養老孟司の大言論〈1〉希望とは自分が変わること (養老孟司の大言論 1)

  • 210人登録
  • 3.45評価
    • (5)
    • (20)
    • (18)
    • (4)
    • (2)
  • 27レビュー
著者 : 養老孟司
  • 新潮社 (2011年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104160044

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
三浦 しをん
内田 樹
村上 春樹
ジャレド・ダイア...
冲方 丁
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

養老孟司の大言論〈1〉希望とは自分が変わること (養老孟司の大言論 1)の感想・レビュー・書評

  • 三葛館一般 914.6||YO||1

    本書は季刊雑誌『考える人』に連載された文章が単行本化されたものになります。
    著者の考えや、体験をもとに考えたことなどをエッセイ形式の文章にしています。1つの事象を取り上げても考え方は十人十色というのは当たり前ですが著者の考え方は、また独特な一面を持っており、そこに面白さを感じることができます。
    「情報不変・人間変化」の中に希望を見出すことができるという、著者の主張をみなさんはどのように考えるでしょうか。非常に読み応えのある1冊です。
                                  (うめ)

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=60816

  • 養老先生がどんなことをやってきたヒトか、一冊である程度わかってしまう。なかなかエコノミーな一冊る

  • この本は人生におけるスパイスである。作者はものごとの本質を常に問い続けているからだ。
    「読書は目的ではなく、象徴的行為、すなわちシンボルである。」ということを述べている章がある。そして現代人の我々は「それ自体が目的ではない行為」にばかりだとも言う。その理由を本人の行動により説明しているのであるが、昆虫に執心し、解剖学で様々な功績を作り、読書をしまくり、たくさんの図書を執筆していることから来る迫力はハンパではない。
    また、この本を読んで得た教訓は、何かトコトンやり続けることの重要性である。自分を振り返ると、極度の完璧主義である。しかし、直ぐに日和ってします。最後まで続けない。その理由は失敗を怖れているからである。しかし、筆者にはそれはない。むしろ失敗して当たり前という覚悟がある。その源泉はもちろん彼の趣味である「昆虫採集」にあると邪推する。何故ならばそれは失敗知ることでしか向上しない活動だからである。
    ゆえに自分は悔やんでしまう。覚悟を持ってやり切ることがあまりに少なかったことを。

  • 著者の本はこれまでに何冊か読んだが、本書はかなり難解であり、1度読んだだけでは、なかなか理解が出来ない。著者の思考レベル(思考の深さ)に到達していない自分の未熟さを思い知らされる。
    一見、ひねくれおやじの独り言のように読める文章が多いが、よく考えてみると、やっぱりまともなことを言っているいるのでは、と思う箇所がいくつか出てくる。現代社会の中で多数意見に流されつつある(思考停止化している)大衆への警鐘ともとらえることができる。
    当たり前を当たり前としない、逆さメガネ的発想、常にこれが本当か、という疑いの目を持つ心構えを見習いたい。
    印象に残った文章。
    約束は言葉で、言葉は情報だから変化しない。変化する人を変化しない情報に結合することこそが、約束あるいは契約なのである(225ページ)。

  • バカの壁もそうだけど、頭よすぎ、ふつうの人の上いっている!他のエッセイとは違う!

  • 資料ID:W0164917
    請求記号: 914.6||Y 84
    配架場所: 本館1F電動書架C

  • 「考える」ことは、自分の意識の中に埋没すとることではない。そこからなんとかでようとする作業である 人間とはもっとも凶暴な動物である 真理は単純だが、事実は複雑である 人間の欲するものは、実は事実ではない 人間は平等にはできていない 万人に与えられたものが良識なのである 

  • やっぱりいいなあ と思う 安定の養老先生 人生に大切な価値を思い出させてくれる

  • タイトルと内容はあまり関係ない。エッセイ

  •  日本には「エリート」が存在しない。ノブレス・オブリージュ、持てるものの責務として民を導くという社会的に是認されている階層がすっぽりとなくなってしまっている。こうした兆候は、戦後日本社会では顕著である。戦前においては貴族、華族、旧制高校など確たるエリート集団があったが解体されてしまったからである。また、民を導くというのは本来政治家の役割であろうが、もはやエリートとしての政治家は過去の産物となっている。まったく嘆かわしいことではあるが、それが現状であろう。とはいえ、日本は一人ひとりの平均的な能力は世界でトップレベルである。寺子屋方式から連綿と受け継がれている全国的な教育の行き届きは現代においても健在なのだ。こうした背景もあって、ある人がある日エリートに選ばれ、ある日エリートでなくなるということが起こるのである。つまり、生前からエリートとなるべく運命づけられるというよりは、たまたま選ばれて成り行きでエリートとしての仕事をするというのが実情であろう。そういう意味で選良という言葉はほとんど死語になっているといっていいだろう。全人的な卓越者としてのエリートではなく、問題解決の専門的能力をもった人物というのが正確な日本のエリートの姿なのだ。やるべきことが明確だった戦後はこうした行き方が日本にはあっていたのだろうが、現在では明確な全体としてのビジョンを示すものがいないという事態に陥ってしまっている。根本的な問題はこのあたりにあることはうすうすみんな気づき始めているようだ。

  • 養老孟司という人柄、考え方は分かる。だけど、これといって特筆するほど感銘を受けるものはなかった。季刊誌の連載纏めたやつだからかな?

