなんとなく覚えているところが多かったというのもあるんだけれどね.
    あ,あと,旦那さんはやっぱり,あの人だよねぇ.

  • 太宰治の作品を読んでいない私には難しい内容だった。人物の相関図も、空飛ぶ馬しか読んでないから、主人公の編集者の女性があの時の女学生だったんだと気付いたのは円紫さんが登場してから。全体的に文学について論文を読まされているような気になり自分の読解力不足を感じてしまった。図書館で借りた本。

  • 大人、母親になった私、中学生の息子がいるんだってことに感慨深い

  • 時を経る愉しみ。
    残されたものが歴史となる。

  • 《私》が随分年をとって母になっていた。ちょっとショック。。

    また一段と文学の深い内容で私には難しくてアウェー感はんぱなく、円紫さんがやっと登場した時にはホッとしました。

    又吉や川上未映子などおなじみの名前が出てきたところは興味をひかれた。
    太宰の「女学生」とそのもとになった日記を比べたり、間違い探しとか、他の作品にはなかなかない内容で、全体的な雰囲気は嫌いじゃないんだけど、小説としてはやっぱり難しいなあ。

  • 円紫さんと私のシリーズ!と飛びついたのですが、本編はタイトル通り、太宰の辞書を探す話。
    作者ご本人が辞書を探した過程を、私にさせているのかなと思いました。
    資料探しってこんな風にするんだなーというのは面白く読めたが、物語として面白かったかといえば微妙です。

  • 実に久々に刊行された25年後の円紫さんとわたしシリーズ。
    円紫さんはほとんど出てこず、中身も文学の探訪。
    それでもその分歳をとった自分も重ね合わせながら楽しく読みました。

  • 円紫さんと私シリーズきたー!

    まさか続編でるとは思わなかったし、結婚してるとはおもわなかった。
    連れ合いすらも名前がでないあたり、さすがである。
    今回は太宰がメイン。いろいろ追いかけている感じがすごかった。(どれだけ調べたんだろうか・・・)

  • 結婚をし、子供を産んで仕事をして…。

    連続短編ですが、あの方が出てくるのは1話分のみ。
    家庭を持っているので、そう会う事もないでしょうが
    なんとなく寂しい感じ…というより、しっくりこない?
    変な感じです。
    それがひっかかっているせいか、面白いのですが
    物足りなさ感が半端なく。

    こんな本が発売されているのか、と読み進めましたが
    よくもここまで掘り下げて考えられるな、と。
    日記がベースだから、と言われればそうかも、ですが
    多分知っても気にせず読み終わっているかと。

    確実に関係なく興味があるのは、お土産の名称でした。

全130件中 1 - 25件を表示

太宰治の辞書に関連するまとめ

太宰治の辞書を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

太宰治の辞書を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする