余命

  • 136人登録
  • 3.54評価
    • (16)
    • (29)
    • (43)
    • (7)
    • (1)
  • 41レビュー
著者 : 谷村志穂
  • 新潮社 (2006年5月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104256037

余命の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読了日2010/05
    松雪泰子さん主演の映画の原作。
    やっぱり、谷村志穂さんの本は好き。静かな本です。

    乳がんの再発を隠しながら子どもを出産する、出産までの心の揺れ、葛藤、夫婦のすれちがい、誰にも相談できない苦しさ。とても激しい、切ない物語だけど、大号泣するような感動ではなく、静かに心にしみ入るような物語です。

    乳がん検診を一度もしたことがないので、しなきゃ!!

  • 読み始めた段階でおおよそのストーリーは想像できた。
    ただ、思っていたよりも淡々と話は進んで行った。
    主人公が医師だから成せたことも多く、一般人ではこうはいかないだろうなぁ。
    ストーリー的には病気と出産を並行させる事に主軸があり、末期のことは箇条書き程度なのが残念。
    そこも医師としての目で感じたものを知りたかったし、夫や物心のついて来た子供の様子も知りたかった。
    サラッと読み進められる一冊だった。

  • 外科医の滴は結婚10年目。
    念願の妊娠を果たすが、それと同時に乳がんも再発していた。

    出産か延命治療か。
    私でも出産を選ぶと思う。自分の命と引き換えに子供を殺すなんて出来ない。どんなにきれいごとだと言われてもいい。子供が自分が生きた証になってくれれば。

    なまじ医者だから自分の病状が分かって辛いだろうなと読んでいて思った。自分の余命があとどのくらいなのか。分かっていても他の人に聞いてしまう。その気持ちも分かる。

    辛い物語。
    でも最後に奄美の風を感じた。

  • 谷村志穂さんの本は初めてで、どんな文章のタッチなのか探るように読み始めたけれど。
    序章からすぐに物語の世界へすとんと入り込めた。

    題名からある程度内容は予測していたものの、癌と戦うよりも子どもを選んだ女性の生き方が切なくて。読み進めるほど悲しみが増していくのに涙が流れ落ちながらも、とめられない。
    夜中の2時過ぎまで読み耽ってしまった。たぶんそこを通して描かれる人達に希望があって、優しさに満ちているからだと思う。

    どうやら昼ドラにもなったらしいがキャストがとても気になる。毎日これ見てたら心がもたないような…。

  • これは。。。タイトルからして覚悟して読み進めたものの。。。

    何回も涙が出ました。

    号泣というよりは、ダラダラ出るという感じ。

    乳がんを 抱えたまま 初めての妊娠。

    新しい命と限りある命。

    やっとできた子を諦めろと言われたくないため
    再発したと 誰にも言わず
    不安を抱えたまま 子供を産む滴。

    どれだけ生きていられるだろうとか、
    切なすぎる。。。

    けど、傍らにいつもいる良介が
    かなりいい。

    なんというか、静かだけど
    強く支えてて、こんな旦那さんが
    ほんとにいたら いいなぁと思った。

    悲しい話だったけど、
    なんか すごいよかったです。

    成長し瞬太の性格もいい感じだったし。

    結構 好きな話です。

  • 昼ドラマを見て原作を手にとりました。
    やっぱり原作のほうが人間らしさがあるなーと思いました。
    ドラマはとってもきれいにまとめられていて・・・
    それでも音楽とともに見ていると涙していました。
    命の尊さと夫婦の在りかた、医療の現場といろいろ考えさせられた。

  • 死を美化することも過剰に悲劇的であることもなく、妊娠・病魔の狭間で葛藤する主人公がただ淡々と描かれている。言うなれば妊娠から出産にかけてと癌の描写が共に詳細に渡って生々しいので、生と死のコントラストが印象深かった。
    ドラマティックなことは特に起こらないが、にも関わらずラストは静かな感動を呼ぶ。

  • 自分の命を削る代わりに、子供の命を育む女性。
    結構ありふれた話しであるが、引き込まれる。
    作者が女性ということもあり、女性目線での書き方がうまいのか?

  • ぶっちゃけこの作家さんの文章あまり好きじゃない!って思ってた。けど、昼ドラの影響で読んでみたらコレはなかなか良いかも!自分も子どもを持ったせいか、かなり感情移入して読んでしまった。あまり先入観持たずに他の作品も読んでみたい

  • 年越しで読む本ではなかったかなぁ。重たい本だった。
    トシを取ってきていろいろとあちこち故障が出てきている時に死に関わる本を読むというのはつらいなぁ。若い頃だったらまったくそんなことを思わなかったのに。つい自分がそうだったらと身を置き換えてしまうからだろう。死が身近なことになってきているんだな。
    主人公 滴のように生きられるんだろうか。わたしだったら絶対にもっとみっともない生き方になるんだろうな。

全41件中 1 - 10件を表示

谷村志穂の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

余命を本棚に「読みたい」で登録しているひと

余命を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

余命を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

余命を本棚に「積読」で登録しているひと

余命のKindle版

余命の文庫

ツイートする