  •  季刊誌「考える人」に連載していた「万物流転」をまとめた単行本。
    養老節健在な限りでとても嬉しい(笑)。ところどころこちらも考えて
    読まなければいけない箇所があるし、考えて読まないと毒気に当て
    られてしまう可能性もあるので要注意。

  • 頭のトレーニングには
    ほど 良く良いね

    「考える」ことの楽しみ
    を身につけたい人に
    おすすめ

    すぐに役に立たないことは
    いつか 役立つことがある

    そんな 気にさせてもらえる
    一冊

  • あいかわらずの養老節?ですね。読書論は?でしたが面白かったです。

  • 手段的行為と目的的行為
    「読む」とはどういうことかの章に書かれている一節。
    行為には、手段的行為と目的的行為がある
    手段的行為とは、手段としての行為、典型的なのは政治/電車に乗る/読書である、という。
    目的的行為とは、それ自体が目的の行為、典型的なのは食べる/虫をとるといったこと。

    確かにそういう視点で自分の周辺を眺めてみると、元気をなくさせる行為というのはたいてい手段的行為である。本を読むというのも大抵は目的ではない(中に書いてあること知リ、人生に取り入れ、その後からが目的的行為になるのだろう)ので、移動中に読むことが合理的。

    これからの周囲を見る時は、そういった視点で見てみることにしよう。

    (二宮尊徳の話はかつてラジオで聞いた事があるが、二宮尊徳も実践している)
    http://booklook.jp

  • 『バカの壁』がすごい売れたころは
    あんまり読む気がしなかったのですが、
    なんか読んでみたくなったから読んでみた。

    虫の話とかは全然わかんないけど、
    この人の考え方は面白いなぁと思う。
    ところどころ内田樹と同じようなこと言ってるとこもあった。

    紀行文というのもあんまり読まないので新鮮な気分でした。
    土地によってすごくいろんなことが変わってくるんだな、と、
    そんな当たり前のことを改めて思った。

  • 内田樹さん達をはじめとした、日本偏屈者集団の総本山。
    普段、気にしてないような当たり前の事にするどく突っ込む鋭い観察眼。
    あぁ面白い。二巻、三巻もある!

  • 養老さんの本はわかんないところも結構あるのですが、いつも思うのは「面白いおじさんだなあ」ということ。私には見えない何かを見てんだろうなー、と思ってワクワクする。

    図書館の貸出期限ギリギリになってしまって、キチンと読みきれなかった感が残って残念。購入してじっくり読みたいかも。

  • 著者でもタイトルでもなく装幀者で購入。こんな選び方もアリじゃない。

  • 2011年3月28日購入

  • 縦横無尽、自由にあちこち、のんびり歩き回っているようにして、実は一点の大事なところを、きゅっと押さえて見せてくれる。

  • 本屋で見かける。タイトルに惹かれました。養老孟司さん、さすがだなぁ。

  • 11/06/01。なかなか本屋さんで見つけられなくて。先に<2>と<3>を購入していたが、性分からして<1>を読んでからにしようと。

  • 養老孟司さんの文章を読んでいると、普段使わない脳のどこかを刺激されている感覚になる。普段いかに自分の意識の中に埋没しているか、まるで見透かされているよう!笑

    "希望とは自分が変わること"。

    タイトルにあるこのことって、実は簡単じゃない。自分に本当に出来るのか? また北川さんの装丁らしく、無駄な要素を省いて恐ろしいくらいシンプル。

    ちなみに、氏曰く、"人間が欲するものは、じつは事実ではない。疲れるし、面倒だから。だから「真っ赤なウソ」みたいな本が売れる。"

    …ウソから出たマコトこそが真実だと人は信じてやまない。確かにそういうものかも知れないし、目には見えないけど、それ自体多くの危うさを孕んでいることは否めない。(興味ないものは平気でスルーしてしまうわ、パッケージやキャッチに弱いわ… 汗)

    デカルトが、"良識は万人に与えられている"といったように、国や政府やエリートに頼るのではなく、「ただ自分の足元を見ること」なのだと。

    一日三省。デカルトの言ってることがほんとなら、まだ希望は持てるのかも!

    そして、自分にとって、本を読むということは、"変わらないことのリスク"への警告であり、埋没状態にある意識の中から出ていくために必要な旅なのかも知れません。

全27件中 1 - 25件を表示

養老孟司の大言論〈1〉希望とは自分が変わること (養老孟司の大言論 1)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

養老孟司の大言論〈1〉希望とは自分が変わること (養老孟司の大言論 1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

養老孟司の大言論〈1〉希望とは自分が変わること (養老孟司の大言論 1)を本棚に「積読」で登録しているひと

養老孟司の大言論〈1〉希望とは自分が変わること (養老孟司の大言論 1)の作品紹介

人は死んで、いなくなる。ボケたらこちらの勝ちである。木の葉のつき方にも複雑な規則がある。問答無用、ドカンは困る。私は純粋行為主義者である。人間の実質は不平等だが、民主社会は平等を要請する。「良識は万人に与えられている」。9年間40万字を費やし、到達した「大言論」シリーズ。全著作リストつき。

養老孟司の大言論〈1〉希望とは自分が変わること (養老孟司の大言論 1)はこんな本です

養老孟司の大言論〈1〉希望とは自分が変わること (養老孟司の大言論 1)のKindle版

ツイートする