鳥と雲と薬草袋

  • 544人登録
  • 3.50評価
    • (22)
    • (44)
    • (63)
    • (11)
    • (3)
  • 74レビュー
著者 : 梨木香歩
  • 新潮社 (2013年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (137ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104299089

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

鳥と雲と薬草袋の感想・レビュー・書評

  • そういえばね、と始まるお話を聞いているみたい。

    例えば隣に座っている人が、
    そういえばね、これから行く鶴見半島の「鶴見」って、「実際に海の向こうへ飛んでいくツルがここで見られたからついたの」かしら?
    なんて話しかけてきたら、
    え?なになに?どういうこと?
    と引き込まれてしまうと思うのだけど、この本のお話もそんな具合なのだ。

    特に「温かな地名」に分類されたお話が好きだった。
    お話自体も温かいように思えたから。

    地名に限らないことだけど、名前って本当に大切。
    その名前になった経緯や、理由、土地の人の想いは、その土地とは切り離せないものなんだと教えてもらった。
    そして、由来を忘れられてしまったり、合併で名前が消えてしまったり、そういったことが無性に寂しく感じられるようになった。

    梨木さんの優しくいまなざしと考察に誘われて、言葉と名前の世界を垣間見た。
    そこはどうやら奥が深くて、豊かな自然に彩られた神秘の世界。
    もっと奥に行きたいかも。

  • タイトルがいい。
    薬草袋とはつながらない話になぜ薬草袋とついたのか、
    その理由がステキだ。

    あちらこちらの土地の話がつまっているのだが
    目次に見慣れた市名を見つけてちょっと驚いた。
    住んでいる県内のその市はおそらく全国区ではなく
    ならばどんな話が語られているのかととても気になった。
    そんな話を友人にすると
    「いや、結構有名だよ」と返ってきた。

    ・・・そうなのか。
    (市民のみなさま、すみません・・・)

    小箱に詰まったチョコレートをひとつずつ選んでいただくような
    そんな感覚で読んだ一冊。

  • 梨木香歩さんが西日本新聞に連載されていたエッセイをまとめた1冊。
    日本の地名にまつわる見開き1ページに収まる短い文章が、全部で49篇収められています。

    梨木さんのその土地に息づくもの・宿るものを大切にしていることが感じられる文章にじんわりと温められました。
    地名には、その土地の上に流れた歴史や厚みが降り積もっているのだということがひしひしと伝わってきます。

    一方、行政的な視点に立つと、地名は単なる記号としか見られなくなってしまうのかもしれません。
    市町村合併にともない新しくつけられた都市名の中には、地元で暮らす人にとって、なかなか馴染みのないものになってしまったものもあるようです。

    1つ1つのエッセイもすてきなのですが、章題がまた美しいのです。
    鶴見や富士見、魚見など、「見」という漢字が入った土地を取り上げた章の名前が「まなざしからついた地名」。
    思わずほぅっとため息がこぼれました。

  • 見開き2ページほどの短いエッセイなのに、まあなんと豊かな世界なんだろう。目新しいことや、インパクトの強いことが書いてあるわけではない。この空気感は著者ならでは。梨木さんの小説を思い浮かべながら、小さな旅を共にしているような気持ちになる。

    主に地名にまつわる記憶や思いが綴られている。あとがきで書かれているように「地名とは単なる記号以上のものを意味している」というのは、至極当たり前で自明のことだと思うのだが、由緒ある地名が消えていき、「四国中央市」とか「南アルプス市」とか、なんじゃそりゃ?という名前に取って代わられたりするのを見ると、ガックリする。

    本書で「武生」という名まで消えていたことを知り、悲しくなった。紫式部ゆかりの地らしく風雅で、しかもきっぱりとした、とてもいい名なのに…。いやもう、このことについては言いたいことがたくさーんあるが、詮ないことなのでやめておく。私たちは土地の記憶を断ち切って生きていけるのだろうか。それは幸福なことなのだろうか。

    「文字に倚りかからない地名」という章立てが面白い。「姶良(あいら)」「田光(たびか)」などの名があげられている。梨木さんの言うとおり、日本も(アメリカ先住民やアボリジニのように)そもそもは文字を持たない民族の国だった。文字が渡ってくる前に作られたと思われる名前には、本当にいかにも言霊が充満していそうだ。「文字抜きでは成り立たない職業を生業としながら(むしろそれだからだろうか)、文字のない世界に憧れる」という一文に、著者独自の世界の源を感じた。

    「崎」と「鼻」、「谷戸」と「迫」と「熊」、「原(バル)」など、地名にしばしば登場する語について、あれこれその成り立ちやイメージを考えていく所も良かった。蘊蓄を傾ける、という風ではなく、実感に基づいているのが梨木さんらしくていい。

