明るい夜に出かけて

  • 754人登録
  • 3.59評価
    • (40)
    • (74)
    • (84)
    • (18)
    • (3)
  • 108レビュー
著者 : 佐藤多佳子
  • 新潮社 (2016年9月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104190041

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

明るい夜に出かけての感想・レビュー・書評

  • あるトラブルをきっかけに大学を休学し、ひとり暮らししながらコンビニで深夜バイトをする富山。偶然コンビニで出会った客は、大好きなラジオ番組のハガキ職人だった。
    コンビニの頼れる同僚で「歌い手」の鹿沢、お節介な同級生でヘビーなラジオリスナーの永川、ハガキ職人で個性的な女子高生の佐古田。富山を中心として出来上がった、ちょっと不思議なコミュニティ。煩わしいと思いながらも彼らと関わることで、過去の傷と向き合わざるを得なくなる富山。
    本書で大きく取り上げられるのは、伝説のラジオ番組と言われるアルコ&ピースの「オールナイトニッポン」。まだANN歴の浅い私はその番組を聴いたことはなかったけど、ラジオ好きな人ならあの独特のワクワクする空気感が伝わってくるのではないかと思う。読みながらANNオープニングの「ビタースウィート・サンバ」が脳内を駆け巡った。
    LINE、Twitter、ニコ動、アメーバピグ…多様なコミュニケーションツールが頻出し、巻き込まれていくうちに、富山の内に秘めていたものがだんだんと溢れていく過程がさすが。読む側もどんどん引き込まれていく。ANNといいSNSといい、作品に軽やかに絡ませてくるなんて、佐藤さん…感性が若いなぁと驚いた!(佐藤さんより若いはずの私が初めて知ることもあり。)でも、繊細な心理描写や包容力はベテランならでは。一歩間違えば薄っぺらくなりそうなところを丁寧に描いており、懐かしさと新しさがバランスよく感じられる。
    よくよく考えたら、佐藤さんの作品を読むのは実に27年振り。MOEでデビュー作を読んで以来…あっという間に人気作家の仲間入りで、敷居が高くなっちゃった気がしていたのだ。でも、今回久しぶりに読んで、醸し出す空気感が当時とあまり変わらない気がして…ほんのり嬉しかった。
    アルピーのANNを聴いてたら、細かいネタの意味がわかってもっと面白かったのかなぁ、と思うとちょっと悔しいが。それでも、ラジオ番組を愛する気持ちはすごく共感できる。リアタイは無理だがANNを聴くようになり、パーソナリティとリスナーの程よくも濃い距離感がたまらなく心地よいからこそ。ANNに関わらず、ラジオという媒体のよさを再認識しているからこそ。
    そして、友達って安易に呼びたくない…あえて名前を付けたくないような彼らの繋がりがすごくいい。終始泣きそうになりながらページを捲ってました。物語終盤の、意外な人物による意外な言葉がとても誠実で、ものすごくしみたなぁ。
    表紙はニッポン放送のスタジオの写真、カバーを外すと舞台の金沢八景の夜景と、内容にピッタリな装丁が素敵。年齢的に夜更かしすることも夜に出歩くこともなくなったけど、若い頃の「明るい夜」の思い出って、誰もがあるのではないだろうか。本書を読んだことで、痛くて甘くて懐かしい、そんな思い出が甦り…点々と今につながって、私の足もとを照らしてくれている気がした。

  • ぐわあ…そうね、ハガキ職人って憧れですよね…。
    オールナイトニッポンのすごさはあまりよく知らなかったけど、アニラジ…szbhが大好きだった身としては、あの謎の「つながっている感」を思い出さざるを得なかった…。
    うう、まさに紛うことなき青春…夜の片隅の青春である…。

  • タイトルがまず本当に良い。すべてが詰まってる。
    高校生の頃、深夜ラジオを聴いていたころを思い出した。
    田舎の片隅、山の奥の一軒家の子供部屋で。
    雑音だらけの電波を受信しようとアルミホイル巻いたアンテナ目一杯立てて方向もダイヤルも微調整しまくった赤いダブルデッキで。
    下ネタだらけのオールナイトニッポン。
    静かで真っ暗な夜の底でラジオから聞こえてくる人の声だけが明るい、あの感覚。
    時代が変わっても、見知らぬ誰か達とつながっている、心強さみたいなものは変わらないのだなあと。

    あと、ラスト近くでコンビニでの深夜バイト、2人で8時間も10時間も過ごすことはなくなるのだな、と主人公がふと思う、その猛烈なさびしさとかにも覚えがあって。
    未来へ進むためのステップの一つだからどうしようもないんだけど、それでもさびしいっていう感覚。モラトリアムの贅沢と言わば言え。あーわかる、ってなった。

