ひらがな暦 三六六日の絵ことば歳時記

  • 274人登録
  • 3.99評価
    • (39)
    • (30)
    • (31)
    • (3)
    • (1)
  • 39レビュー
  • 新潮社 (2006年11月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (445ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104163052

ひらがな暦 三六六日の絵ことば歳時記の感想・レビュー・書評

  • 夏の臨場感を味わいたいから、図書館で借りて7月・8月を読む。

    薄く切った生姜をグツグツ煮込んでレモンを絞ってハチミツ入れてショウガシロップを早速作ろう。熱々を氷水で割って味見。水で割ったらジンジャーコンク。炭酸水で割ったらジンジャーエール。ウーロン茶で割ると冷やしあめみたい。
    ショウガシロップは冷蔵庫で2・3ヶ月持つとのこと。夏バテ防止に!冬はお湯で割ってショウガ茶に。

    料理中のコロコロきゅうり、今までイラっとしながら洗って戻したりしてたけど、なんとも可愛い発想。今度からクスッと笑ってしまいそう。

    「きつねの窓」懐かしすぎて小学生の頃の自分に会えた気がします。

    惹かれたお花、古代蓮とヤマホロシ。

    庭にたくさんあるローズマリー。早速エビの炒め物をしよう。植えたくなったハーブが増えた。



    秋になったらまた借りよー。

  • 心和むかわいらしいイラストに、ほんわか文章、
    1日1ページで綴られた365日歳時記です。
    やわらかい印象の中にも、記されている雑学はぎっしり。
    食に関するネタも詰っていて、惹きこまれます。
    完成までに6年の歳月をかけたとか。
    やわらかな雰囲気の中に、奥深さを感じます。

  • 1日1ページづつ366日分、おーなりさんの柔らかい絵柄と言葉遊びのような優しいエッセイが綴られた毎日を心豊かに過ごすための手引き書。暦はもちろん、季節の行事や旬のレシピ、各地のお祭りなど、“その日”に関する様々な情報が適度にぎゅっと詰まっている。

    四季があり、四季を重んじ、四季を楽しむ。
    美しい日本語に親しみながら、日々を過ごす。
    そんな日本をやっぱり良いなぁと誇らしく思う。
    日々の心にゆとりを与えてくれる、毎日、そして一生楽しめる1冊です。

  • 柔らかい表現と、ほっこりしたイラスト。
    日めくりみたいに毎日、その日のメッセージを読むみたいに楽しむつもりだったんだけど。


    ‥むり。


    だって、短い中にぴしっと決まる、あるいはほわっと残ることばそれぞれが、物足りないって一つじゃ!って、ついすんすん、と、気づいたら一年も半ばでしたよ。笑

    ただ、このほんのりムードのイラストや、カバーのクリーム色の優しさに騙されてるわけにもいかない。
    マスタードカラーのピリ辛コメントありなので、御用心、というべきか、それがスパイスで読み進められるかはあなた次第?

    あたしは3月6日のこの言葉に、あしを止められました。

    いまでも、わたしは、こころを言葉だけでふちどることが、こわい。

    これ、昔のエピソードで、ほわっとおわってもいいわけですよ。
    それをこれですよ。
    ことばの魔術師みたいなおーなりさんが、ですよ。

    はっとしたりくすっとしたり、ほんのりしたなかの棘もまとめて、召し上がれ。
    そんなゆるやかな、御褒美読書。

  • おーなりさんのエッセイつき。

  • 日々の暮らしのささやかな出来事が温かい目線で綴られていて、こちらまで温かい気持ちになる。
    こんな風に日々を穏やかに丁寧に暮らせるおーなりさんに憧れる。

    図書館で貸りたので、じっくり読めなかったのが残念。
    出来たら手元に置いて、毎朝“今日は何の日だろう”って楽しみながら読みたい。

  • こうやってイラストと文で日々を綴れるのって憧れる。毎日何かを見つけて残す、この繰り返し。いいなあ。

  • 日本に生まれてよかったと思える一冊。
    素敵なイラストとすてきな言葉、いろいろな行事など、
    日本の四季を感じられる一冊です。

  • 2012年最初に出逢って購入した一冊♪

    ゆっくり丁寧に過ごしていきたいなぁ~と思っていたので
    すごくいいタイミングで出逢えました♪

    一気に読みたいところだけれど
    その気持ちをぐっと抑えて・・・

    一日一ページ
    大切にじっくりと味わいながら
    読み進めたいと思っています♪

  • まいにち、まいにち。
    1ページずつていねいに読む。
    日々の暮らしを大事にしよう。

  • その季節のエピソード、筆者の思い出や食べ物、歌、季節のあれこれが一日一ページごとに書かれています。素朴なイラストもあって、これがまたかわいい。
    上段はそんな風に、下段にはその日の行事やちょっとした知識が載っていて飽きません。
    後ろには二十四節気の解説や、日本の一年の行事表。
    よく見れば毎日季節の流れがあり、日本のどこかで何かがあると改めて知る一冊です。手元に置いておきたい本。

  • 今日は何の日?あなたのお誕生日は?一年366日、毎日の歳時記とおーなりさん由子さんによる季節の日々の小さなお話。試してみたい旬のレシピや、行ってみたい季節のお祭り、行事。春夏秋冬の草花、鳥、虫、星座。日々の暮らしを楽しむイラストもたくさん。ページを開くたび、季節を迎える喜びに満たされる一冊。

  • 日本人には陰暦で、ちゃんと四季を感じて生きることが大切なのかもなーとしみじみ。そんな心の余裕を持って毎日を大切にしたいな、と。残り少ない2011年はそんな気持ちで頑張ろうと思ってみちゃったりした一冊。

    出来れば10月中に出雲へ旅したい。

  • 日本もなかなかいいもんだ

    と、思わせてくれる一冊。
    その名の通り366日全ての文章、イラスト、行事などが描かれている

    日本語のあたたかみ
    四季がある国特有の、季節の楽しみ方
    ごはんでも花でも祭りでも空でもなんでも
    すべてに色がついて見えた

    おーなりさんの本を読むのはひさしぶりだったけど
    相変わらず素敵なやさしさのある本だった

    これからも気になった日にその日のページをめくりたい。

  • この頃は殺人や無謀運転での事故など嫌な事件が多いし、
    払うべきものを払わなかったり、
    自分だけ得をすれば良いというずるい人も多いし、
    なんだかいやになっちゃう世の中だなーって思うけど
    この本を開けば、きちんと日々を大事に丁寧に生活している人も
    たくさんいるんだと改めて実感出来る。
    自分もつねにそういう人でありたいと姿勢を正させてくれる本。
    おーなりさんの優しい一言一言が心にしみます。
    大事に大事に読んで大切にしたい本。

  • 366日の話が可愛いイラストと愛情たっぷりの視点で描かれている。

    1日1日がなんて愛おしいんだろう!

  • 寝る前はネットやテレビを控えて本を読みたい今日この頃。
    枕元へ置いてゆっくり読むのにぴったり。
    子供の頃、眠る前のお話の時間のような。
    やわらかな時間やさしい空気。
    ふと思い出させてくれた一冊。

    追記
    電子書籍で読めるといいかも
    (機器?は残念ながら持っていないのですが)
    でも、折角のこの本さりげない紙のこだわりとか
    良さが無くなって勿体ないのもあり。
    紙の触感(さわりごこち)の代わりに、
    音楽が付いてると面白いのかな?(おススメBGMリンクとか)

  • 図書館で借りて読み、購入したいと思い、気に入りました★おすすめな一冊です。こころが、ほっこりします♪

  • 大好きなおーなりさんの本でこれから一番読みたい本。

  • 日本人として歳時記を知りたいと思い、購入しました。
    茶道でお茶杓の銘を考えるのに、重宝しています。
    日本って素晴らしい☆

  • 一日一頁、朝起きた時に読んでます。

    毎日短い日記のような文章を読みながら
    もうそんな季節かあ…と思うこともしばしば。

    日本に生まれたことを感謝したくなる本です。

  • 九月二十六日 赤いかんむり

  • 今年に入ってから毎日該当日付の分を読んでいます。

    著者がその日その日がどんな日であるか軽い文章と絵で語ります。
    日本人であることが得な気がしてくる一冊。

全39件中 1 - 25件を表示

ひらがな暦 三六六日の絵ことば歳時記に関連する談話室の質問

ひらがな暦 三六六日の絵ことば歳時記を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ひらがな暦 三六六日の絵ことば歳時記を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする