明るい夜に出かけて

  • 673人登録
  • 3.58評価
    • (35)
    • (57)
    • (69)
    • (16)
    • (3)
  • 92レビュー
著者 : 佐藤多佳子
  • 新潮社 (2016年9月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104190041

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

明るい夜に出かけての感想・レビュー・書評

  • 今年11冊目

    久々の佐藤多佳子。
    仕事しながら聞いていた深夜ラジオ番組が題材になっていると聞いて急いで買い求めた1冊。

    実在する(した)ラジオ番組や固有名詞がバンバン出てくるので、小説の世界へ入りづらいなぁと思いながらも、知っていることが出てくる楽しみもあり、
    その中で実在しない小説上の人物の話が進んでいく不思議な感覚。

    アルコ&ピースのANNのえも言われぬ中2感。子供っぽいと思いつつもそのバカバカしさに気がつくと笑わされている。イタいと分かっていながらイタさを模索するハガキ職人とリスナーの一体感。深夜に一人なのに、一体感。

    ひっそりとした夜を照らすような深夜ラジオの明るさや暖かさは私も知っている。

    佐藤多佳子の児童小説は学生の頃よく読んだが、30代半ばには照れくさい。でも深夜ラジオと一緒で、照れくさいと一歩引きながらも、感動してしまう自分もいる。そういう場所に連れていかれるのは小説ならではで心地よい。

    きっと、深夜ラジオやこの小説に救われる10代がいるのだろうと、明るい気持ちになる。

  • タイトルがいいですね。そう言えば、自分はビートたけしのオールナイトニッポン、楽しみでした。

  • ぐわあ…そうね、ハガキ職人って憧れですよね…。
    オールナイトニッポンのすごさはあまりよく知らなかったけど、アニラジ…szbhが大好きだった身としては、あの謎の「つながっている感」を思い出さざるを得なかった…。
    うう、まさに紛うことなき青春…夜の片隅の青春である…。

  • トラウマ持ちの拗らせ男子大学生(ただし、休学中)がラジオの深夜放送やコンビニでのバイトを通じて成長していく青春もの。友情、恋愛といった要素の描かれ方がとても現代的。現代ではSNSなどを通じて簡単に人と繋がることができるけど、その繋がり方はたいがい希薄なことが多くて、でも、その中にも、本物の繋がりを得ることができるのかもしれないと、じんわり気持ちが温かくなりました。アルコ&ピースや深夜放送が好きな人ならきっと私以上に楽しめるんじゃないかな。

  • コンビニで、深夜バイトをする。来る客も、一緒に働くヤツもさまざま。
    〈ヘンなヤツよりフツーのヤツのほうが苦手な俺〉20歳の男子学生。
    深夜ラジオを聴きネタを送り採用される率が高い「ハガキ職人」でもある。
    仲間や周りの人たちに、とてもいい距離感を保ちつつ見守られている。
    そして、徐々に心を開いていく。

    分かるな、ということが多かった。
    好きなアーティストのラジオ番組へメールを送り
    読まれたときの達成感。
    アーティスト、リスナーと共有する時間が永遠に続けばいいと願う。
    そして、ふと訪れる現実。
    帰る場所があるから、またラジオを聴き
    メールを送りたくなるのかな。

  • 新聞屋さんに頂く雑誌ESSEのブックコーナーでオススメされていたので興味が湧き、図書館で予約してました。

    接触障害で自分に自信が持てず、社会にもうまく溶け込めない主人公は、深夜ラジオとコンビニのアルバイトで辛うじて社会とつながっている状態・・・
    このままではいけないことはわかっているけれど、どうしたらよいのか分からないともがくイマドキの不器用な若者たちの姿がリアルに描かれていて、普段接しないその世代の子のことが少し理解出来たような気になりました。
    実はみんなどこかで生きにくさを感じながら、それでも投げ出さず、自分なりに今を頑張ってる感じがよかったです。

    とはいえ読みはじめは深夜ラジオの専門用語がわからないし、普通の口語も2割くらい通じないし、アメーバピグとか、今のSNSも理解していなかったから、その世界観に入り込むのが大変でした。この子達はオタク系なのか普通なのか・・・今でもわかりません(苦笑)が、今の若者のコミュニティって、私からするとホント大変だー

