丹生都比売 梨木香歩作品集

  • 557人登録
  • 3.86評価
    • (36)
    • (80)
    • (40)
    • (10)
    • (0)
  • 81レビュー
著者 : 梨木香歩
  • 新潮社 (2014年9月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104299102

丹生都比売 梨木香歩作品集の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1994~2011年のあいだに書かれた、梨木香歩さんの短篇を1冊に集めた本。

    草壁皇子を主人公にした表題作は、以前別の出版社から単行本として刊行されましたが、本書に収録されている短篇がもともとの形なのだそう。
    権力のために血族同士で殺し合う血生臭い時代において、草壁皇子は優しすぎる心を持っておられたのでしょう。
    彼は、いつか母親に殺されるだろうと予感しつつ、それでも母親を愛していました。
    親に間引かれそうな燕の雛を、一生懸命助けようとする彼の心のうちを思うと、苦しくなります。

    静かだけれど、強く胸に迫る物語に魅せられました。
    ひとつひとつの作品が心の中に引っかかりを残していくのです。
    読後、目次に並んだ題名を眺めると、ふわりふわりと物語の場面が立ち上ってきて、ゆっくりと身を浸すように余韻を味わったのでした。

  • 梨木香歩さんの短編集。
    あとがきによると
    「ひとはみな、それぞれの生の寂しみを引き受けて生きていく」
    という芯を持つ蔓でつながった短編たちとのこと。

    静かに変わりゆくものたちの物語、そんな言葉にすればおそらく全ての物語がそうなんだろうけど、でもやはり梨木さんの物語の静かさと不思議さと美しさは特別だと思う。
    特に好きだなと思ったのは、「コート」と「夏の朝」。
    変わってしまうことの寂しさ、そして変わらない優しさにぎゅっと胸がしめつけられる。
    いつだって世界や人を取り巻く優しさに気付いていたい。
    そう思えた。

  • 梨木香歩の初期作品集。静かに澄みわたる9つの世界。

    部屋にあらわれる鳥『月と潮騒』『トウネンの耳』、池に住む人魚『カコの話』、山で迷う男『ハクガン異聞』…これらは『家守綺譚』を彷彿させる。
    少しわかりにくい作品、『本棚にならぶ』『旅行鞄のなかから』があるのも梨木さんらしい。
    『コート』コートで繋がる姉妹の切ない話。
    『丹生都比売』以外で一番良かったのが『夏の朝』。
    もし、我が子がすごく空想家で他の子と違ったら…
    母としてどうするだろうか。
    子を守りたい母、(空想の)友を守りたい子。
    最後のまとめ方がきれい。
    全ては夏ちゃんにとって必要だったんだね。
    絶版していた『丹生都比売』がたくさんの人に読んでもらえるといいな。
    美しい日本古代ファンタジー。
    『丹生都比売』の感想は『丹生都比売』で登録しています。

  • シンプルな紺地のカバーが、文学的な雰囲気の短編集。
    しんとした気持ちで読みたい。

    短篇集とはいえ、表題作の『丹生都比売』(におつひめ)は独立して一冊で出版されたことのある長さであり、あとがきによれば、これは核になるお話で、他の作品もここから同じ蔓が伸びていった…ということだ。

    対象年齢も主人公の年齢もまちまちの、「ジャンル分けできない一冊」になった、というが、確かに同じ種から伸びている蔓のように感じられる。

    登場人物も、人なのかどうなのかよく分からない物もあり、しかし読んでいて、目に見える形が人であれ植物であれ鳥であれ、それは些細なことのようにも思えてくる。

    草壁皇子に関する、吉野裕子氏の説というのは初めて知るが、ああ、あるかも知れないと思ってしまった。
    かなしい皇子である。

    月と潮騒/トウネンの耳/カコの話/本棚にならぶ/旅行鞄の中からなかから/コート/夏の朝/丹生都比売/ハクガン異聞

    『コート』は、姉妹のかさねた歴史がしみじみと、最後になつかしく哀しかった。

  • 梨木さんのファンタジーは、普段の日常に負けず劣らず現実的だったりします。その苦味が結晶した作品集でした。
    数年ぶりの「丹生都比売」にまたもや陶酔…。「夏の朝」の世界観もすばらしかった。夏ちゃんの守護霊(実は伯母の芳子さん)が、「世の中にはたくさんの人がいる。その数だけ世界を見る方法が違う。」と言う(思う?)場面がありますが、このモノローグの旋律がすべてのお話の根底に静かに流れているように感じました。

  • 本をとじる。
    はぁ。泣きそう。大好きな梨木さんの世界。感想が書けない。具体的な言葉が出てこないよ。
    霧深い静寂な森のなかを、ひとりで彷徨い歩いているような感じだった。
    森へ一歩足を踏み入れたときには、何をしにいくのか、どこに向かうのか、目的や辿り着くべきところがあったのだろうけれど、気がつけば、それらのことは何の意味も持たずに、只々ゆっくりゆっくりと歩を進めている。

    そう。自分の心のなかを、冷めた自分が外側からじっと眺めている感じ。時折、どんよりした闇が胸の奥底から湧き出ては、何かに追われているように、動悸が激しくなる。

    それは、わたし自身?

