蚤のサーカス

  • 16人登録
  • 3.86評価
    • (2)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 藤田雅矢
  • 新潮社 (1998年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104092024

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

蚤のサーカスの感想・レビュー・書評

  • 中学・高校くらいに読んでおきたかった。悔しい。そして大人になって再読、というのが一番素敵な読み方だと思う。

    地名や人名のセンスと、不思議な世界観とが、相性良く纏まっている。実在の地名も混じっているけれど、そのバランスのせいで、主人公が移り住んだ町自体が、パラレルワールドに思えたりもする。

    主人公の少年達の性格は、いつの時代にもそこかしこにあるキャラクターだ。いわゆるオタクだったり、マニアだったり。私自身の中にも、この気質は存在する。この気質が分かるだけに、どっぷりとのめりこんでしまった。途中、理科の先生が繰り広げる、クッキングのシーンも、なかなか見もの。

    最後の最後まで気の抜けないストーリーは、やはり何度も読み返したくなる。自然科学が好きな人には、特にオススメしたい。

  • 不思議な話。大森望さんの書評のようにいつまでも記憶の片隅に残りそう。

  • 大阪万博が開催されなかった世界のお話。語りが上手くて変にリアルで、小学生時代に読みトラウマ。
    最近再読。やっぱり怖かった。けど、主人公たちと一緒に小学生に戻って冒険できて、楽しくもあった。8月に読んでほしい。

  • 団長のトミーが怪ですねw
    時代もなんか懐かしい気がする。

    あの時代の少年の冒険心がふつふつわいてきます。

全5件中 1 - 5件を表示

蚤のサーカスはこんな本です

ツイートする