乱鴉の島

  • 937人登録
  • 3.35評価
    • (53)
    • (131)
    • (342)
    • (34)
    • (4)
  • 169レビュー
著者 : 有栖川有栖
  • 新潮社 (2006年6月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104308026

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有栖川 有栖
有栖川 有栖
伊坂 幸太郎
有栖川 有栖
有川 浩
東野 圭吾
有栖川 有栖
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

乱鴉の島の感想・レビュー・書評

  • タイトル通り孤島もの。館ものと続いて好きなシチュエーションなので、すいすい読めた。

    余談ながらこのシリーズの有栖川は江神さんシリーズを書いている設定だったような気がするのだが、微妙に本当の有栖川氏に反映しているのかも?と思ったところがあった。子供達二人が、有栖川の名前を知っている、という設定で、その時に一冊だけ子供向けのを書いた、というくだりがあった。多分それは、「虹果て村の秘密」のことなのだろう。

  •  警察からの依頼を受けて捜査するパターンでなく、2人が間違って送迎された孤島で事件に巻き込まれるタイプのストーリー。
     思った以上に壮大なテーマのお話でビビった。

     携帯電話も圏外で、固定電話も繋がらなくて、迎えの船が明後日まで来ない、ていうだけで、私だったら底なしに不安だけど、そんな状況で殺人事件とか、現実だったらもうホント堪えられないよなぁ。

  • 本格ミステリで評価が高かった本だけど、少し冗長だったかな。好きなシリーズではあるけど秘密が見えちゃったのも今ひとつ。

  • シリーズを追って読んでいる本。

    孤島もの。なんだか知っている引用が多かった。
    ミステリって思わせぶりで、長編だと集中を持続するのが結構難しい。

  • 随分前に読んだはずなのだが,,,覚えていなかった(^-^(^-^;
    うっすら覚えていたのと違うので、それは違う話なのかなー
    話はやっぱ面白かった。火村が言ってた通り、ありふれた事件、だけど奇妙な事件。虚しさの残るお話だね。

  • 別荘や孤島に閉じ込められるタイプの密室もの。
    火村先生と有栖のシリーズだから興味上乗せだけど、やはりこういう登場人物が多いものだと、キャラクターの紹介的な部分が長くて、そのあたりが退屈かも。
    メンバーが集っている理由が…
    そんな事考える人たち本当にいるんでしょうかねえ~
    火村が推理した木崎氏の行動は面白かった。
    キョーレツなキャラのハッシー以外はちょっと印象薄し。
    子どもたちは可愛かった。

  • その昔大学生シリーズの最初のほうをいくつか読んで、関西弁にウヘァとなって挫折した有栖川氏。時代が変わったのか、今回はそんなに気にならなかったです…そう、関西人だからって、いつもいっつもベッタベタのしゃべりかたしてるってことはないねんで…!
    冒頭から、男2人の道行きが面白い。さらに「嵐の孤島」シチュの作りかたが相当にユニークで、ユーモラスで、なのに自然でとてもよかった。自分がいざその年齢になってみると、齢34でこんな落ち着いた男がいるか…? とも思わせられるが、そのへんのリアリティはともかく、付かず離れずのこの関係は確かに萌える。そうそう、ふつーでいいんですよ、ふつーにしてるふつーの男2人で!!
    上記理由で有栖川氏はあまり読んでおらず、もっぱらアンソロジーが多かったのだが、読後感はそれらと変わらずとにかく「安定、安心」。基本を押さえてカッチリ真面目に作られた本格で、むだにエグいとかゲスいとかグロいとか厨二とかいった部分がなく、上品でマイルド。いろんなものがどんどん過激になるご時世だが、こういうものも確実に需要があるはずだ。地味と言えば地味なのかもしれないけれど、これはおそらく有栖川氏の「芸風」ではなく「持ち味」なのだろう。狙って出せるわけではないこの品格は、本当に貴重なものだと思う。
    殺人事件よりも大きな謎が全編に渡って横たわるが、そちらが遅々として解明されないので、やや中だるみ感がなくもない。「何もない」って…どー見てもそんなわけないやろふざけんな! と、作中人物のアリスではないが怒鳴りたくなった。ただ、このもやもやした展開も作品の詩的・幻想的な雰囲気づくりに一役買っていることはわかる。そこのところは本当にすばらしい。火村も言っているとおり、事件自体はありふれたものなのだが、この島のこの館で起きたがゆえに特別な彩を帯びることとなった。

