おやすみ、こわい夢を見ないように

  • 490人登録
  • 3.24評価
    • (26)
    • (55)
    • (192)
    • (25)
    • (5)
  • 126レビュー
著者 : 角田光代
  • 新潮社 (2006年1月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104346028

おやすみ、こわい夢を見ないようにの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 弟は可愛いものだな。

    いい話もあったけれど、日常にある悪意が
    じわじわきて、後味がよくない本だった。

    悪意に触れて傷ついたり
    生まれた悪意を溜め込むと、人は取り返しのつかないくらい
    太っていって醜くなる。あるいは家の中に引きこもる。
    と、角田さんは思っている。

  • ラロリー。
    日常にある、消える、消えない憎悪。短編だから憎悪がいっぱいで気分が下がる。

  • 読んでいて、ぞくっと、怖くなりました。
    日常に忍び込んでくる悪意や憎悪。
    その表現が見事だな、と思いました。

  • 角田光代はすごいなぁ。
    例えば「くさくてまいってるって、利用者の方から苦情がきてるんです」というセリフ。本当は苦情なんかきてやしないのに、浮浪者に八つ当たりをする。それはもはや自分の職業意識ではなく、ただの八つ当たりなのだ。でも、そう口に出さずにはいられなかったのだ。そうしなければ、自分を保てなかったんだ。
    例えば「ポテトチップスのにおいがする息をまき散らしながら」という描写。かつて憧れていた人を地の果てに落とすのに、この表現はすごい。他のどんな汚い言葉よりも嫌悪感が漂う。
    この本を読んだ私は、別れた恋人に想いを馳せ、引きこもりの弟を登場人物と重ねて胸を痛め、現在の不毛な恋を清算しようと心に誓い、犬を安易に車に乗せるもんじゃないよなぁ…と実感し、「はて、自分が殺したい人は誰だろう」と考えあぐねる。でも殺したいほど憎たらしい人など思い浮かばず、そのことに安堵し、けれども似たような感情が自分の中にクスブッテイルことを認める。
    小さな描写の一つ一つが「あぁ、私と同じだ」と思い及ぶ。
    もう覚えていないような小さな心のほつれを角田光代は思い出させてくれる。痛い記憶を掘り起こす作業は決して楽しくはないのに、私はまた角田光代を読んでしまう。薄汚い感情を抱くのが自分だけはないと、確認するための作業なのかもしれない。

  • 読んでいるうちに誰かの毒に当てられたような気持ち。とんでもない影響力を持った本だし、私は今ちょっとつかれていて立ち向かえないです。

  • どの話も何だか尻切れトンボというか、この後どうなるんだろう?というところで終わるから、もやもやとする。想像力を働かせるべきところなんだろうけれど、やっぱり明確に提示されるほうが好きだな~。
    ちょっと気持ち悪い女性や不幸な女性が多かったかな。

    表題作の女子高生を鍛えようと引きこもりの弟が試行錯誤するのは可愛かった。
    あとルリちゃんは大丈夫だったんだろうか・・・。

  • 人を憎む気持ちは裏返せば自分自身を憎む気持ちでもあったりして、でもそんなことには気付かずにただただ憎いと思ってしまう。

    その気持ちは時が経つにつれて薄れていくこともあるけど、ふとしたタイミングで再燃したりもして。いま現状うまくいかないのは、あのときのあの人のせいなんだと考えてみたり。

    そんな鬱屈とした風景を、さらりと描写した短編集。あくまでも深く踏み込み過ぎない深度で掘り出して、文章に載せたという印象で、なので短編であることに意味があるのかもしれない。


    人生のいろんなタイミングで、もっと前向きなもの明るいものを好む時期もあるだろうし、この作品がしっくりくる時もある。そういう作品。


    2016.6.28

  • もう少し捻りが欲しい

  • 2014/8/1 読了

  • 星2.5ってところかな。
    救いがあるのかないのかよくわからない内容だった。
    短編集はやっぱり白黒はっきりつけてスッキリ終わる話が好きだな。ハッピーエンドなのかアンハッピーなのか。
    「え?これで終わり?その後どうなったの?」ていう先のことが安易に想像できないのが気持ち悪い。読解力がないのだろうけど…。

全126件中 1 - 10件を表示

角田光代の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

おやすみ、こわい夢を見ないようにを本棚に登録しているひと

おやすみ、こわい夢を見ないようにを本棚に「読みたい」で登録しているひと

おやすみ、こわい夢を見ないようにを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

おやすみ、こわい夢を見ないようにを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おやすみ、こわい夢を見ないようにはこんな本です

おやすみ、こわい夢を見ないようにの文庫

おやすみ、こわい夢を見ないようにのKindle版

ツイートする