沼地のある森を抜けて

  • 1223人登録
  • 3.54評価
    • (130)
    • (169)
    • (349)
    • (39)
    • (8)
  • 202レビュー
著者 : 梨木香歩
  • 新潮社 (2005年8月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (406ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104299058

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

沼地のある森を抜けての感想・レビュー・書評

  • ホラー風味のファンタジーだと思ったが、読み進むにつれて、宇宙的というか、生命の起源的なお話になった。

    フリオと光彦のあたりは理解しやすいが、間に挟まれる「シマの話」は、自分勝手に理解しても良いのだろうか…
    まだ生殖ではなく分裂で種族を増やしていた何かの記憶?

    連綿と続く命や時間の流れの中では、必ず、突然変異はおこり、変化がはじまる。
    変わらないものなどない。
    しかし、その根底に流れつづけるのは、終わりたくない、命を存続させていきたいという本能。

    何かが終わったのだろうが、終わることによって新しい物が生まれた。
    たとえば、湿って腐りかけた重い衣を脱ぎ捨てて新しく生まれ変わったような、すがすがしいラストだった。

  • 主人公が亡くなったおばから、家宝の「ぬか床」をもらうところから話は進む。途中から2つの話になり、つながる。非常に面白い。菌と進化と生命と。話が広くて驚く。

  • SFなのか伝奇なのか、ちょっと不思議な物語。
    そんなに強調されているわけではないけれど、最近そういう本を読んでいるので、生殖とは何か、性欲とは何か、みたいなテーマを感じた。
    子供なんて欲しくないと思っていたのに、いざ無邪気にふるまうこどもが現れて。
    恋人なんて欲しくないと思っていたのに、いざ気持ちを通わせる男性が現れて。
    だからといってそれが手に入る訳でもなく、零れ落ちていく訳でもなく。
    気持ちに正直になるとか、流れに身を任せるとか、冷静であり、自失でもあり。

    すごく不思議な雰囲気で、何がどうなっているのか知りたくて流し気味に読んでしまったけど、読み返したらもっと発見がありそう。

  • 前半のぬか床から人が生まれるミステリーがおもしろかった。
    後半は、生命の神秘のあれやこれやが難しい。

    身も蓋もない言い方をしてしまえば、枯れた女と枯れた男がやるまでの話。

  • たくさんの未接触だった知識の中に垣間見えるファンタジーな要素と、身近なぬか床の秘密が不思議だ小説でした

  • 初めて梨木さんの作品を読みました。
    奇妙なぬか床の世界と、現実が混ざってくる感じは読み進められたのですが……

    終盤がどうもすっきりしない終わり方に感じました。

  • 代々に渡るぬか床を受け継ぐ主人公は、ただならぬ事件からこのぬか床をルーツとも言える離島に返す旅にでる。
    地球上に生命が産まれてから、累々と続く生命の形の変容。植物を育ててみると日常に感じる不思議の数々。突拍子もない話のようだが引き込まれるのも、生命の不思議を感じていたこともあるかもしれない。読者の好みで感想の大きく分かれる作品かも。

  • ぬか床から湧いて出てくるヒト。その謎とは?
    体力・知力に余裕があるときにもう一度読もう。
    概要を全く知らずに読み始め、あまりにも壮大な
    ロマンに圧倒され、ため息交じりに読み進め、
    後半は意味不明。
    でもでも評価が高い本と作者なので、きちんと背筋を
    伸ばして読んだら、きっと何かわかるはず。
    とりあえず、読了。

  • 沼の再生と同調するように久美と風野が結ばれるクライマックスシーン。
    即物的な表現を排した美しい描写ながら、強烈なエロティシズムを感じる。
    それは、エロティシズムというものが生命活動の根源としての男女の交わりの本質的な部分からもたらされるものなのかもしれない。

    久美が奇妙な先祖伝来の糠床を叔母から受け継ぐことから始まる物語は、父祖の地の枯れた沼に糠床を返すことにより幕をおろす。
    一旦は自己の性を捨てた男女が出会い、協力して沼の再生に手を貸す過程で連綿と続く命のつながりの奇跡に目覚める物語。
    命の大切さ、生命の連鎖の最先端に立つ自分という存在、未来を見つめて生きることの意味を教えてくれる物語だ。

  • ぬか床ホラー小説という新ジャンルを生み出してくれた感じの…。
    地味に怖かったです(笑)
    話の初期のほうに登場していた幼馴染の正体だとか、
    最終的におねえっぽい彼と幸せになることを祈ってます…。

  • 亡くなった叔母の住んでいたマンションに引っ越し
    ついでにぬか床も譲り受けた化学メーカーの研究室に勤める久美。

    ある日突然ぬか床に出現したタマゴ。
    タマゴから出てきた人の子「光彦」、幼馴染のフリオ

    先祖代々続いているぬか床からあらわれる人たち
    かつて家に出入りしていた人たちの記憶
    ぬか床のせいで亡くなった両親と叔母。

    叔母と接点があった風野さんとともに、ぬか床の真実を求めて先祖がかつていたという島にむかった久美。

    ぬか床の人たちは生と死がうやむやな状態で、まさに湧いて出てくるという表現がぴったりな存在で
    だけど生物っていうものは雄と雌がいてこそ子孫が続いていくものだ、
    「生まれておいで。顔を上げて、生まれておいで。輝く、生命よ」

