鎮守の森

  • 28人登録
  • 3.73評価
    • (4)
    • (3)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
  • 新潮社 (2000年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104368013

鎮守の森の感想・レビュー・書評

  • 資料番号:010263531
    請求記号:651.1ミ

  • 「鎮守の森とは、実は最もダイナミックに安定した一つの森社会である」


    ***
    ・「ふるさとの木によるふるさととの森」
    ・潜在自然植生
    ・ダイナミックに持続的維持される集団の多様性
    ・エコロジーと宗教
    ***

  • 新日鉄の大分製鉄所のエピソードが興味深い
    見に行ってみたくなった。

    チュクセン教授との出会いが宮脇先生の研究を開花させたようだ。

  • 帯表
    日本再生のヒントは「ふるさとの緑」にあった!
    帯裏
    日本人の心にぬくもりを取り戻す「鎮守の森」の奇跡!
    長年、植物学の世界的権威が情熱を注ぎ込んできた、「ふるさとの木によるふるさとの森」の思想と実践。
    厳しい自然環境に耐え、大災害にも負けず、千年の後の世も生き続けるような森は、いかにつくられるのか。
    人々を守り、育て、心の拠り所となる森の秘密を語る。

  • 科学文明がいくら進んでも、自然や伝統の智慧は深い。今私たちが忘れている大切な実践課題を想い出させてくれます。子どもや孫っていう、何十年先を見越した暮らし方のために・・・。

  • 分類=森林。00年4月。

  • 潜在自然植生に基づき、3000万本の木を植えた植物生態学者、宮脇昭氏の本。

    私達が普段目にしている雑木林も、実は土地本来の森ではないと知っていましたか?
    土地本来の潜在自然植生により木を植えれば、森は二十年で再生し、
    その後千年、二千年と生き続けるのだそうです。

    二十年で再生する、と聞けば、なんだかいろいろな事が、
    まだ間に合うのではないかと期待がふくらみます。
    私は決してエコロジストではないけれど、この本は非常に興味深く読みました。

    ちょうど先日NHKで宮脇先生が喋っているところを拝見しました。
    その風貌もまた、魅力的な方でした。
    御歳77歳にして木にも登る!

    「ただ周りから必要とされるかされないかは関係ありません。本物というのは、もっと能動的な人物ですよ。人に役立つこと・・・、自分にも他人にも価値あることを人生をかけてやろうとする。そんな人のことだから、私もいまやめれば偽物ということです。大事なのは、いかに本物であろうとするか、そして、いかに本当の師や仲間とつながっていくか、ということです。」(InnovativeOneインタビューより)
    宮脇さんの言葉を聞いていると、岡本太郎さんを思い出してしまったりします。


    将来、小さな土地を持ったら、私も宮脇式で森を作るのだ!!

全10件中 1 - 10件を表示

鎮守の森はこんな本です

ツイートする