    動機が弱いという声が散見されるが、個人的にはそうは思わなかった。伏線も示されているし、何よりそれこそ「ありふれた」動機ではないか。一つ確かめておきたいのは——「そんなくらいで殺すかー?」という言葉は、犯人と動機人物が共有する「ある属性」ゆえに出たものではないのか? ということだ。もしもこれが逆だったなら、「うんうんそりゃー殺したくなるよね! そーゆー事件いっぱいあるし!」となっていたのではないのか…と、一抹の不安が拭えなかった。

    2016/2/4読了

  • 再読。
    やっぱり孤島もの、そして旅はいい……
    そして火村シリーズは長編が好き。

    事件の動機そのものも方法も、特にこれといった特徴はないけれど、やはりなんといってもここに集まった人々を覆う哀しさのようなもの。
    哀れを誘うほどの美意識。
    これがよかった……

    著者本人の好きな小説や映画へのオマージュもほどよくいい感じ。

    二番目の被害者と一番目の被害者の間にある利害関係には「なるほどぉ」と唸った。
    外部との連絡が絶たれた状態にいるということで、そういう利益があるんだな~と。

    キャッチボールな火村センセェとアリスセンセはサービスですね。ありがとうございます。

  • 事件が起こるまでにかなりのページを費やしているため、序盤はかなり退屈な話です。また、難しい漢字や言葉が数多く使われている上に、他の小説の引用などを用いているのですが全く知らない小説が多く、私にはかなり敷居が高い小説でした。この作家の本を読むにはかなり勉強が必要だと思いましたので、読むことは、モウニドトナイと思います。

  • 火村・有栖川シリーズの7作目。これはクリスティを彷彿とさせる感じですね。

  • 命の洗濯をするべく、火村と有栖川は小旅行に出ることになった。しかし手違いにより、当初予定していた島とは違う島に連れて行かれてしまう。そこは廃村、人はほとんど住んでおらず、唯一人が住む屋敷は、著名なSF作家である海老原瞬が別荘として持っている屋敷だった。帰る手段のない火村と有栖川は海老原の好意によりその屋敷に滞在することになる。屋敷には人々が集っており、何かの会合が開かれるようだった。集まった人々の本当の目的も分からぬまま、ある人物が凄惨な姿で発見されてしまった。

    孤島もの。私にとって初めての火村シリーズ長編で、まずまず面白かったけど、終わりにかけてがあっさりしすぎててもったいなかったなあ。特に動機が唐突で、これまでがんばって読んできた話はどこいっちゃったのという感じ。

  • クローンの事とか、ミダスタッチの事とか、初めて知ることがいっぱいあった。
    長編小説を一本書くためには、色々な事を知らなくちゃいけないんだな……。


    ……幼子と触れ合う、火村・アリスコンビが可愛いです。なんなの、この三十歳代たち。

  • 火村シリーズ、長編でしかも孤島もの!
    孤島の閉塞感もあり、刺激的な殺害現場もあり、2人の軽快な掛け合いも健在で、大いに楽しめました。
    加えて今回は、クローンを背景にした登場人物の人間関係の謎解きも用意されており、殺人事件と繋がっているような、繋がっていないような、最後の最後まで頭をひねらされましたね。

  • 私が本格ミステリを読む時に一番に求めるのはトリックやアリバイ崩しで、正直動機は二の次。
    しかしこの作品は動機、しかも殺人事件の動機よりも孤島に集まった人々の、何故このメンバーが集まったのかという動機を探ることをメインにしているように読めた。
    そういう意味で星は少な目。
    しかし火村とアリスはいつも通り楽しく読みました。
    男性にこの表現は申し訳ないが、憧れの先生を前にしたアリスがかわいらしい。

  • シンプルでわかりやすいミステリだと思います。シンプルだったので5章を読んだところで一度本を閉じて人々を考えてみた。孤島。殺人。誰が殺したか。

  • 久々の火村先生シリーズの長編。ちょっと暗い話なので読み終えてもある程度スッキリはするものの、寂寥感が漂う。火村先生の骨休めに行ったはずがちょっとした勘違いが重なって事件に巻き込まれるのも有栖川有栖と行動してるせい?とか思ってしまう(笑)

  • 再読。作家アリスシリーズ16作目。
    16作目にして初の孤島ものである今作。
    折角の篠宮のおばあちゃんの計らいで命の洗濯の旅に出たのに、このお二人は事件に巻き込まれてしまう。
    作中のそこここに現れる烏のキーワードとポーの『大鴉』が効果的に使われていて、多数の烏の啼き声や羽音が禍々しく響きわたる不吉な島を演出している。
    この雰囲気がとても好きです。
    作中につきまとう死の影と、対比となる人間の宿命に打ち克つ復讐的なまでの生への固執。
    終章のアリスの言葉、"私は一瞬だ。それでいい。"が非常に印象に残ります。