    一番心に残ったのは「日向」の一篇。ずいぶん前、旅の途中で連れていた赤ん坊の調子が悪くなったとき、旧盆の最中で休みにもかかわらず、当然のように診てくれた医師のエピソードが語られている。「会計がいないから」と代金も固辞されたというこの先生の姿が、「あそこなら」と連絡を取ってくれた港の人や、病院の車寄せに立つ医師の姿に「ほら、先生、ずっと立って待っててくださったんだ」と誇らしそうなタクシーの運転手さんとともに、「日向」という土地の温かな地名と、分かちがたく結びついているそうだ。ちょっと忘れられない一篇だ。

    それとは別に「赤ん坊?梨木さんって子供さんがいたんだ」と、少し驚いた。著者は露出がきわめて少なくて、プライベートなことを明かされないので、これは初耳だった。今まであまり気にしていなかったのだが、著者略歴を見ると私と同い年だとわかって、これもまた、ちょっと虚を突かれた感じだ。どういうわけか、梨木さんのことはずっと若い女性だとイメージしてきたのだ(「雪と珊瑚と」の表紙絵の女性みたいな雰囲気で)。キャリアから考えてそんなはずはないのに、作品世界の清潔感のなせる技だろうか。

  • 西日本新聞に連載されていた49の地名にまつわる随筆集。
    四季や自然やその土地の姿をストレートに表現していて、日本の地名とはなんて美しいのだろうと改めて思った。大合併などで今はもうなくなってしまっている地名など大変惜しまれる。自分の住んだ事のある町、訪れた事のある町などの名前の由来を調べてみるのも楽しいかもしれない。

  • 筆者が新聞に連載した、地名についてのエッセイ。素敵な地名について、そこにまつわる思い出やその地の歴史などが、筆者独特の感性をまとってひとつひとつ素敵にまとめられています。

    なんとなく好きな地名とか、忘れられない地名って、誰にでもあると思います。自分にとってのそんな地名を一度振り返ってみたくなる一冊。自分の故郷や、住んだことのある土地の名前も、いっそう好きになれそうです。

  • 梨木香歩さんの地名にまつわるエッセイ。この人のエッセイはほんとうに温かくて、優しくて、好き。平成大合併で無くなってしまった地名や新しくできた味気ない地名を憂う気持ちにはすごく共感します。地名にはその土地のいろんなものが込められているんだなーとあらためて感じました。

  • 日本の地名にまつわる思いをまとめたエッセイ。西日本の地名が多いが、西日本新聞に連載していたのと、著者が鹿児島出身、関西に住んでいたことによる。
    地名の由来なら、しかるべき文献をあたれば出てくるが、これは梨木香歩の地名やその土地についての思いに読む価値がある。
    さすが、言葉を大切にするひとだなあ、ということを何度も感じた。
    しかし、一番偉いなと思ったのは平成の大合併で、由緒ある味わい深い地名を消して、お役所がつけた「四国中央市」や「南アルプス市」といったろくでもない地名に対し、あからさまな批判をしたり、怒りを表現したりはせず、でも読めば確実に、不快に思っていることが伝わってくること。
    この、抑え方が絶妙。梨木香歩って愛情でも喜びでもでも悲しみでも、このように表現する人だな、よく考えてみると。
    今までのエッセイを読んで、なんとなく独身(犬はいても一人暮らし)かなと思っていたけど、今回赤ん坊の話が出てきて(自分の子どもだとははっきり書いてないが)、もしかして、子どもがいるのかも、パートナーはいなくても、と思ったが、それにしては『雪と珊瑚と』の子どもの表現は他人事みたいだったし、カヤックに幼児を乗せられないよな・・・など、著者本人に関する謎は深まった。まあ、そういうのを事細かに語らないところがいいんだけど。

  • 地名について、新聞に連載されていたもの。
    谷戸、迫、熊についての微妙な印象の違いとか、興味深かったです。そういわれてみれば言葉とは面白い。
    岬は果てでも、鼻は始まり、とか。こういうふうに地名を見ると面白い、という、新しい視点に目覚めさせられました。

  • 1日に1篇と決めて、ゆっくりゆっくりページをめくり、ようやく読み終えた。日本には素敵な地名がたくさんあるのだなぁとしみじみ。私たちの名前に由来や想いがこめられて名づけられているように、地名にもその地名になった理由や歴史があるという当たり前のことに気づかされた。合併などで来歴のある地名が消えていくのはとてももったいないこと。どうか変えるにしてもそこに住まう人たちが親しみをもてる愛着を感じられるような地名をつけてほしいなと思う。

  • 西日本の地名が多かったのは九州の西日本新聞の連載だったからなのですね。東日本に住む私には行ったことはおろか聞いたことすら無い土地のお話でしたが、すごく興味をひかれました。いつか行ってみたい。
    由緒ある地名が消えてしまうのはさみしいですね。

