日蝕

  • 436人登録
  • 3.12評価
    • (18)
    • (37)
    • (110)
    • (24)
    • (12)
  • 60レビュー
著者 : 平野啓一郎
  • 新潮社 (1998年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104260010

日蝕の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ちょっと中身のないレビューを綴ります。


    わぁこの人とは友達になりたくはないな…でも遠目に観る分には申し分なく面白い人なのではないか…というにのが私の平野氏の印象。
    ナルシシズムに満ちた作品だなと云うのが最初の印象。

    発表当時はとてもじゃないけど読めなかった。

    今読んでみると、あれ、結構物語自体はシンプルなのね。
    ナルシシズムの下に隠れた普通の顔が浮き彫りになる感じがして、やっとこの物語の全容をつかめたなという感じです。

    これが処女作と思えば挑戦的なその姿勢に敬服するけれど、でも三島の再来というのはちょっと云いすぎだし、懐古的な表現の殻を破ればありふれたとまではいかなくても、読める物語です。

    ちょっとこんなテイストのものだって読めるのさ…と浸りたい時にはもってこい。

  • この平野さん「三島由紀夫の再来」って言われてるらしいけど、その呼び方はちょっとなー・・・。
    文体からすると三島由紀夫より森鴎外風だと思うんだけど・・・。絶対本人も森鴎外を意識してると思います!
    それに「三島由紀夫の再来」はモデルと結婚したりしたらダメです、イメージ的に。「三島由紀夫の再来」にはプライベートでもストイックであってほしいです。と、本人に関係なく勝手に呼ばれている称号に対してケチつけても仕方ないのですが(笑)。

    重厚な文章は読み応えがあって好きです。難しい漢字が多様されている上に文体が漢語調だというのに、ちゃんと中世ヨーロッパの雰囲気が出てるのはすごい。横文字が極めて少ないのにヨーロッパ。

    頭がいいのは認めます。しかもマジで京大生っぽい理知的さ。
    だけど、「計算」して書きました、みたいな感じが出すぎててちょっと興ざめ。
    村の様子なんか「計算」が見えすぎて完全にファンタジー小説かRPGみたい。
    書き込まれているようで書き込まれていない登場人物のキャラクターも何だか勿体ないし。
    成長とか救いの見えないエンディングもよく分からない(人は神=自然の法則を越えたいあるいはそれを壊したい欲求を捨てられないってこと?)。
    文章はいいし、テーマもおもしろいのに、欲求不満だ〜〜!!

    何よりおかしいと思うのは、中盤盛り上がり(と想定される)の森から洞窟のシーン。
    ピエェルはろうそく一本、隠れながらあとを追いかけピエェルを観察するこちらは灯りなしだというのに、あんなに克明にピエェルがどうしたこうした、ってわかんないでしょー、普通。
    いかにも明るいのが当たり前の生活してる現代人が書きました、って感じ。
    中世の森なんて漆黒の闇でしょ。その闇のなかで怪しげな儀式、暗くてどんなことやってんのか分かんなくて、妖しさが倍増、ドキドキ!っていうのが面白いのでは。
    作者には谷崎の「陰翳礼賛」か夢枕獏の「陰陽師」シリーズを読んでもらいたいところですね。

  • 地元県の高校が出身校とは知らなかったけどかつて最年少での芥川賞とか。興味深くて読んだけどちょっと読み辛くて「マチネの終わりに」が素敵なだけに別人かと思ったくらい。結構読むのに力が要る本でした。

  • 三島由紀夫の再来、といわれた作者。
    確かに映像が浮かぶような読みやすい文体は素晴らしい。
    執筆当時学生だったとは思えないような雰囲気。

  •  焰は、錬金炉の部分となった肉に異質感もなく食い込んで肉の裡より顕現し、儀式的な型を付与され高められた正餐は肉に入るより以前に早く既に同質性を獲得し、感情に因って徒に脂肪の附いた肉は理性の鞭杖に因って鍛えられ、一握りの小さな物質に触れながらこの世それ自体と直に接し、肉は唯肉の原理に因ってのみ生き、そして死の後に訪れるべき腐爛を容れる。

    『世人と交り、彼との間の遣取が一向に儘ならぬ時、私が更なる詞を以て理解せられるを求めむとせぬのは、啻に煩を厭う故のみではない。その為に費される膨大な詞が、私には徒ごとのように思われるからである。(略)。加えて、世人の無智が、全体私の理解せられることへの希望を絶ってしまう。これは人をして、私を驕慢と云わしめる所以の心情である。しかし、敢えて反駁するならば、この驕慢は、別段独り私にのみ存するものでもあるまい。斯云うのは、私よりも遥かに学識に優れた者の為には、私に解されむとする努力も亦、等しく虚しいものであろうと想われるからである。──』57頁

  • 血湧き肉躍る登頂的体験

  • 凡庸なストーリーを小難しい文章で覆うと、芥川賞が穫れるらしい。

  • う〜ん。読みにくいし、感銘を受けなかった。
    芥川賞の授賞作って、良さが理解できないことが多い。私の資質の問題ですかね・・・

  • 人間関係というものがほとんど描かれない本作は、一人の男の思索を延々と追うもの。その意味では、キリスト教の神学好きな人以外には普遍性をもたない面白さ。
    中世フランス、錬金術と魔女狩りの世界。
    文章、テーマも古典的。つかれた。
    ラストは揺さぶられてきます。

  • 第120回芥川賞受賞作。15世紀フランスが舞台。文章は擬古的な文体で出てくる漢字も難しい。詳細→http://takeshi3017.chu.jp/file5/naiyou19401.html

全60件中 1 - 10件を表示

平野啓一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

日蝕を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日蝕を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日蝕の作品紹介

異端信仰の嵐が吹き荒れるルネッサンス前夜の南仏で、若き神学僧が体験した錬金術の驚異、荘厳な光の充溢、そして、めくるめく霊肉一致の瞬間…。本作の投稿で「新潮」巻頭一挙掲載という前代未聞のデビューを飾った現役大学生が聖文学を世紀末の虚空に解き放つ。

日蝕の文庫

ツイートする