    リアルな若者とか言うとかっこわるいのかな。
    でもこんなだよね。
    つながり方も。
    家族構成も最終学歴も知らない。
    でもどんな声で歌うのかとか、どんなネタが好きなのかは知ってる。
    良し悪しではなくてそういうものなんだっていうのを切り取って見せてくれてる。

    明るい夜に出かけて。

    とりあえずradikoでアルピーの番組は聞いてみたよ。

  • リアルな世の中で、少しだけ生きにくそうな4人。
    少し変だけど、優しい4人。
    この繋がりはいつか絶えてしまうのかもしれないけれど、
    今この時に会えてよかったねと素直に思った。

    フィクションの存在の中に、
    実在するラジオ番組が入り込んでいる。
    作者のラジオ熱みたいなものがぐわっと迫ってきて、
    聴いていないのに、まるで一緒にラジオを聴いている気分。
    勢いに押されて、一気に読んだ。

  • +++
    今は学生でいたくなかった。コンビニでバイトし、青くない海の街でひとり暮らしを始めた。唯一のアイデンティティは深夜ラジオのリスナーってこと。期間限定のこのエセ自立で考え直すつもりが、ヘンな奴らに出会っちまった。つまずき、人づきあい、好きだって気持ち、夢……若さと生きることのすべてが詰まった長篇小説。
    +++

    心に傷を抱え、これまでの人生から逃げ出したくなって大学を休学してひとり暮らしを始めた若者が主人公の物語である。親の立場からすると、不甲斐なく、心配でたまらず、無意味な遠回りをしているように思えてしまい、つい余計なひと言を言ってしまいそうな若者たちがたくさん出てくる。序盤では、親の気持ちで、なにをぐうたらしているのだとイライラすることもあったのだが、読み進むうちに、彼らには彼らなりの譲れない矜持のようなものがあり、周りと足並みをそろえられなくても、各自なりのペースで確実に前に向かっているのだということが実感されて、応援したい気持ちに変わってくる。いくら人付き合いが苦手でも、やはり人間関係は大切だということも、身に沁みる。ラジオのリスナーではないので、そちらの熱狂ぶりは実感としては判らないが、ラジオの番組を通じた繋がりにも、見えないながら深いものがありそうである。タイトルの切実感が迫ってくる一冊でもある。

  • 大学を休学し、コンビニでバイトをしながら、青くない海の街でひとり暮らしを始めた大学生・富山。
    ある問題を抱えながらも、毎週金曜日の深夜ラジオを楽しみに生きてきた。
    しかしモテ男のバイト仲間・鹿沢、ミス・サイコなコンビニ客・佐古田、クソ野郎だけど唯一の友達・永川たちと交流を深めていくうちに、富山の「夜」は次第に明るくなっていき……。

    面白かった!
    最初ラジオの話と主人公の一人称にじゃっかん引いちゃったけど、ミス・サイコが出てからは一気読み。大好きだ、虹色ギャランドゥ(笑)
    あんなに誰とも関わりたくない人だった主人公が、彼女と出会って自分から関わって行くようになっちゃって。二人の掛け合いがすごく好きです。服を買いに行くくだりとか最高。もうこの二人の恋愛メインで続編書いて欲しいくらい!

    他にも絶対普通にモテるのに、ついつい変わった子ばかり構っちゃう鹿沢くんも好き(笑)
    その変わった子に主人公も佐古田ちゃんも入ってるわけだけど(笑)
    何気に天然だからツッコミ役の主人公とも相性いいんだよね(笑)
    そんな鹿沢くんの一番好きなセリフは「そんなに優しいこと言ってると、君の人生は簡単に侵略されてしまうよ」です。鹿沢くんなら侵略されてもいい(笑)

    誰かによって酷く傷つけられてしまった青年が、違う誰かと出会って立ち直っていく、とても良いお話でした。
    叶うことなら主人公と佐古田ちゃんのその後のお話がすごく読みたい。

  • 何がそうさせたのか分からないけど、胸がぐっと熱くなる小説だった。
    虹色ギャランドゥが登場した辺りからワクワクしたな。
    コミュ症だろうがネットの世界と実物が違かろうが、高校で浮いてようが、コンビニとラジオという場所で繋がって熱く語り人を動かし感動させる彼らが少し羨ましくもあり愛おしくもあった。
    深夜ラジオ。深夜のコンビニ。ネット。下北。私にとってこの小説は新しい発見と何かを思い出させる物語だった。
    ラジオの話についていけない自分が少し悔しくて星4つ。