    鼻の奥がつんと痛くなるような、哀愁と切なさと、戻ることの出来ない記憶のなか。しっとりと濡れた足元。それをじっとみつめるわたし。

    確かに、胸奥の深い森へと還って行く作品集。見失っていた自分に立ち返るために。

  • ほう、と読み終わった。

    ユカワアツコ氏の装画も美しく、しおりの色にも喜びを得て、ハードカバーは手痛い出費だけどついつい手を伸ばしてしまう、梨木香歩。

    初の短編集。意外。

    冒頭、「月と潮騒」から心鷲掴み。
    短いお話なのだが、耳に響く潮騒の音が不思議なエンディングを呼んでくる。

    「カコの話」では、人魚が釣れたり。

    「夏の朝」では、百合から親指姫が生まれる。

    明るいファンタジー、ではない。すぐそこにある不思議を妖しく匂わせるのが、らしくて好き。

    そうしてタイトルになった「丹生都比売」が一番長くて、切ない。
    壬申の乱を舞台に、草壁皇子の幼く哀しい優しさが、戦そのものではなく、彼を取り巻く人々の移ろう心を浮かび上がらせる。

    ページを捲る音がいつもより響くような、静寂の一冊。

  • 著者初の短編集ということで、古いものは1994年、新しいもので2011年と、かなり幅があり、書かれた時期による作風の変化なども感じられます。

    表題作は唯一中編と呼べる長さがあり、古代歴史もの(主人公は草壁皇子)を題材にしたファンタジーということもあって、まず家系図の把握など、設定を頭に入れるのに時間がかかる分、ストーリーに入り込むまでに時間がかかってしまった。こういった題材は長編のほうが有効かもしれない。

    「夏の朝」は児童文学系の作品で初期の「西の魔女が死んだ」や「裏庭」が好きだった読者むき。6歳の女の子・夏ちゃんが植えた百合の花から親指姫のように生まれてきた「春ちゃん」も可愛いし、謎めいていた語り手の正体が明かされたときはちょっと涙ぐんでしまった。

    「コート」は未発表作品で5ページくらいの掌編だけど、なぜか泣きツボにはまってしまい号泣。あとお気に入りは「カコの話」と「ハクガン異聞」。どちらも比較的最近の「家守奇譚」などに近い作風で、ちょっと不条理なような不思議なような、それでいてどちらも主人公が年配の男性ということもあり、けして甘くはないけれどファンタジー。トータルでとても良い作品集でした。

    ※収録作品
    「月と潮騒」「トウネンの耳」「カコの話」「本棚にならぶ」「旅行鞄のなかから」「コート」「夏の朝」「丹生都比売」「ハクガン異聞」

  • 人と人の周りにあるものとが、柔らかく不思議にとけてゆく、神話のような短編集。
    目に見えないものの豊かさを感じることができ、おだやかな気持ちになります。
    特に表題作「丹生都比売」は秀逸。
    おごそかな装丁もいいです。

  • 「丹生都比売」は、前回よりさわやかなやさしい仕上げのように感じました。
     前作、私は 号泣でした。鬼と対峙しながら激しく生きた 母 持統天皇の 孤独の淵と 草壁皇子の諦念が 水銀という美しい「毒」とからまって 胸がいっぱいになりました。

     歳月を重ねる…ということが漂っているようなしっとりとする作品集になっていると思いました。
     
     「トウネンの耳」 はらはらと涙しました。
    読み終えたら じわじわと
    自分の中で、終わったんだな っと
    寂しいような でもとても胸に落ちる
    満たされた思いが あふれてきました。 
    今の自分の気持ちを 揺らしてくれて
    出会えて 良かったと思える作品でした。

全81件中 1 - 10件を表示

梨木香歩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

丹生都比売 梨木香歩作品集に関連する談話室の質問

丹生都比売 梨木香歩作品集を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

丹生都比売 梨木香歩作品集を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

丹生都比売 梨木香歩作品集を本棚に「積読」で登録しているひと

丹生都比売 梨木香歩作品集の作品紹介

胸奥の深い森へと還って行く。見失っていた自分に立ち返るために……。蘇りの水と水銀を司る神霊に守られて吉野の地に生きる草壁皇子の物語――歴史に材をとった中篇「丹生都比売」と、「月と潮騒」「トウネンの耳」「カコの話」「本棚にならぶ」「旅行鞄のなかから」「コート」「夏の朝」「ハクガン異聞」、1994年から2011年の8篇の作品を収録する、初めての作品集。しずかに澄みわたる、梨木香歩の小説世界。

ツイートする