  • 消えていく地名に、人々の想いあり。
    それは鳥となり、雲のなる。

  • ほんとうに 素敵なものは すぐそばに ある
    余りにも当たり前すぎて 見えなくなってしまっていたり
    余りにもいつもどおりで 聞こえなくなってしまっている
    そんなものたちが
    ほら すぐそばに ありますよ

    と 梨木香歩さんの作品に触れる度に
    思ってしまう

    今回は エッセイ です

  • 西日本新聞に毎日連載されていたコラムエッセイ集だ。地名について、ごく短く語っている。
    「鳥見」「富士見」という地名に「まなざしから生まれた土地の名」という連想をもつのは、この人ならではだなぁと思う。○○見っていう地名から、今までそんな風に考えたことはなかった。
    言葉にこだわる作家らしく、その土地の名前というものをとても大切に扱っているのが伝わってきて、普段あまり気にしていない地名について好奇心が刺激される。

  • 4月19日読了。図書館。

  • 梨木さんの今まで縁のあった土地の名前をテーマにしたエッセイ集。
    以前から何となくは知っていたけれど、地名はその土地の歴史や古来からの言い伝えが由来とされることが多い。
    思わずへーっと感心する意味が込められている。
    平安時代や鎌倉時代から続く雅な意味い、紫式部や源義経、宮沢賢治といった歴史上の人物との縁、その時代の生活の痕跡等古の人々に想いを馳せていく。

    そんな地元と馴染みのある地名が行政の決めた合併により消滅されたという現実に、梨木さん同様私も残念でならない。
    梨木さんの一緒に旅する気分で読めた。
    のんびり寄り道する散歩のような旅だった。

  • 九州の地名が多いのは宮崎に住んでらしたからかな?と目次をみて思ったのですが西日本新聞の連載だったんですね。東北の地名もいずれ由縁にふれる気持ちになられたら書いてほしいなと思います。
    梨木さんが鹿児島出身とのことで知ってる地名も多く楽しめました。高速道路も新幹線も通ったし出てきた場所を訪ねてみたいなあ。

  • 旅に出たくなった。梨木香歩が鹿児島出身で桜島を毎日見ていたと知り、急に親近感を覚えた。知っている地名がたくさん出てきて、次行く時はもっと好きになれる気がした。

  • 2014.10.7市立図書館
    「西日本新聞」に連載された、(掌編よりもっとはかなげな)葉篇集。タイトルの通り、鳥や天候といった自然のこと、そして気になる土地の名前についてあれこれつづられた49篇。ゆったりしたレイアウトで、その気になればあっという間に読めるけれど、ベッドサイドなどにおいて一晩に一篇ずつゆっくり味わい思い返しながら眠りにつくのもいいかもしれない。
    地名にとどまらず、漢字以前の、音しかなかったいにしえから伝わる名に秘められた意味や感覚は興味深く、そういう名残りを現代的合理的感覚でばっさり捨てたり葬り去ったりしてしまうのはたしかに惜しいと共感する。

  • 地名について興味を持って読める、適切なラインなのだろう。しかし、あまり面白くなかった。梨木さんの文章自体は心地よくて好きです。

  • 新聞連載されていた見開きのコラムをまとめたもの。
    著者曰く、地名には単なる記号以上の意味があるそうだ。
    が、その通りである。
    地名にはその土地の意味や歴史など民俗学的な情報もつまっているからだ。

    なんか新鮮な発見ができた。

  • ゆっくり味わいながら読む本かな。

    適当に開いたところをぽつぽつ読みました。

  • 地方の銘菓の箱に由来・来歴が書かれたしおりが入っていることがある。それを読むのが大好きだ。
    例えば、昔からの伝説に因んで作られたお菓子が、最新鋭の工場で大量生産され、高速の乗り物に乗って、ついに私の手もとに届く。この時間軸のギャップがなぜか楽しい。
    この本は全国の地名にまつわるエッセイ集。厳密な調査研究のような堅苦しさは一切なく、想像の翼が広がっているところが梨木さんらしい。
    21話目「椿泊」と、32話目「佐田岬」の中で、車の“離合”という言い回しがあって、なるほど鹿児島出身の作者による、西日本新聞での連載なのだなぁとしみじみ思った。もしも全国紙だったら、購読者から問い合わせがあるかも…。
    日本語の持つ音の響きと、漢字表記の美しさを再認識できる一冊だった。

  • 梨木香歩という人の感性がもっともストレートに伝わってくるのはエッセイにあるような気がします。  未だ物語としては構築されていない、それでも感情を揺り動かし「何か」を感じたこと、それが短い文章の中に凝縮され、さらにはまだどことなく「とりとめのなさ」みたいなものを感じさせる書き物。  それが彼女のエッセイだと感じます。