  • 今のラジオのことを知っていたら、もっと楽しんで読めたと思う。

  • テーマとなっているラジオ番組の異質さのせいか、その実況が主人公の心情を表わす詩のように作用しているのが面白い。

    読後感は人によって変わるかも。
    個人的にはあの、ほんのちょっとした成長と、恋愛と繋がるようで直結はしないあの感じがとても好きだった。
    交友関係だって同じように続くかはわからないけど確実に大切な思い出や愛情といった気持ちが残るであろう感じも、どことなく最終回を迎えた深夜ラジオっぽい切なさがある。

    深夜ラジオとリスナーとの繋がりというのはすごく緩やかなようで、心の芯にまで食い込んでくるものだと実体験として思う。
    その感覚を非常にうまく小説に取り込んでいる作品だと感じた。

  • 簡潔にいうと若者のトラウマだったり自意識への葛藤から塞いでた自分がラジオ、コンビニバイトを通じて光が見えるっていう話だけど、現代の若者のコミュニケーションツールだったり文化が色濃く出ててそう言った意味では面白いけど。わざとそういう目線で書くための文章だとは思うけど文章がペラくて心に刺さらない。

  • 17/09/17読了
    乱暴な話し方の女の子、がどうしても受け入れられずに、話に没頭するのを妨げてしまう傾向があるけど、それが出てしまった。

    ラジオ聴いてみようかな。

  • 小説の中に実在する企業や土地を借景する手法は、何ら珍しいものではない。(白石一文の小説にはよく見られる。)この作品では、2012〜16年までアルコ&ピースがパーソナリティを務めたオールナイトニッポンが借景どころか重要なアイテムとなっている。あとがきによれば著者自身が長年ラジオのヘビーリスナーであり、とりわけアルピーのANNを必聴していたと言う。その偏愛溺愛ぶりを著者は二人に託す。ひとりは唯一のアイデンティティは深夜ラジオのリスナーである、コミュ障で大学休学中のコンビニアルバイター。もうひとりはアルピーのANNで頻繁に投稿が読まれる才気溢れるハガキ職人の名門女子高生。そこにバイト仲間のシンガーが加わる。それぞれに抱え込んだ悩みにもがき喘ぐ3人。ひょんな事から仲間となったことで、少しずつ再生に向かい始める…。

    とにかく、この小説の良さはドライブ感!それと、かつて深夜ラジオを愛聴したケータイなんぞ出現する遥か前の「ながら族」世代にとって、深夜ラジオの時間って、悩みに懊悩したり、描く夢が時に一瀉千里に走ることがあったり…。そう、青春時代の深夜ラジオって「街明かり」そのものであった。すっかりしまい込んでいた原体験をくすぐられ、揺らされ、なんだか鼻の奥がツーンとくる青臭くて切ない想いを抱かせてくれる小説。

  • 深夜ラジオが放つ独特のパワーと周りの人(鹿沢、佐古田、永川……みんな、いい人)とのコミュニケーションで主人公・富山が少しずつ変化、成長していく物語。
    リアル、そして、最後はほっこり。
    著者の、ラジオへの深い愛情を感じる作品。

  • 主人公の中二病っぷりがとてもリアルで、それが災いして感情移入できないという難点あり。

  • ちょっと前のアルコ&ピースのラジオで「俺らが出てます!」って宣伝されてた、深夜ラジオリスナーの出てくる物語。

  • 小さな奇跡がそこにはあった

  • 【No.130】「別にスペシャルじゃなくていい。人より秀でてなくてもいい。人と同じでありたいとも思わない。枠の中にいなくてもいいけど、わざわざはみ出したいわけでもない。何かをがんばりたいけど、何がやりたいのか、わからない」「自分の無感情な感じの口調で、たまに相手がすげえムカつくのがわかるんだ」「オンとオフの切り替え、よくわかんねえな。日常をさらけだしたほうが親近感を持ってもらえるのか、それとも一般人のにおいは絶対にさせないほうがいいのか」「そんな優しいこと言ってると、君の人生は簡単に侵略されてしまうよ」「キャラを作り込むならガッツリ作って、素で勝負するなら、惜しみなくさらけ出す勢いが」「イヤだって思ってるのに、いつのまにか、色々参加するハメに陥ってる。強く言えば断れるはずだけど、文句を言いながらも、そのまま流されてる。はっきり断ることはエネルギーがいる。でも、もしかして、そこまでイヤじゃないのかもしれない」「俺は人間をやりたくないよ。猫にでもなって、冷たいタイルの床の上で丸まって寝てたいよ。ほかのヤツのこととか、あれこれ考えたくない。疲れるから。削られるから」「上から目線で高圧的に出られると、引いちまう。争ったら負けるというより、争うこと自体がストレスで、いいやってなっちゃう。けど、丸ごと飲み込んで平気なのかっていうと違う。要するに、ただ、うじうじしてる」「自分が正しいなんて意味ねえんだなって、つくづく思ったよ。通用しない相手がいる。だけど、自分の心を守る最後の砦は、やっぱりそこだ。俺は俺が正しいと思ったことをやる。その信念、その意地」「やり直しがきかないこともあるが、君の年だと色々なチャレンジができる。何度でもできる」

  • コンビニと深夜ラジオ放送が舞台であり縦横の糸となって物語が紡がれる。
    深夜放送、懐かしいなー。
    小学生の頃に "ヤングタウン東京" を聞き始めて、"コッキーポップ"、"ジェットストリーム"、この本でも主な媒介となっている "オールナイトニッポン" も聞いたなあ...
    中島みゆき、笑福亭鶴光、所ジョージ、ビートタケシ...
    投稿まではしなかったけど、懐かしい感覚と今の10代・20代の登場人物が織りなす物語、結構楽しく読ませて頂けましたー。

  • 深夜放送翌日(正確には当日だけど)のともだちとのバカ笑いや、聴けなかった日の仲間外れ感‥中学生の頃の自分。好きだったこと、教室から見ていた景色、モヤモヤ考えていたことなどなど‥脈絡もなく次々に思い出される。主人公はコンビニでアルバイトしている休学中の大学生、彼が聴いてるのはアルコ&ピースのオールナイトニッポン。私が聴いていた頃とは時代も違うし、視聴者同士の繋がり方、人と人が繋がるスピード感も全然違うけれど、ひとりひとりの内面はそんなに変わるものでもないんだろうなぁ。少しずつ変わっていく主人公達。タイトルも良い。

  • 私の若い時も深夜放送を聞く世代だったけど、今の若者文化にはついていけない感じ。
    我々は呑みながら夜を徹して語り合った世代だったけど、こう言う繋がり方もあるんだね。

  • 二十歳前後の人間関係をうまくこなせない男女の様子がとてもリアルに描かれているなあ。一瞬の風では陸上に打ち込む高校生たちが生き生きと躍動していた。綿密に取材したこと、誕生秘話的に語られていたが、今回も同じような経緯があったのかしら。交わされることばの不十分さをお互いに意識しながらも、そんなことばに気持ちを託そうとする富山と佐古田のシーンが印象に残った。

  • 今後ずっと自分の中に残り続ける、本当に素晴らしい作品でした。うまく表現できないのですが、大きな愛に包まれた、教養小説。ラジオが好きな人も、そうじゃない人も、ぜひ読んでほしいです。2017ナンバーワン候補

  • 未知の深夜ラジオの世界が魅力的に書かれている。表紙が夜空なのもいい。真っ暗にぽっかり空いた穴に明るいラジオがある。夜更かしして聞いてみたい。

  • 今年11冊目

    久々の佐藤多佳子。
    仕事しながら聞いていた深夜ラジオ番組が題材になっていると聞いて急いで買い求めた1冊。

    実在する(した)ラジオ番組や固有名詞がバンバン出てくるので、小説の世界へ入りづらいなぁと思いながらも、知っていることが出てくる楽しみもあり、
    その中で実在しない小説上の人物の話が進んでいく不思議な感覚。

    アルコ&ピースのANNのえも言われぬ中2感。子供っぽいと思いつつもそのバカバカしさに気がつくと笑わされている。イタいと分かっていながらイタさを模索するハガキ職人とリスナーの一体感。深夜に一人なのに、一体感。

    ひっそりとした夜を照らすような深夜ラジオの明るさや暖かさは私も知っている。

    佐藤多佳子の児童小説は学生の頃よく読んだが、30代半ばには照れくさい。でも深夜ラジオと一緒で、照れくさいと一歩引きながらも、感動してしまう自分もいる。そういう場所に連れていかれるのは小説ならではで心地よい。

    きっと、深夜ラジオやこの小説に救われる10代がいるのだろうと、明るい気持ちになる。

全108件中 1 - 25件を表示

明るい夜に出かけてを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

明るい夜に出かけてを本棚に「積読」で登録しているひと

明るい夜に出かけての作品紹介

『一瞬の風になれ』(本屋大賞受賞作)の著者、書下ろし! 青春小説に名作がまた誕生した。今は学生でいたくなかった。コンビニでバイトし、青くない海の街でひとり暮らしを始めた。唯一のアイデンティティは深夜ラジオのリスナーってこと。期間限定のこのエセ自立で考え直すつもりが、ヘンな奴らに出会っちまった。つまずき、人づきあい、好きだって気持ち、夢……若さと生きることのすべてが詰まった長篇小説。

明るい夜に出かけてのKindle版

ツイートする