江戸前の男―春風亭柳朝一代記

  • 17人登録
  • 3.40評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 吉川潮
  • 新潮社 (1996年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (419ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104118014

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

江戸前の男―春風亭柳朝一代記の感想・レビュー・書評

  • パソコンを利用する場合、机、椅子は重要です。普段はそんなことを感じません。しかし、疲れるときがあります。椅子が低いときは疲れます。2、3日続くと疲れます。椅子の質も重要です。ただし、高さと比べれば、大したことありません。パイプ椅子でも問題ありません。机は椅子と比較して、重要でありません。藤枝ブックオフで購入する。やはり、読みやすい。正直、この落語家自体に興味はない。興味を持ったのは2点です。第1に、小朝です。この落語家の弟子だったんですね。第2に、「のようなもの」です。何となく覚えています。面白かった。森田は天才です。そんなところです。

  • 知人にもらってなかなか読まずにいた本ですが、読んでみたらかなり面白い。タイトル通り春風亭柳朝という落語家の生涯が描かれていて、実在の落語家がすべて実名で登場してる(多分)のですが、ノンフィクションというよりは小説として面白いです。落語の世界ってこういう風なんだ、とよくわかるし佐藤多佳子の「しゃべれどもしゃべれども」が面白かった方、落語に惹かれつつある方にもお奨め。

  • 私は文庫で読みました。
    とことん明るく,それでいてとことん照れ屋の柳朝の一代記。
    小朝の師匠ですので,小朝ファンもぜひ一読を。

全3件中 1 - 3件を表示

江戸前の男―春風亭柳朝一代記はこんな本です

江戸前の男―春風亭柳朝一代記のKindle版

江戸前の男―春風亭柳朝一代記の文庫

ツイートする