信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌス

  • 91人登録
  • 3.39評価
    • (9)
    • (8)
    • (35)
    • (4)
    • (0)
  • 21レビュー
著者 : 宇月原晴明
  • 新潮社 (1999年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (323ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104336012

信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌスの感想・レビュー・書評

  • 『かがやく月の宮』を読んでみたくなり、初の作家なので予習がわりに手にとった。
    なんとも壮大な物語でした。

  • 信長が男でもあり女でもあったという本。最初はすこし複雑な気持ちになるが、そのうち慣れる。
    戦国時代はもちろん、神話、古代史、宗教史、さらに近代史に詳しい人が読むととても楽しいと思う。ファンタジーだけれど、どこか納得してしまう本。

  • 日本史をベースにしながら横に広がる大陸の感覚と、耽美でオカルト的な視点が独特で魅力的です。
    別の視点から読むと物事の意味がまったく変わる、そんな本の楽しさがつまっています。

    ストーリーの軸は信長の生涯ですが、ローマ時代の異端信仰を元に戦国時代を読み替え、最後には20世紀の狂気にまで繋がります。

    途中までの盛り上がりに比べると、私はラストが理性的すぎるように感じましたが、もし同じように感じた方には他の宇月原作品もおすすめしたいです。

    とくにこの本では道化役の秀吉が「太閤の錬金窟」で猿なりに報われたかな…というエピソードがあったり、短編集の「天王船」では少年信長と「黎明に叛くもの」で秘術使いとなっている松永久秀との邂逅を読むことができます。天王祭の描写も大変うつくしいです。

    また澁澤龍彦さんの「陽物神譚」は、信長と対になる王として出てくるローマ皇帝ヘリオガバルスを題材にした短編で、鉱物的な美しさや残酷に流血を求める所など共有するシーンが多く、合わせて読むとより楽しめます。

    さらに異端のバール神に興味があれば、作中の語り部アントナン・アルトーの「ヘリオガバルス あるいは戴冠せるアナーキスト」もおすすめです。

    史実の細部を積み重ねてできた、歪んだ世界像にどっぷりつかれる一冊です。

  • 信長がアンドロギュヌスだったら、というファンタジー小説。

    耽美的な作風を感じさせる作家さんには、
    ナチスドイツに惹かれるひとが多いのかな、と思ってしまった。

    時代物だと思うと失敗するけど、
    情報量が多いファンタジーだと思えば、
    なかなか興味深かったです。

    ただ、日本という国をキリスト教その他の宗教的視点で語られると、違和感が否めないとはおもいます。

  • 信長を題材にした時代小説。
    アンドロギュヌスっていうかふたなり(フィクションの生き物)だなぁ・・・
    異形に聖性を付与するタイプの話は好きじゃないんだけど、これを読んだ頃は気にする知識も無かったから、なんとなくモヤモヤしつつも面白くよめた。

  • タイトル通り、信長がアンドロギュヌス(両性具有)だったら・・・という内容。

    荒唐無稽な設定に期待を抱きすぎたせいか、読後感があっさりしすぎていて少し残念。異色のテーマだけに期待しすぎていたのかもしれない。

    作者の豊かな知識量と独創的な解釈で全く違う三つの時代の事柄がつながって展開していく。日本の戦国、1930年代のヨーロッパ、そして古代ローマ皇帝の時代。一見無関係に見えてそれぞれににきな臭く、退廃的な部分が共通していてオカルスティックな魅力にあふれている。

    それにしても信長公は女にされたり両性具有にされたりとなかなか大変である。それだけ作家にとって魅力的な人物なのだろう。

  • たまたま図書館で題名が目に入り、手に取った本。
    ゴシックホラーなのか?わからないが、私の好みにぴたりと当てはまってしまった。あまりにもナンセンスで退廃的、耽美的。織田信長に対しこの視点はすごい。この作家は見逃せない。

  • 伝奇と云うべきか?奇書と云うべきか?
    「信長=両性具有」、これ程ぶっ飛んだ設定の歴史ものも無いだろう。好き嫌いがはっきりと分れそうな作品だが、私は大好き♪
    日本の戦国と古代ローマとシリア、一見何の関係の無さそうな、古今東西の様々な宗教と事象が絡み合っていくのが楽しくて、終始ニヤニヤしっぱなしで読み終えた。荒唐無稽な話なれど、歴史浪漫を堪能できる作品だと思う。
    ミステリ要素を含んでいたり、恋する少年の様に信長に最後まで付き従う秀吉・光秀の姿など見所は沢山。
    こんな壮大で耽美な妄想を浮かべられたら楽しいだろうなぁ♪

  • 1930年ベルリン。ある日、俳優、詩人であるアントナンアルトーは総見寺龍彦と名乗る日本人の青年から手紙で呼び出される。
    青年はアルトーに織田信長がアルトーが興味を抱くローマ帝国の少年王ヘリオガバルスの生まれ変わりであることを告げる。
    両性具有、近親相姦、宗教戦争、魔術、アナーキズム、ヒトラー等、オカルト的要素をてんこ盛りに盛り込んだストーリー展開。
    着想は面白いが要素を詰め込みすぎて、いずれも消化しきれていない感じ。

  • ファンタジー歴史小説。様々な歴史小説がありますがこの作品ほどぶっ飛んだものもなさそう。

  • 今日から、『最近読んだ本』カテゴリは削除しました。
    新しいブクログに早く慣れんといかんですな。

    それはさておき。
    初宇月原でした。確かに、この人タダ者ではないね。博覧強記。
    だからといって、それで物語そのものが面白いかどうかは別なんですが、とんでも設定に幻惑されきってしまいました。
    あと一歩で悪趣味っちゃ悪趣味ではありましたが、ぶっ飛び過ぎてていかんとも。
    個人的に、猿は好きな人物ではないのですが、この作品ではむしろ心の癒し?
    変わり種好きさんにはよいと思います。

  • ほら話構想力がすごい。

  • 冒頭から古代シリアの人物が語られ、これって信長の話じゃなかったっけ?と驚きました。信長が両性具有だという設定を軸に、よく知られる数々の武勇伝がファンタジックに語られます。これとは別に、20世紀初期のベルリンでの話も並行して語られるのですが、それぞれの内容が濃いからか、ちょっとちぐはぐで冗長な感じもしました。

  • ローマ皇帝ヘリオガバルスと織田信長はともに古代シリアに発生した暗黒の
    太陽神の申し子であり、両性具有であった。伝記・伝承に散らばる謎を明らか
    にし、ダイナミックに描いた伝奇小説。日本ファンタジーノベル大賞受賞作。

  • 両性具有(ふたなり)な信長が主役というのに惹かれて読んでみた。文体はやや読みづらいとは思ったが普通に面白かったかな。信長と明智の絡みにはびっくりしました。

  • ダ・ヴィンチの紹介文を読んで、
    信長好きとして読んだ。
    結果は信長萌え小説だった。
    これは信長なのか?
    でもこんなお館様もいいかもしれない。

  • 信長を主人公に据えた伝奇小説です。20世紀フランスの実在の詩人アントナン・アルトーと、信長双方の場面を時代を超越して交えながら、隠された謎を明らかにしていきます。
    信長と古代ローマの狂気の皇帝ヘリオガバルスの奇妙な共通点とは?
    なおタイトルは、アルトーの著作『ヘリオガバルス または戴冠せるアナーキスト』に拠ります。

  • 信長小説の迷作中の迷作。倒錯の世界に飛び込んでみようか?

  • 信長はやっぱりロマンだ。<BR>
    [05.09.18]<t市

  • ちょっと薀蓄が多くて肝心のエピソードが物足りない。エンターテイメントものとしては分量不足か。これなら山田風太郎のほうがよいか?

  • 新たな視点で見ると言う部分では面白いけれど、文章がやや読みづらい (2002.5.16)

全21件中 1 - 21件を表示

信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌスを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌスを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌスを本棚に「積読」で登録しているひと

信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌスの文庫

ツイートする