卒業

  • 723人登録
  • 3.58評価
    • (69)
    • (141)
    • (244)
    • (10)
    • (0)
  • 138レビュー
著者 : 重松清
  • 新潮社 (2004年2月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104075058

卒業の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自分の視点が子どもから段々と親になって
    見えなかったものが見えてきて
    それでもまだまだ見えないものがたくさんある。

    もっと早くにこういう本に出会うべきでした。私は。

  • 大切な人との別れに向き合う「僕」たちの物語。
    重松さんは大好きな作家さんの一人なので、本作も大いに期待して手に取ったのですが、やっぱり温かい気持ちになれて、良かったです。
    もちろん、ただ優しいだけではなく、思わず本を閉じたくなるような苦しい場面もあって、少しずつ、少しずつ、歩きながら、主人公たちの隣で悩んだり喜んだり。
    特に「まゆみのマーチ」は自分自身学校に行けない時期があったので、その時支えてくれた両親を思い出して、美化するつもりはないけれど、今となっては大切な自分の歴史だと思えました。
    ぼくはまだ大切な人との別れ、卒業を実感したことはありませんが、いずれ訪れるその日を少し前向きに思えそうな気がします。
    ...いつまでも子供でいたい本音もちょっぴりありますけど(笑)

  • 人は受け継がれていく。
    精神も、思いも、記憶も。
    家族でも、友人でも、友人の子供でも、生徒でも、義母でも。

    血の繋がりだけではない、様々な繋がりが
    私たちを生きさせている。

  • 身近な人の死に直面してそれを乗り越えていく4編物語からなる短編集です。
    大きくてゆるぎなく強い母の愛が印象的で、ものすごく心揺さぶられる「まゆみのマーチ」。
    教師だった父が末期がんになり、自分自身も教師の道を選んだ息子が父への反発や疑問と同時に尊敬の念も持ちながら死というものに向き合う姿を描いた「あおげば尊し」。
    14年前に自殺した親友の、当時はまだおなかの中にいた娘が突然訪ねてきて、父親のことを教えてほしいと言われ、そこから様々な人の思いが交錯する「卒業」。
    6歳で大好きだった母を亡くした後、父の再婚相手を新しい母として受け入れられないまま大人になった主人公の、本当の意味の卒業を見届けられる「追伸」。

    誰にでもある、何か自分で乗り越えていかなければいけないものを「卒業」と捉え、その先の未来を思わせる素敵な話ばかりでした。

  • 重松さんの本をまともに読んだのは初めてでした。くちぶえ番長以来。内容がすごく重いし今の仕事に通じるのでとても心苦しかった…結末も希望の見えるような終わり方にはなっているけど事実だけ言えば悲しくてつらいものだったので立て続けに重松さん読むのは大変だなあと思いました。あおげは尊しでめっちゃ泣いたよ!

  • 28/143

  • 卒業、読んでおいたほうがいいと思う本。

  • まゆみのマーチ、がとても良かった。

  • 親や友人との死別を背景にした短編4本。「まゆみのマーチ」が母親の子供に対する深い愛情を感じさせて良かった。

  • 人の「死」にまつわる4つの短編小説集。いつもの「重松ワールド」ではあるがやはり考えさせられる。

全138件中 1 - 10件を表示

重松清の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

卒業を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

卒業を本棚に「積読」で登録しているひと

卒業のKindle版

卒業の文庫

ツイートする