前へ!―東日本大震災と戦った無名戦士たちの記録

  • 209人登録
  • 3.96評価
    • (24)
    • (32)
    • (18)
    • (3)
    • (1)
  • 37レビュー
著者 : 麻生幾
  • 新潮社 (2011年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104326044

前へ!―東日本大震災と戦った無名戦士たちの記録の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 情報の開示、伝達そして決断が重要。

  • 東日本大震災発生時に、決してメディアでは報じられることのない「無名戦士」が数多くいたことを、詳細に教えてくれました。

    この本に描かれている全てが事実だとは思わない(信じたくない?)けど、東日本各地で、決死の覚悟で戦っていた無名戦士がいたことは、決して忘れないようにしたい。

  • 燃料プールの正確な位置が知りたいと詰め寄ると、東京電力社員は、「なら、代わりに??工業に、放水、やらせますかぁ」と軽くいってのけた。
    国土交通大臣大畠章宏 決断が早い すべてまかず、国の代表とおもってあらゆることをやってくれ
    活躍した部隊 施設部隊 部隊が進軍するための道路を作ったり、橋を架けたりする専門職種
    隠れたヒーロー 需品科 燃料の確保 軽油、航空燃料、ドラム缶とタンクローリーの不足
    任務終了後の解除ミーティングが効果的だった 
    部隊ごとに指揮官が全員を集め、辛かったこと、悩んだこと、その本音を語らせる そうすることで、作戦中の精神状態をオフにして、日常にもどれるはずだ。また一人にさせないことも重要だ。
    カウンセリング 異状が出現した隊員を見つければ、さっそくケアをはじめる。まっさきに行うのが喋らせること。自分の悩みや恐怖感をそのまま吐き出させることだ。普通なら口に出せない弱音も、”恥ずかしいことじゃない”と口を開かせる。また同じ症状の隊員たちを集め、同じ悩みや苦悩を仲間にも知らせる
    重要なのは、そのカウンセリングを施すことなく、すぐ現場から外さないことだ。もし安易に現場から外すと、その隊員はもはや社会に復帰できなくなる可能性がある。辛いことから逃げれば楽になることを知ってしまうと、社会生活でも常に逃げることを考えてしまうからです。
    危機管理において最大のリソースは人である

  • 「東日本大震災と戦った無名戦士たちの記録」とのことだけど、現場のリアルな状況を受け入れ、それでも使命感を持って己の任務を全うした人たちの活躍は、もっと賞賛されるべきだと思う。

    困難に立ち向かう時、、人として、指揮官として、組織として、何をすべきで何をしてはいけないのかをこの本は教えてくれる。

  • ⒊11の復興に当たった担当者達の記録。
    取材を重ね、手早く仕上げたのは、評価。
    文章は・・・。

  • 麻生幾さんがドキュメンタリー?っていう意外感満載で読みはじめましたが、仕事柄かなり引き込まれました。特に第二部はご本人にもお話を伺ったので、非常に臨場感がありました。

  • まさに記録としての本だと思う。

    そのため、記述はとても淡々としている。
    それから、いろんなエピソードが列挙されているので、
    やや、散漫になっている印象が否めない。

    もちろん、これだけの情報を取材するのは並大抵ではないのだろうが。

  • 震災7年目を迎えた2017/3/11に読み始め、本日読了。第1章は福島原発事故関連。当時の経産大臣と東電の対応を痛烈に批判している。本来指揮命令権がない者が命令を下し、対応する自衛隊等には必要な情報や居住場所さえ提供しない。これが事実なのか? 第2章は国交省の道路復旧にかける組織一丸となった活動に感動。第3章は省庁間の動きとDMAT。著者の得意分野である安全保障関連の指向が、現地へ出動した自衛隊などの動きをことさら「出撃」などと言う言葉で表現するのに辟易したが、読んでよかった一冊といえる。

  • 地震後インフラ維持のために活躍した道路を守る人たちなどの話があった。ドラマチックで引き込まれて読み進めた。

  • 第1章の、自衛隊等の動きをめぐる、東京(中央)の指揮命令系統の乱れや暴走による混乱と、第2章の、現場任せにしてくれた大畠国交大臣の英断とその下での機敏な東北地整の活躍の対比が印象に残る。(一方で、第3章は政府の様々な部門について広く浅く述べられているため、正直に言ってあまり琴線に触れない)

    ただし、東北地整の働きが、柔軟なトップ(大臣、局長)と職員たちの機転のみによってもたらされたのではないことにも注意すべきである。東北地整により公開された『災害初動期指揮心得』にもあったとおり、機転よりもむしろ、それを支えた「備え」こそ、語り継がれるべき。
    また、リエゾンのことも(本書ではわずかな記載だが)『東日本大震災 語られなかった国交省の記録』に詳しい。
    とはいえ、震災発災後わずか3か月程度での速報的なるポタージュとしては十分すぎるクオリティであり、特にこれまであまり光のあたってこなかった東北地整等にとって有意義な出版といえる。

全37件中 1 - 10件を表示

麻生幾の作品

前へ!―東日本大震災と戦った無名戦士たちの記録を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

前へ!―東日本大震災と戦った無名戦士たちの記録を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

前へ!―東日本大震災と戦った無名戦士たちの記録はこんな本です

ツイートする