地中海の猫

  • 101人登録
  • 3.80評価
    • (14)
    • (15)
    • (25)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 岩合光昭
  • 新潮社 (2000年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104148035

地中海の猫の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昨日の「ニッポンの猫」に続いて、今日も岩合さん。お国柄なのか、日本の猫とはこれまた顔が違うような感じが面白かった。スペインの猫はやっぱりスペイン語喋りそうな感じあったもんなぁ…。でも猫のいる所はなんとなく穏やかな雰囲気の場所が多そうで、ほっとする。

  • 取材に4年かけたってんだから、並みの根性・愛情では無いのでしょう。作者の猫にまつわる想像と土地感が綴られた、各国の扉頁が楽しい。

    「イタリアではネコおばさんたちが圧倒的だったが、スペインではネコおじさんたちが目立つ」とか。ホンマかいな。

    トルコでは「毛色が白、目の左右の色が異なり、そして泳ぐ。そんなネコがワンネコと呼ばれる」とか。へぇ~そうなの。

    僕のお気に入りは、サハラ砂漠の砂丘を歩く猫。
    オアシスの宿在住。

    歩くたびに足が沈むのが・・・ズブズブって丸っこい足が沈むのが・・・かわいい。

  • 動物写真家、岩合光昭さんのネコ写真集。
    写真がきれいきれい!
    そして、岩合さんの撮るネコが一番好きです。

  • うるとらまん!

    違います。

    うるとらにゃん!?

    のっけから、つかみもOKのにくい猫写真集。

    さすが岩合光昭!

  • 写真展に行ってきた。母親がサインもらってきた。かわいいネコのサインだった。

  • やっぱり猫は、不思議だ。ゆったりと時間の流れる街で、人々の暮らしを自由に往き交う猫たち-。ギリシア、イタリア、スペイン、トルコ、エジプト、モロッコの、六ケ国猫めぐり写真集

  • 4.9星ランク。<br>
    岩合氏の撮られるにゃこのかわいさは相変わらず反則です。<br>
    今度の舞台は地中海。<br>
    ギリシャ・イタリア・スペイン等に行くのですが、特にギリシャの美しすぎる風景に猫達が溶け込んでるのが素敵。<br>
    猫が居て当たり前、みたいな雰囲気がすごくすきです。<br>
    <br>
    「ニッポンの猫」を文庫で買ったので、これの文庫版も欲しいなあ。持ち歩きたい。

  • ぬくもってるかんじ。

  • 癒し。写真がきれい。
    ネコは風景の一部なり。

  • 表紙の猫に一目惚れ☆

全12件中 1 - 10件を表示

岩合光昭の作品

地中海の猫を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

地中海の猫はこんな本です

地中海の猫の文庫

ツイートする