うさぎとトランペット

  • 65人登録
  • 2.83評価
    • (4)
    • (3)
    • (18)
    • (3)
    • (7)
  • 15レビュー
著者 : 中沢けい
  • 新潮社 (2004年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104377022

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

うさぎとトランペットの感想・レビュー・書評

  • 楽隊のうさぎの後日談。吹奏楽

  • 『楽隊のうさぎ』と合わせて。
    時々ありがちな年齢設定の割に大人びてしまうということもなく、そこはなかなかうまいのだと思います。
    ただ、どちらもクラスで苛められたりハブられたりしてて、ちょっとしんどい。
    特に小学生は、もともと無口でうまく喋れないので、読んでる身にはもどかしすぎてこれまたしんどい。
    私が音楽に浸れないから、しんどい印象が残りすぎるのか……

    装画 / 小林 孝亘(協力/APS・西村画廊)
    装幀 / 新潮社装幀室
    初出 / 公明新聞2003年4月30日〜2004年3月27日連載。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:913.6||N
    資料ID:50401249

  • 吹奏楽のお話ということで読んだ。面白かったけれど、流れる倦怠感のようなものに馴染めなかった。とろとろ流れる風というかんじ。

  • こちらも(笑)

    吹奏楽やってる人は是非

  • カワイイ話だなと思います。吹奏楽をやっているヒトにオススメです。

  • 荒療治第二弾。これで終わり。笑。つまらない。楽器を吹く描写が少ない。全体に緩慢。この話の主人公は、大嫌いだ。いらいらして仕方がない。言わなければいけない場面で言うべきことを言えないひと。そういう人間に対して、甘い周囲。どちらにも。それは優しさではなく、誤魔化しだとしか思えない。ことばじゃなくても何か意思を表示しろよ。音楽でもなんでも構わない。伝える努力を怠る子どもをベースに語られる音楽の物語なんか、あたしは信じない。

  • 前に読んだ『楽隊のうさぎ』のシリーズ。だが、前作とは全く違った内容になっている。主人公は小学5年生の宇佐子。
    トランペットの練習をしているのを聴きに早朝、こっそりでかける。トランペットを練習するお兄さんと同じクラスのミキちゃんは
    知り合いだった。クラスでは浮いてる存在のミキちゃんが、クラリネットを習っていることを知る。ミキちゃんに連れられて行ったところは、花の木ウィンド・オーケストラの練習場。ここには社会人や学生様々人が参加している。
    (かつて中学生だった『楽隊のうさぎ』の登場人物たちは、高校生となり、このオーケストラに所属。)
    そこで宇佐子はトランペットを教わることとなる。
    前作は中学校の中だけだが、今回は様々な年齢層がいて、物語が広がった気がした。
    ブラバンだけの話から、宇佐子の心情、ミキちゃんとの関係など『楽隊のうさぎ』よりも面白かったと思う。

  • 前作の楽隊のうさぎの続編にあたります。
    前作を読んでいると、登場人物たちの人間関係がわかって面白いでしょう。
    主人公は小学5年生の女の子。
    小学生でも派閥はあるよな。と、思い出させられました。

全15件中 1 - 15件を表示

うさぎとトランペットを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

うさぎとトランペットを本棚に「積読」で登録しているひと

うさぎとトランペットの作品紹介

宇佐子は小学校5年生。転校生のちょっと変わった女の子ミキちゃんを仲間はずれにするクラスの空気に傷ついて、夏休みを前に学校にいけなくなった。そんな中、ミキちゃんに誘われ、町のウィンド・オーケストラでトランペットを習うようになった宇佐子は、ブラスの楽しさ、演奏の喜びにふれて、次第に生き生きした心を取り戻していく。きらめく音があふれる、感動の長編小説。

うさぎとトランペットはこんな本です

うさぎとトランペットのKindle版

うさぎとトランペットの文庫

ツイートする