  • 図書館にて借りました。

    てっきり「アリス・江神シリーズ」だと思ったのに「火村先生シリーズ」でした(笑)

    しかし中身は期待を裏切らずに「孤島モノ」!
    大好きです!
    しかし、今回は動機が微妙・・・。
    何かタイトルは期待感抜群だっただけに、
    「え、あっそう・・・。」みたいな感じ。

  • 火村シリーズとして読めてなかった本なので読んだ。


    火村と有栖好きなので人物を楽しむという点では面白かったけど、動機がちょっとなぁと。
    最後まで動機どういうふうにするんだろうと思って楽しみに読み進めてたから、ちょっと残念な作品でした。

  •  帯によると「火村シリーズ4年ぶりの新作長編にして、初の孤島もの!」だそうです。長編、四年ぶりなのか。マレー鉄道以来ってことかな?
     読む前から作家アリスシリーズであることが分かっていたので、安心して読み進められました。ただ、なんつーか、こう、やっぱり有栖川だよな、と。この人は本当に綺麗に話を書き上げる。綾辻みたいなオチがあるわけではないけれど、物語として切なく書き上げる。今作もまたラストが切なかったです。恋愛小説と称したいくらいだ。(「称したい」と打って「焼死体」が一発変換されましたよ。)
     手違いで、ある島にたどり着いてしまった二人が巻き込まれる殺人事件。島にいるのは館の主人と、その客人、招かれざる客、それプラス火村とアリス。
     招かれざる客であるハッシーこと初芝さんは、某元IT企業社長がモデルなんだろうな。どうもここの所読む本連続でオタクをネタにしてる気がするなぁ。
     犯人にいたる推論は相変わらずしっかりしているし、なるほどと思う。ただ登場人物も言ってたけど、ちょっと回りくどいよ火村、とは思った。
     副題というか表紙のタイトルに並べて「Nevermore」の文字。サブアイテムはポーの詩「大鴉」とクローン人間、あとは愛、かな。
     作中火村も言ってたけど、事件自体は非常に「ありふれた」もの。それを異様と感じるのはその背景のせいだろうね。孤島と鴉とそこに集まる人々と、人々が集まるその理由と。
     抜粋。
     時計を見ると、一時間が消えていた。
     アリス、それは寝てた、っつーんだよ。
     もう一つ、アリスの台詞から。
    「ああ、そうや。けれど、上からお前が落ちてきたら必ず身をかわしてやる」
     有栖川作品の抜粋は思わず笑ってしまった文ばかりだなぁ。

    06.07.07

  • 推理作家の有栖川有栖は,犯罪社会学者の火村助教授とともに気晴らしに
    三重県の島を訪れることにしたが,島を間違えて別の「烏島」に着き,
    孤高の詩人海老原瞬を囲むグループとともに滞在することになる。

    孤島で起こった殺人事件を解くという,オーソドックスな設定で
    読みやすいが,種明かしはあまりすっきりしない。

  • 結構ネタバレしてます。以下。

    事件そのものは紐解いてみればよくあるものだったけど、舞台と役者がそろいすぎてしまったがために奇妙な事件に仕上がってしまった。犯人すらそんなこと望んではいなかったのに。
    有栖川作品ってそう何作も読んでいるわけではないですが、わりとそういうのが多い気がする。
    たまたまタイミングや場所や色んな条件がそろってしまったことで起きてしまった事件とか、偶然が重なったことで真実が見えにくくなった事件とかをよく取り上げてる印象。
    それを一つ一つ丁寧に解いていくのが火村先生。
    毎回ミスリードしてくれるのがアリス。
    あと、外部から遮断された孤島なのに、連続殺人犯が潜んでいるかもしれないっていう危機感が大してなかったのは、孤島になったのも犯人の思惑じゃなくただの偶然だったからなんだろうけど、なんか拍子抜けではある。
    孤島殺人には一定の期待とロマンがあるのかしら。

  • 火村スキーとしては、子どもと先生の掛け合いに満足。

    ミステリ読みとしては、金返せと思った本。

    どうしたって動機が浅い。
    そんなもんで、こんなめんどくさい殺人事件起こされたらミステリを娯楽にできんわ。

    数百円のために他人に危害を加える人間がいる世の中ですが、だからこそフィクションの世界では、その辺練ってよ、と思う。

  • 終始どきどきしました。中弛みを感じることもなかったし、最後は切ない気持ちなりました。ただ、島に隠された背景をかなりひっぱった割には普通だったように感じます。

全169件中 1 - 25件を表示

乱鴉の島を本棚に「読みたい」で登録しているひと

乱鴉の島を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

乱鴉の島を本棚に「積読」で登録しているひと

乱鴉の島のKindle版

ツイートする