田舎暮らしと哲学

  • 17人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 木原武一
  • 新潮社 (2017年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104373024

田舎暮らしと哲学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「田舎暮らし」も「哲学」も
    自分とは大いにつながる言葉だと思い、
    新聞の書評を読んで以来気になっていた

    一つ一つがなかなか面白く
    深いが
    多分男性脳的発想なんだろうなあ
    と思う。
    昨日ジムでおばちゃんたちと雑談したけど
    林真理子のエッセーとか
    そっちの方が面白そうだったもんな。

    まあ確かにそれには同感だけど

    遠くへ遠くへ冒険とかに行って
    生活をかえりみなかったりするのが
    男性脳。そして理屈っぽい。
    身近なところに愉快を見出して
    身の丈から外れるような
    暴挙には出ないのが
    女性脳。感情優先だったりする。

全2件中 1 - 2件を表示

木原武一の作品

田舎暮らしと哲学の作品紹介

街を出よ、森に棲もう! 身近な世界こそ、発見と思索の喜びに満ちている。自然の中で、のびのび子供を育てたい、と房総に居を移したものの、それは予想を超えた困難の始まりでもあった。水道未完備、台風の水害、木々の手入れの想像を絶する手間……。そんな毎日も、先人の知恵や偉人の警句があれば、軽やかに乗り越えられる。日々の暮らしの中に学びの源泉を見出す、現代日本版「森の生活」。

ツイートする