しゃべれども しゃべれども

  • 356人登録
  • 3.79評価
    • (59)
    • (85)
    • (94)
    • (5)
    • (2)
  • 84レビュー
著者 : 佐藤多佳子
  • 新潮社 (1997年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (337ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104190010

しゃべれども しゃべれどもの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 少し反則な感じがする。
    落語に阪神に小学生。
    面白いのは面白いですけどね,
    続編は無理かな。

  • 導入のテンポはいまひとつ悪かったが、大阪弁の少年、村林が出てくるあたりからぐっと楽しくなった。
    「明るい夜」もギャランドゥが出てくるまでは、若干入りにくいところはあったから、こんなものか。

    読み終わって思うのは、従兄弟のキャラが少し弱かったかもしれない。
    他の三人のインパクト(村林くん、代打のおっちゃん、十河さん)とくらべてどうにも影が薄い。
    片想いをよせていた郁子さんをわりと早々にあきらめてしまうあたりは、リアルで、小説としては目新しく感じた。十河さんとの恋模様も、派手なことがない分、かえってリアルだった。このあたりはとても上手だなと思う。

    一番大きな盛り上がりは、村林くんとそのいじめっこ宮田くんの対決だが、このあたりの人間関係の描き方も
    とても良かった。ただ「宮田は何にもない16歳になるだろう」というのはちょっと言い過ぎかなあと。
    いじめっこではあるけれど、その内面をこんなふうに否定しちゃうのもちょっと後味悪かった。

    とはいえ全体的には、とても楽しく読めた。

  • こういう劇的な恋愛は3年経ったらしんどくなりそうで、三つ葉さんちょっとお気の毒。登場人物がみんな個性的で、それぞれに物語を持っていて楽しい作品でした。特にタイガースファンの大阪弁の少年には若い頃のワタシ自身を重ねながらの読書でした。決して涙が出てきたり、笑ってしまうようなそんな作品ではありません。少しずつの出来事の積み重ねが楽しい物語を紡いでいます。

  • 口下手な4人が落語を通して成長していくお話し♪主人公の短気はハラハラするところもあるのだけど、時折飛び出すタンカには胸がすっきりするものが多かったです。4人をそれぞれ応援しているうちに何だか恋愛も上手くいっちゃって、もう終わりは清々しさでいっぱいでした。

  • 落語を題材としつつ、他者との交流が苦手な人々の触れ合いと変化が軽妙に表現されていて面白い。

  • 噺家の三ツ葉が、ひょんなことで落語を教えることになる。
    悩みを抱えたバラバラな四人と三ツ葉が、少しずつ変化していく姿に引き込まれる。

  • 頑張る人たちの話。笑えます。

  • とある噺家の元にそれぞれの悩みを抱えた人々が集まり、落語を練習する事になりー。
    みんなそれぞれの立場や人生、想いがあって、それらにほんのちょっとずつでも向き合っていく姿が丁寧に描かれていました。何もかも全てまる!という訳じゃないのが、逆に真実味があってよかったです。最後の最後、ラストを読み終わった後、本を閉じたら温かいお茶の絵の背表紙が目に入り、気持ちが穏やかになりました。旨味のあるお話でした。

  • タイトルが秀逸だとおもうのです
    しゃべれども、しゃべれども。

    佐藤多佳子さんは、怒る人が好きなのかな。
    この物語の主人公も『黄色い目の魚』のみのりもプンプン怒ってた。私も好きです、怒ってる人。

  • とてもいい作品でした。
    登場人物それぞれの人生がパッと開けていくような終わり方
    でよかった。
    まだ映画版を見ていないので、是非見てみたいと思います。

全84件中 1 - 10件を表示

佐藤多佳子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

しゃべれども しゃべれどもに関連する談話室の質問

しゃべれども しゃべれどもを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

しゃべれども しゃべれどもを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

しゃべれども しゃべれどもを本棚に「積読」で登録しているひと

しゃべれども しゃべれどもの作品紹介

しゃべりのプロだろ、教えてよ-あがり症が災いして仕事も覚束なくなった従弟の良や、気まぐれで口下手なために失恋ばかりしている美女の五月から頼られて、話し方教室を開くハメになった若い落語家の三つ葉。教室には苛めにあってる小学生や赤面症の野球解説者まで通ってきて…。嘘がつけない人たちの胸キュン恋愛小説。

しゃべれども しゃべれどもの文庫

しゃべれども しゃべれどものKindle版

ツイートする