  • Going Out int hte Bright Night~富山和志は大学休学中で金沢八景近くのアパートを借りてコンビニで働いているのは中学から高校にかけてラジオの投稿職人として知られていて、大学でお笑い系のサークルに入って告白してきた女の子とつきあい始めたのだけれど、キスを求められ、身体に触れられるのが嫌で、突き倒してしまった痛手を負ったからだった。店でも客に腕を触られて突き放して怪我させてしまった。25歳のバイト仲間の鹿沢は、接触恐怖症を女嫌いだと女性常連客に説明して、救われた。深夜にやってきた女子高生は、アルピーのANNの職人である虹色ギャランドゥだった。リスナー仲間だと判ると話しかけられるようになり、アパートを紹介してくれた高校時代の友・永川を含む四人の不思議な交遊が始まった。鹿沢はだいちゃという名で音楽をやっていて多少は知られた人間だった。佐古田愛の名門中高一貫女子校のパフォーマンス同好会に所属し、文化祭で発表する。彼女の作である「明るい夜に出かけて」は妙に心に刺さり、鹿沢は曲を作り詩作りを富山に依頼してきた。練りに練ってニコ生で流し、感動した富山は感想を述べに鹿沢のアパートに行った帰りに佐古田愛に出会い、ふらふらした生活をやめて大学に戻る柔らかに決心も芽生えたが、この生活をやめて佐古田愛との友情が終わるのも勿体ない。番組改編期が近づき、アルピーANNが終わりそうな雰囲気に心が騒ぎ出す…~ 迷いながら、夢見る奴もいて、病んでいる奴もいて、行き詰まっているようでしっかり仕事もしていて、家を抜け出すたびに叱れるJKもいて。それにしても、深夜ラジオに魅せられて、それが生活のリズムを造り、同じ趣味を持つ者が話を合わせる為に色々調べたり、映画を全部チェックしたり、ラジオ聞きながらLINEやtwitterをチェックしたり…忙しいね。失恋して大学休学したという奴を思い出した…しっかりしろよ!って話で腹を立てていたけど

  • ラジオをほとんど聞かないし、芸人さんも詳しくなく、「ハガキ職人」なんて呼び名があったんだーっていうくらいの私ですが、ポンポンとページがめくれました。全体的に若いなーというか、若い人向けかなあと、思ったもののね。人とのかかわり、変化、心情、本全体の世界がしっかりよく書かれてて、そこが佐藤さんのウマさでしょうか。

  • 山本周五郎賞受賞作ということで手に取りました。
    がっつり深夜ラジオ小説!
    アルコ&ピースのANNを聴いていなかったので、逆に興味がそそられた。面白かったんやなあ。
    今やってるラジオを聴いてみようと思いました。

  • 完読挫折本。深夜ラジオを聞かないからか、話には入れずつまらない

  • コミュニケーション障害?を持つ大学休学中の男の子が、ラジオのハガキ職人である変わり者の女子高生と出会い、ラジオやコンビニバイト、学祭などを通じて、自分の中の問題と向き合って行く物語。取り巻く友人やバイト仲間もそれぞれに個性的だけれど、自分の中にどこか共感する部分もあって、遠い人たちには思えない。

    爽やかだけど、ちゃんと何かを乗り越える。暗くて重くなりそうな話題も風通しがいい感触。
    「青春」だなぁ。タイトルもぴったり。

    ラジオの描写がとってもリアル。実際のラジオ番組名やコーナーがたくさん出て来て、ラジオ好きにはたまらない。ツイッターやインターネット、LINEなどもたくさん登場するので、「今」実感して楽しめる小説。

    アルピーのann聞きたかったなぁ。皆んなで作っていくラジオの面白さ、ハガキ職人の情熱に、佐藤多佳子さんてこんなにラジオ愛があるんだなぁ!と感じ入ってしまった。

  •  かつて深夜ラジオ族だった私には、わかるなぁ~という空気感のある作品でした。
    聴きたいラジオ番組の時間のブッキングに悩んだり、雑音混じりのお喋りを聴き取ろうとラジオを持って部屋の中をウロウロしたり…そんな事を懐かしく思い出しました。 
     この作品、アルコ&ピースさんはどんな感想をもったのでしょう。気になるところです。

  • アルピーのラジオを聴いてないから内輪ネタ感がすごかった
    たぶん、僕も深夜ラジオを聞いてるからこその疎外感なんだろうな
    オードリーなら聞いてるんだけど

    いびつな奴らが簡単に出会えるのが今の時代なんだろう
    生きにくい人達が集まれるのは生きにくい人には嬉しいのかな

    僕はSNSは好きじゃないけどSNSで仲良くなれるのは羨ましいな

  • 上手く世渡りしていけるように、
    少しでも損をしないようにと生きているはずなのに
    周りと上手く付き合えなくて、人生遠回りばかりしているような人物を好ましく思うのは何故なんだろう。
    主人公の男子大学生(一応)の心情がビシビシと伝わってきて胸が苦しくなりました。

