夫婦茶碗

  • 246人登録
  • 3.55評価
    • (28)
    • (33)
    • (70)
    • (4)
    • (4)
  • 36レビュー
著者 : 町田康
  • 新潮社 (1998年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104215010

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

夫婦茶碗の感想・レビュー・書評

  • 表題作の夫婦茶碗はつまらない。一緒に掲載されている「人間の屑」はおもしろかった。特に前半は続きが気になってどんどん進みました。小松やミオに出会ってからが失速したかなあ。

  • こういう観念が奔逸する感覚、自分にもあったように思う。
    だいたい中2くらいの頃(笑)。
    決定的に違うのは、語彙力、表現力。

    『人間の屑』の方はちゃんとまとまってるので、娯楽性も高いです。
    けっこう笑ったー。

  • 家庭のために右往左往してもがく男を描いた「夫婦茶碗」と「人間の屑」の二つの話。 どちらもロクデナシな男だが、違う感覚ではあるけれど、どこかで家族を想っている様が愛らしい。

  • 再読。「人間の屑」、町田作品の中でもかなり好きでたびたび読み返しているが、やはり便所で主人公が清子の写真に話しかけるところがマックスでクズだと思います。
    「夫婦茶碗」は「人間の屑」ほど屑じゃない無職男の思考の奔流。
    「男は黙ってメルヘン」とか、アンデルセンのくだりとかテンポよく笑える文章が最初から最後までずらりと並んでいる。
    私も今年は「茶柱を立ててこます」の勢いで頑張ろうと思う。

  • リズムのある文体ですらーっと読めた。「夫婦茶碗」も「人間の屑」も、主人公はちゃんとした職に就かずふらふらしている。ふらふらしているけれど、自分なりにうんうんと悩みながら苦しみながら嘘をついて誤魔化しながら生活をしている。なんとかしようと決意をしてもすぐに揺らいでしまう。みんながしている当たり前のことができない。そのくせいろんなことにこだわりを持ってわがまま。本当に馬鹿だから笑えてしまう。小説で笑ったの久しぶりだったかも。
    唐変木或は馬鹿。
    これ、わたしのことを言われているみたいだな。
    でも、わたしは卵の順番なんて気にしたことなかったけども。

  • 文章の語り口調がリズムに乗っていて、一気に吸い込まれてしまうんだよ。

  • 貸してくれた方いわく、
    「読みながら笑っちゃったょ。」

    どこも笑えなかった。
    駄目人間の生き様を書いた内容だった。
    ストーリーもあるのかないのか。
    よく分からなかった。

  • 笑える。
    けど、どこか異様な世界。
    線路はその象徴。
    再読。

  • 「人間の屑」の主人公がまさに人間の屑でした。なのに読後感はさっぱりなのが不思議。

  • 町田康と町田町蔵はどちらのほうが才能があるか?
    海外文学に行き詰っていたときに読んで目が覚めた本。
    とにかくこの人の言葉の流れにはまってしまった。
    河内弁、いいなあ。

  • カビ臭いお話。

  • 男目線なのかもしれないが、この夫婦はある意味で楽しいと思った。

  •  とてつもなくどうしようもない。読みづらいし、何の足しにもならない。笑っちゃうけどさ。

  • しあわせになれるといいね。きっと無理だと思うけど。

  • 初めて読む作風。そもそもバンド「INU」の元メンバーであり、芥川賞作家・町田康の作品を読むのは初めてだったが、衝撃のようなものを受けた。文章がパンクなのだろう。堕落というものを、この本で感じることが出来る。
    堕落は堕落でも僕は『夫婦茶碗』より『人間の屑』の方が好き。
    筒井康隆の解説も面白い。

  • 期待しすぎたようです。人気がある作品と聞いていたのですが・・私にはわからなかったです。全く感情移入出来ず終わったという感じでしょうか

  • 通学の電車でちょっとづつ
    だいぶゆっくり読みました。


    主人公が面白い。
    独特な感じが個性的で
    時に同感したりもして
    非常に楽しかった。

    あれだね、
    時間を忘れるって
    こういう事なんだね。


    難しい漢字もあって
    読むのに苦労した時も
    あったけど楽しめました。

  • 金がない、仕事もない、うるおいすらない無為の日々を一発逆転する最後の秘策。それはメルヘン執筆。こんなわたしに人生の茶柱は立つのか?!あまりにも過激な堕落の美学に大反響を呼んだ「夫婦茶碗」。金とドラッグと女に翻弄される元パンクロッカー(愛猫家)の大逃避行「人間の屑」。すべてを失った時にこそ、新世界の福音が鳴り響く!日本文芸最強の堕天使の傑作二編。

  • 表題作より「人間の屑」。文学史に残るべき名作です。

  • とても趣味のいい、かっこいい(ある意味では変わってるのかもしれないけど)友人の好きな作家なので、読んでみた。
    独特の文章、言い回しに引き込まれる。

  • はじめて町田康のエッセイを読んだとき、その文体のリズムに乗れなかった。芥川賞をとった、というので読みはじめたけれど、やはり入り込めなかった。が、ある日ふと読みはじめたら、つるつると入り込んでいった。こうなるとまるで中毒である。つぎつぎと読み漁っていったのは、いうまでもない。

  • 金がない、仕事もない、うるおいすらない無為の日々を一発逆転する
    最後の秘策。それはメルヘン執筆。こんなわたしに人生の茶柱は立つ
    のか?!あまりにも過激な堕落の美学に大反響を呼んだ「夫婦茶碗」。
    金とドラッグと女に翻弄される元パンクロッカー(愛猫家)の大逃避行
    「人間の屑」。すべてを失った時にこそ、新世界の福音が鳴り響く!
    日本文芸最強の堕天使の傑作二編

全36件中 1 - 25件を表示

夫婦茶碗を本棚に「読みたい」で登録しているひと

夫婦茶碗を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夫婦茶碗を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夫婦茶碗のKindle版

ツイートする