いちまき: ある家老の娘の物語

  • 52人登録
  • 3.44評価
    • (1)
    • (2)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 中野翠
  • 新潮社 (2015年9月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104193028

いちまき: ある家老の娘の物語の感想・レビュー・書評

  • これは小説ではありません。
    著者・中野翠が父親の遺品整理をしていて見つけた曾祖母の手記。
    そこに記された維新前後の一族の人生。

    関宿藩の江戸家老の家に生まれた曾祖母。
    生まれた場所は桜田門外。
    佐幕派だった父親は幼い主君を連れて身を隠し、戊辰戦争後は静岡で教育者として生きる。

    歴史に翻弄され、住まいも名前すら転々と変えながら生きた高祖父(曾祖母の父)。
    その人生は歴史小説を読むように面白い。
    そして歴史小説並みに有名人が顔を出すのである。

    「いちまき」というのは血族の一団という意味なんだそうだけど、血族の親族もまた血族だと言わんばかりに繋がっていく縁。
    まあ昔は子だくさんでもありましたから、あっという間に縁が広がっていくものだったのかもしれないけど、それにしても文学者、画家、教育者など有名文化人にゆかりのある人が多い。

    もともと高祖父は千葉の佐倉出身で、関宿藩の木村氏のもとへ婿入りした身であるので、佐倉の親族からは潜伏中にいろいろと力になってもらったらしい。
    佐倉は江戸時代の文教地区と言ってもいい場所で、文化系に強いのは血筋なのでしょうか。
    佐倉や関宿は、詳しくはないなりに多少の土地勘があるので、この辺も面白く読んだ。

    この本は新聞の書評で知ったのだけど、これを雑誌に連載していた時に書評家(狐)さんと中野翠が遠い遠い親戚だと判明したと書いてあったのを読んで興味を持ったのだった。
    一族みんながすっごい読書家だなあと思って。

    読みやすいし面白かったんだけど、雑誌連載分に大幅に手を入れ構成を変えたらしいけれど、同じ出来事が何度も繰り返し出てくるのでちょっとくどかったな。

  • 著者のファミリーヒストリー。
    桜田門内で産まれたという曾祖母の中野みわの写真が印象的。目力があり端正な顔立ちの老婦人が着物姿で正座してカメラをまっすぐ見据えてる。
    遠戚にあたる山村修氏のエッセイも読んでみたい。

    この本を読んで知った”依田学海”興味深し。
    理知的でしかも無邪気な人柄、けちくさいところがなく物にこだわらない…。著者も好きにならずにいられない人じゃあないかと書いている。
    森鴎外の漢文の先生もしていたらしい。

    あーでも中野いちまきもそう遠くない将来無縁仏になってしまうのかぁ。(お兄さんは娘がいて妹は嫁いで、著者は独身)

  • ひいおばあさんや家系を調べた 小説ではなかった

  • すごいご先祖様を持つと本が書ける!

全5件中 1 - 5件を表示

いちまき: ある家老の娘の物語を本棚に「読みたい」で登録しているひと

いちまき: ある家老の娘の物語を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いちまき: ある家老の娘の物語を本棚に「積読」で登録しているひと

いちまき: ある家老の娘の物語の作品紹介

曾祖母が江戸家老の娘だったなんて! 自らの一族の流転の歴史を辿る。まさか私がルーツ探索にはまるとは。父の遺品整理で曾祖母が遺した手記を見つけ、ファミリーヒストリーを探る旅が始まった。桜田門、関宿、沼津、青山、佐倉、上野、浅草。幕末の戊辰戦争の逃避行に始まる一族の歴史を調べていくと、いつしか先祖が身近に感じられ、はるかな子孫の私に繋がってきた。自らのルーツを辿る感動の物語。

いちまき: ある家老の娘の物語はこんな本です

いちまき: ある家老の娘の物語のKindle版

ツイートする