    不思議な話。白銀の世界の話は世界の終りハードボイルドっぽかったけれど、繋がりがよくわからなかった。

    長かった~。結局よくわからなかったっていうのが正直なところ)^o^(

  • 亡くなった叔母から引き継いだ、家宝の「ぬか床」からある日、卵が生まれて…、という、奇想天外な(川上弘美系の)話かな?と思ってたら、粘菌を飼う無性別な同僚やら、別の世界とおぼしき「僕」の話が挿入されてて…。

    と、不思議なことだらけなんだけど、どこかへ向かおうとしてるらしい、大きな流れを感じさせるのが気になって、夢中で読みきった。

    終盤に向かって過去が明かになり、話が転がり始めると、ちょっとした冒険ファンタジーのよう。
    合間に挟まれる、なにかの細胞らしい「僕」の話もどうやら本筋と関わってくるのかな?と、村上春樹の「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」みたいでもあり。

    前回、五年程前に読んだときは「この人にしてはすっきりしない、ただただ不思議で分かりにくい本だったなぁ」と思ってたけど、今回は全く印象が変わっていた。
    これを書く背景になったぽいエッセイも読んで、バックグラウンドを理解して読んだからかも。

    そういうことって大学のときにあったなぁ、と思い出した。
    二回生で受けた時はさっぱりわからなかったある授業が、なりゆきでその教授のゼミに入って学んだあとで下級生に紛れてもう一回受けてみたら、ああ、こういうことだったのか!と別人みたいによくわかるようになってて驚いたんだよなぁ。
    文脈、大事。

    こないだのゴッホのに「○○(町の名前)に行くには鉄道に乗ればいい。それなら星に行くには死に乗ればいい」という言葉があって、よくわからんが宮沢賢治の銀河鉄道の夜みたいだなぁ、と思って覚えていた。
    それを理解する助けになる部分がこの本にあった。

    話中話(って言葉ある?)に、ひとつの細胞と思われる「僕」が他の細胞「僕たち」と違って独自に考える力を持つようになり、他のシマ(個体?)の「シ」という名前の細胞と結合して消える、というくだりがある。

    シに出会う前に、「シは終わり?」と聞いてるので「死」だとすることもできるけど、少し違う。
    飲み込まれたんだか結合なんだかよくわからない手段で二つがひとつになり、個としての僕は死ぬけど、新しいひとつになる、ということだと気づいた。そうするとシが雌だというのにも納得。

    「僕たち」は単一生殖で増殖する細胞だったけど、その中で異質な「僕」が発生して、初めて単一ではなく雌雄で生殖するように進化した、という話なんだろうな。

    ゴッホの死に乗って星へ行く、というのも、死によって個ではなくなって、宇宙全体と一体になる、と解釈すればなんかわかるかも。

  • ぬか床から人が出てくるところが怖かった。最後に沼に行き、新しい生命の想像ができたのか?その後どうなったのか?謎

  • 不思議な物語。不思議で不可思議で、けれどとても愛おしい気持ちが読後に溢れる。だから余計、不思議な物語だ。

  • 始まりは「ぬか床」だった。先祖伝来のぬか床が、呻くのだ。変容し、増殖する命の連鎖。連綿と息づく想い。呪縛を解いて生き抜く力を伝える書下ろし長篇。
    ----------
    現実と虚構が入り混じりすぎて
    ちょっと読むのにしんどかった作品。

    主人公の女性が不思議なことに立ち向かう強さが強すぎてびっくり。
    日常で不思議なことがおこったとき
    ここまで受け止められるのかしら。

    梨木さんの本のわりには、後味がいまいちだった。

  • うーん、長かった。
    そして私にはよくわからなかったなー。
    ぬか床って大変ね。

  • ワークショップ「境界に遊ぶ」:“本日の一冊”本

  • 附属図書館で。
    愉快に始まったように見えた話は、壮大で荘厳に。まだしっかりとは捉えられなかった。要再読。
    ジョーカーにやられなかったのは、風野さんがいたから。でも風野さんもぬか漬けを食べていたのだから・・・。分からなくなってきた。
    かつて風に靡く白銀の草原があったシマの話 も始めはタモツくん達のことを指しているのだと思っていた。確かに、それもそうかとも思うが。ロックオープナーが水を入れ、シと出会うことでそれは。だからやっぱり。
    何につけても要再読。

  • 誰かといる事でより一層際立つ孤独。自分と他人を隔てる境界線のようなものを皮膚、とも細胞壁とも、壁とも呼ぶのかもしれない。どうして大切な人のそばにいるとそうでない時よりもずっとずっと寂しいのだろうと思っていたけれど、なるほど確かにそれはたったひとつの細胞だった元始の命が抱いた、祈りにも似た願いのせいだったと考えるのはとてつもなく魅力的な事に思える。「生まれておいで 輝く、生命よ」この言葉がぬか床に埋まっていた。すごい。

全202件中 1 - 25件を表示

沼地のある森を抜けてを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

沼地のある森を抜けてを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

沼地のある森を抜けてを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする