ブラック オア ホワイト

  • 360人登録
  • 2.85評価
    • (5)
    • (19)
    • (70)
    • (37)
    • (6)
  • 57レビュー
著者 : 浅田次郎
  • 新潮社 (2015年2月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104394050

ブラック オア ホワイトの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2017.06.25
    読み始めたけど、ちょっと今の自分には違うかな?と•••。

  • 黒の夢と白の夢。白ばかりでなく黒も見たくなるのが人間の性。
    でもちょっと消化不良な感じ。

  • 夢。
    悪夢とよい夢。
    現実と夢。

  • 夢を見なければ人生の三分の一は空白だ。
    それは罪だと思わないか。
    「近ごろ、よく眠れるかい」
    久しぶりに再会した都築君はそう言って語り始めた。
    三代続くエリート商社マンだった彼の輝かしい人生を暗転させた美しい悪夢の数々、そしてその果てに見たこの国の本性を――。
    バブル全盛期、経済の最前線に立った一人の男の「夢」を通して近代日本の実像を描き出す、野心に満ちた長篇現代小説。
    (アマゾンより引用)

    何かイマイチ面白くなかった。
    面白そうな気がして読み進めたけど、面白くなかった。

  • 浅田次郎さん大好きなんですが、

    この本は夢がテーマで、
    本当に夢のようなペースで進んでいくというか、進んでいるのかどうか、本当かどうかもわからないような、ぼわーっとしたものが全体を覆っている感じがしました。
    私はあまり面白く思えませんでした。

  • 夢の世界は、私も愛しているな。
    とにかく、サスペンスの様な夢物語の様な戦争もののような…分かりやすく言うと真面目な方の浅田作品。御涙頂戴はなし(人それぞれだが)
    物語として楽しく読んだが、読後感はいまいち。

  • 白or黒枕で夢をみる話。
    白い枕の方だけ、使ってみたい。

  • 代々商社マンの都築氏が、輝かしい人生を、夢と現実のはざまで見た夢は現実か?

    スイス、パラオ、インド、中国など、世界を美女と仕事で、駆け巡る夢。

    最初は、ファンタジー小説かと思うような 話と、時空を超えた話で、読み進んだが、、、
    少しづつ、話の飛び方についていけなくなって来た。
    白い枕は楽しい夢を、そして黒い枕は悪夢を、、、まではついていけたが、、、
    満鉄で、権力もあった祖父、、、そして、財閥として宇津居ている主人公の対話。
    少しづつ話が理解できなくなって来る。

    伊藤忠、丸紅、日商岩井、、、、私の父も、私も、この中の商社で、勤務した。
    商総合商社が、明治の富国強兵策での申し子であったように描かれているのは、作者の考えによるものであろうか?

    ファンタジー的な小説とも違って、読みにくい本で本であった。

  • 夢の中の女性と世界中を旅している気分になれて
    一気に読んだ。
    時代の感覚も細やかに描かれていて私の好みだった。

    私は最後の仕掛け的な結末でなくても十分に
    楽しめると感じる。浅田さんは、サービス精神旺盛で
    作り込みすぎてしまうところがあるのかもしれない。

  • エリート商社マンである語り部が世界の各地で見た、白い夢と黒い夢。栄光と挫折を描く浅田次郎の小説。

    読む前の期待が大きかったので、ちょっとガッカリ感。
    皆さんのレビュー評価も低いですね。

    個人的に、何がイマイチだったかというと、もっとエリート商社マンとしての話が読みたかったかな、と。

    例えば、現実と白い夢と黒い夢の3つのストーリーで、ビジネスにおける大事な局面の選択のパラレルワールドをかき分けるとか。

    実際のお話しでは、夢の部分がビジネスに関係なくて、過去の浅田作品を探してくればどこかにありそうな話ばかりでした。
    そういった意味では、新しさをあまり感じなかったですね。

    浅田さんへの、愛ゆえの辛辣レビューでした(^-^;

全57件中 1 - 10件を表示

浅田次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ブラック オア ホワイトを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ブラック オア ホワイトを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ブラック オア ホワイトを本棚に「積読」で登録しているひと

ブラック オア ホワイトの作品紹介

夢を見なければ人生の三分の一は空白だ。それは罪だと思わないか。「近ごろ、よく眠れるかい」久しぶりに再会した都築君はそう言って語り始めた。三代続くエリート商社マンだった彼の輝かしい人生を暗転させた美しい悪夢の数々、そしてその果てに見たこの国の本性を――。バブル全盛期、経済の最前線に立った一人の男の「夢」を通して近代日本の実像を描き出す、野心に満ちた長篇現代小説。

ブラック オア ホワイトの文庫

ブラック オア ホワイトのKindle版

ツイートする