    今回のエッセイは地名からイメージされるあれこれが彼女らしい繊細な文章で綴られます。  一葉一葉に「音」に対する彼女の繊細な感性が滲み出ています。

    彼女の作品を読むたびに KiKi が感じるのは、梨木香歩さんという人は人間という生き物にどこか諦めのようなものを感じつつも本当の意味では見捨てきれない拘りみたいなものをずっと抱えて生きている人なのではないか?ということです。  そしてその見捨てきれない拘りの根っこにあるものが人間が生きて受け継いでここまで生き延びてきたという気が遠くなるような時の流れに対する愛着のようなものがあるように感じます。

    「古代の言葉はかっちりしたものではなくもっと風が吹く音のような、小鳥のさえずりのようなものだったのではないかと・・・・」
    という言葉の中に生きとし生けるものの言葉とは呼べないほどの囁きのようなものを感じます。  TVのバラエティ番組の中で「目立つこと」を主眼に喋り捲るタレントたち。  その姿をなぞるように公共の場(例えば電車の中やバスの中、喫茶店の中等々)で大声を挙げて喋り捲る現代人。  風が吹くような小鳥のさえずりのような音を奏でていた人間の末裔が何千年という時を経た結果、そうなったことを考えると、その長い時の流れの中で何か大切なものを捨て去ってきたに違いないと思わずにはいられません。

    逆にそんな「音」に拘る彼女だからこそ、市町村合併で消えてしまった古い地名や新たに生まれた地名などに、地名を行政上の整理区画・シンボルというよりは音としてその場所を特定する何かを感じるのが梨木さんという人なのだろうなぁ・・・・と。  そしてその古い地名には当然のことながらそれに気がつく人だけに控えめに発せられる何らかのシグナルがある。  その一つ一つを丹念に、決してお金儲けのためではなく、あくまでも先人からのメッセージとして発掘して、それを何物にも代えがたい宝物として愛おしむ・・・・・そんな姿が垣間見れたような気がしました。

    平成の大合併で由緒ある味わい深い多くの地名が消え、お役所が行政上の都合等々で名付けた新しい名前には「効率化」「イメージの良さ」が優先されていることにある種の寂しさを感じる感性を私たち一人一人がもっと大切にする必要があるような気がします。  もちろん改名という行為にはそれなりの目的があるわけですが、それが「記号としての分かりやすさ」(地勢をイメージできるわかりやすさではなく)を基調としているならば、その「記号としての分かりやすさ」を優先する気持ちの奥底にあるある種の無知・ずぼらさを恥じるべきではないかと思わずにはいられません。

    私たちを取り巻く物にはどんな仕組みで動いているのかわからないものが多々あります。  そんなものが溢れている時代に生きていると「分からないこと」に対して何の罪悪感も羞恥心も感じないようになります。  例えば KiKi の子供時代、コンセントのプラグというやつはネジで止まっていて通電が悪くなるとそのネジをはずし配線を確認し、もしも内部で断線しそうになっていればハンダゴテで修理するな~んていうことを自宅で誰もがやっていました。  でも、今はプラスチックでガチガチに固められていてそんな修理を自宅でする人はいません。(・・・・と言うより自宅で修理はできません。)

    それが現在の安全基準だと言ってしまえばその通りなんだろうけれど、その作業を... 続きを読む

  • 地名の由来、または地名にまつわる話に、鳥や空のアレコレを絡めた、コラムエッセイ集。
    BS3で放送中の、火野正平さんが視聴者の思い出の地を自転車で巡る「こころ旅」という番組で、琵琶湖の北部に行かれた回を見た直後に偶然 月出峠のところを読んだので、景色や地形が思い浮かんで、面白かった。
    西日本、特に九州の地名が多かったので、私には馴染みが薄かったけれど、古代からの歴史を感じる名前も多くて、興味深かった。それこそ「月出峠」のように字面から由来が想像できるものもあれば、一見わけがわからなくても実は隠れた意味があるものもあって、今後行く先々で楽しめそう。

全74件中 1 - 25件を表示

鳥と雲と薬草袋に関連する談話室の質問

鳥と雲と薬草袋を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鳥と雲と薬草袋を本棚に「積読」で登録しているひと

鳥と雲と薬草袋の作品紹介

鳥のように、雲のように、その土地を辿る。ゆかしい地名に心惹かれる――作家の胸奥の「ものがたり」がはぐくまれる場所に、滋養を与える旅の記憶。49の土地の来歴を綴り重ねた葉篇随筆。読む者の心も、はるばると時を超える。旅に持ち歩く「薬草袋」のなかの、いい匂いのハーブのブーケや、愛着のある思い出のメモの切れ端のような……日常を生きるときの常備薬ともなり、魂を活性化する、軽やかな愛蔵本。

ツイートする