    SNSなんてどこにも存在しなかったその昔
    夜中に一人で起きていて、不意に孤独感に襲われると真っ先に手を伸ばすのはラジオだった。
    こんな真夜中に起きているのは私だけじゃない、
    他にもどこかで誰かがラジオを聞いて笑ってる人がいる。
    それだけで、見ず知らずの人たちに勝手に連帯感を感じ
    一人ぼっちでいても淋しくなかったのだ。

    いつでもどこでも誰かとつながれる
    本当は孤独を紛らわせてくれるはずのネットの世界が
    簡単に人を追い込んでしまう今日この頃。
    あの真夜中のラジオが運んでくれた淋しさの中の安心感を
    久しぶりに思い出したのでした。

  • ジョージャクソンのステッピングアウトという曲を思い出した。正確にはその曲のPV。その頃、多分1980年代前半、まだ日本では殆どPVなんて誰もつくってなくて、確か夜中にやってたベストヒットUSAで見た。そのPVの感じが蘇ってきて、作中の演劇→言葉→歌と互いの作品がどんどん新しいものに影響していく中に、そのPVもつながっているような不思議な感じに囚われた。個人的な体験が芋づる式に蘇らされて、それを可能にするのは、やはり優れた作品なんだと実感。

  •  素敵な小説でした。優しい夜に、深夜ラジオの明るい光が灯ります。若者はたくさんの悩みを抱えて生きているけれど、そんな悩みが素直につづられ、そして全てを受け止めてくれる作品です。辛くなったら、いつでも夜に逃げ込めばいい。そう思わせてくれます。

     夜の優しい雰囲気が好きです。「ゆるされている」雰囲気。そして、久しぶりにラジオをつけると、以前と変わらぬ番組があって、全てを受け止めてくれるようでした。ラジオの魅力を改めて想います。久しぶりにラジオをつけさせてくれたこの小説には感謝でいっぱいです。

  • 都会の夜は明るすぎる。

    全てのことに意味がなきゃいけないか?

    留まった事で手を取り合って
    次、思い出せるように、思い出をつくろう。

    ラジオはそんな場所だ。

  • ずーっと主人公の言葉で進むのに、最初は慣れずに読みにくいかも…って思ってたけど、文化祭に行った辺りから、みんなの本心が漏れてきて自然に感情移入出来てきた。
    ただただ実際のアルピーのANNがどんななのか気になるだけだったのが(笑)自然とそれを取り巻く人たちの心が見えてきた。

    そうなんだよな。他の人には取るに足りないようなことでも、自分にはとてもとても大切なことってたくさんある。

  • お笑いも深夜放送も、ほとんど知識がなかったけれど引き込まれた。
    そんな世界があるんだなあ。
    読んでいて佐古田がかわいく思えたし、鹿沢はカッコいいし、永川はいいやつに思え、そして富山の変化が嬉しくなった。

  • いつもながら生きるのが下手な若者の話を描いたら佐藤多佳子はうまいよなあ。リアルタイムの話であまりにリアルなのでついていけないところもいっぱいだったけど、全体の流れや心情はよくわかるので大丈夫。おもしろかった。

  • オールナイトニッポンのアルコアンドピースをよく知らないので、よくわからなかった。
    コミュ恐怖症の主人公がラジオのリスナーを通じて友情を育んでいく?かんじ。

  • 夜のコンビニにいる人達の柵のない繋がりに、ラジオ深夜放送の繋がりがあって。。。 
    残念ながら今は深夜放送を聴かない身には分かりにくい話の数々ではあった。
    深夜放送を熱心に聴いていたのは高校時代だった気がする。言葉、音楽の繋がりが敏感に伝わってくる。

  • 人は皆、程度の差こそあれコミュニケーションに不安を持っているのではないか。
    深夜放送が教室で話題になっていた頃に中学高校時代を過ごした者として、またちょっと放送を聴いてみたくなった。

  • 佐藤多佳子さんでした。久々に浸れて満足です。

  • どこから佐藤多佳子の青春ものになるんだろうと考えていたら、いつの間にかなっていました。
    とても楽しいお話でした。

全92件中 1 - 25件を表示

明るい夜に出かけてを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

明るい夜に出かけてを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

明るい夜に出かけてを本棚に「積読」で登録しているひと

明るい夜に出かけての作品紹介

『一瞬の風になれ』(本屋大賞受賞作)の著者、書下ろし! 青春小説に名作がまた誕生した。今は学生でいたくなかった。コンビニでバイトし、青くない海の街でひとり暮らしを始めた。唯一のアイデンティティは深夜ラジオのリスナーってこと。期間限定のこのエセ自立で考え直すつもりが、ヘンな奴らに出会っちまった。つまずき、人づきあい、好きだって気持ち、夢……若さと生きることのすべてが詰まった長篇小説。

明るい夜に出かけてのKindle版

ツイートする