みすゞと雅輔

  • 29人登録
  • 3.67評価
    • (2)
    • (3)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 松本侑子
  • 新潮社 (2017年3月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (399ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104166022

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
塩田 武士
宮下 奈都
有川 浩
桐野 夏生
三浦 しをん
平野 啓一郎
森見 登美彦
藤野 可織
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

みすゞと雅輔の感想・レビュー・書評

  • 本来自分で読まねばならない金子みすゞと上山雅輔姉弟の書簡を代わりに読んで聞かせてもらったような気分。金子みすゞは詩人として名を残したひとで当時から認められていたという先入観を持っていたのだけれどそれを壊してもらった。 #抒情詩人留想譚

  • 実弟との”恋愛(純愛)”関係や自死についてなど、金子みすゞの「もやっとした部分」を知りたいと思っていた自分にとっては、面白い評伝(小説)である。
    しかしながら、再度矢崎節夫氏の評伝やその他の研究書などを並べて読む必要もありそう。

    読み終わったら追加レビューするかもです(ぉ

  • 膨大な 上山雅輔の日記を読み解き
    彼女の人となり
    その生き方にせまった書き方に
    ああ みすゞさんは
    立派に生きられたんだな
    と胸が熱くなる 作品でした

  • 読みづらかった。でも最後まで読んでよかったと思えた本。

  • 著者の「恋の蛍」がよかったので、こちらも読んでみた。
    なんだか、淡々としている。

  • 金子みすゞにぼくがはまったのは、去年の春、妻とみすゞのふるさと仙崎を訪れたことからだった。大正期に童謡詩人として知られていたみすずは人々の記憶から忘れられて久しかったが、それを再び甦らせたのは、長年にわたってみすゞのことを追い求めてきた矢崎節夫氏の執念である。その矢崎氏にとって大きな転換点となったのが、みすゞの従兄弟の花井氏を通して、みすゞの兄である上山雅輔と出会い、かれからみすゞの残した三冊の詩集を渡されたときからだった。矢崎氏はみすゞの伝記『童謡詩人金子みすゞの生涯』を書くと同時にみすゞの三冊の詩集を本にして出版した。これによって、みすずの26年の短い生涯についてはかなりわかった。しかし、ぼくにとって気になっていたのは、みすゞがなぜ自死をとげたか。みすゞに淋病をうつした夫はそんな悪い人間だったか、さらにはみすゞの才能を敬い、みすゞを愛の対象とさえ考えた雅輔がなにを考え、その後どのような人生を送ったかである。それが今松本侑子さんの手によって著されたのだが、そこには雅輔の残した多くの日記の発見があった。松本さんは、それらの日記や多くの人への聞き取りを通じて、雅輔とみすゞをよりリアルな存在として描いた。タイトルは「みすゞと雅輔」であるが、ぼくはこの本は「雅輔とみすゞ」とすべきかと思う。(そうしなかったのは出版社の意向か?)本書は全体が雅助とみすゞの物語りになっている。松本さんによれば、それは史実に基づくフィクションだという。つまり、多くの部分は史実に基づいているものの、雅助の心理描写は想像による部分もあるということだ。それがすべて真実だったかどうかはわからないが、そうした想像がはいったからこそ、本書は生き生きと二人の関係を描写することに成功した。本書によれば、雅輔はみすゞを恋慕い、その結婚にも反対したりしたが、けっこうのうわきものである。それはみすゞとの関係が姉弟と知ったはらいせとは限らない。たとえば、東京で知り合い、後に妻になる容子と、博多で芸者をしている初恋の相手である初菊の両方をある時期天秤にかけている。容子との結婚式の前の日に初菊にあったり、容子が妊娠したら、初菊に会いにいったりしている。さいわい、容子の懐が深く強い女だったことと、初菊もいつまでもしがみつく人間でなかったから、なんとか修羅場を経ずにすんだが、それ以外でも雅輔は多くの女と関係している。雅輔の婚礼写真が巻頭に置かれているが、そこには「だれと」というキャプションがない。これは読み進めていて、はたしてどちらと結びつくのか読者をはらはらさせる松本さんの手法なのか。また、みすゞの夫であった宮田敬一に対しても松本さんは同情的である。宮田こそ、みすゞの義理の父である松蔵に店を継がせるとか言って振り回された犠牲者かもしれない。二人は本来性格が違い、婚姻生活を続けていくのは無理だった。さらには、淋病にしても当時の男はしばしば妻にそうした病気をうつしていたらしい。しかし、ここはちょっと宮田をかばいすぎている気がする。だから、本書では宮田の口から、二人の性格の違いや松蔵に対する恨み節はあっても、病気を移したお詫びがないのである。

全6件中 1 - 6件を表示

みすゞと雅輔の作品紹介

国民的詩人・金子みすゞはいかに生きたのか。実弟・上山雅輔の目を通して描く、画期的伝記小説! 実の姉と弟でありながら、金子家と上山家で別々に育てられたみすゞと雅輔。互いを深く理解し、芸術を愛する友として過ごした青春時代、そして内に秘めたる恋心。姉はなぜ自ら死を選ぶこととなったのか――。後に脚本家となる雅輔が残した日記を読み解き、大正ロマンと昭和モダンの時代を生きた詩人の光と影に迫る、衝撃のドラマ。

みすゞと雅輔はこんな本です

みすゞと雅輔のKindle版

ツイートする