美しい心臓

  • 182人登録
  • 2.96評価
    • (4)
    • (12)
    • (34)
    • (13)
    • (5)
  • 29レビュー
著者 : 小手鞠るい
  • 新潮社 (2013年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104371051

美しい心臓の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この男性、まえにもそっくりな人いましたね・・・
    女の子もキャラに新鮮さがない。

    ラストこそ、「そうなるんだ・・・・」という部分あれ、
    あとは淡々と読んだ。

    とてもるいさんらしい作品だけど
    過去のキャラやストーリーを思い出さないような作品が読みたい。

  • DV被害に遭っている人妻が旦那から逃げ、妻子ある男と W不倫をする話。

    不倫してる最中の話がメインなので、さして興味はわかず…

  • 夫の暴力から逃れて、新しい生活でわたしはあの人と出会った。

    あの人には妻子がいて、わたしは離婚調停中のなか
    二人でいった遠い国での夢のような時間。

    この永遠が続かないことは十分わかっていて、だからこそ愛する人の死を望んだ。

    帰国して彼から与えられた新しい仕事と部屋で、彼のことだけを思い彼のためだけに時間を捧げたこと。
    少しずつわかってきた彼のこと、妻との間に最近になって赤ん坊が生まれていたこと。

    全部投げ出して、一人振り出しに戻るまで。

    不倫する男はずるいな。女は、まあ強いな。
    こういう言い方は著者に失礼だけど、度重なる逢瀬と男の口調にぞっとする。男と女って複雑。

  • 2017.8.10
    軽い感じでサラサラと1日で読めた。
    南国から帰るまでは、そんなにロマンチックでもなければ、関西弁の不倫相手も別に魅力的に思えない、狭くて馬鹿らしい世界だと思って読んだ。帰国以降どんな事件が起こるのかわくわくしたけど、なにか制裁があるわけでもなく、陶酔して終わった感じでモヤモヤが残った、あ、そうやって終わるのね、みたいな。

  • 期待していた程ではなかった。死を願うほど愛してる。だけどただの不倫。自分には離婚間際の夫がいるし相手には円満な家庭があるダブル不倫。死を願うほどの純粋な想いだったのか他人のもので絶対に手に入らない彼に対する意地でそう願ったのか曖昧。ラストでは生きていて欲しいになっているけど別れてるから冷静にだし。なんともいえない話だった。

  • 2015.12.16

  • ゴールがないから終われない。
    死という永遠を願いつつ、最後は生という有限を願う強さ。

  • 不倫する女性の心理を描いた私小説的な作品
    まあまあか。

  • 大分前に、「5時に夢中」で中瀬ゆかりさんがおもしろい!と紹介していたので読んでみました。全く事前情報なしで読んだため、何か起こるんじゃないかとズルズルと最後まで読んだものの、あーっていう終わり方でした。。でもやっぱり不倫の切り札は女が持ってるよなって改めて再確認できる作品でした。

全29件中 1 - 10件を表示

小手鞠るいの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

美しい心臓を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

美しい心臓を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

美しい心臓を本棚に「積読」で登録しているひと

美しい心臓の作品紹介

死んでしまえばいい。あの人が死ねば。そう願ってしまうほど、好きだった。好きな人の死を願うという感情は、果たして、愛情と呼べるのだろうか。もう逃れられない、愛に似て、非なるものから――。究極の愛を描いた島清恋愛文学賞受賞作『欲しいのは、あなただけ』の著者が、愛の真実を読者に問う。ひとつの愛が生まれて力尽きるまでを描き、狂おしいまでに切なく身を捩るほど熱い、大人の恋愛小説。

美しい心臓はこんな本です

美しい心臓のKindle版

美しい心臓の文庫

ツイートする