私の嫌いな10の人びと

  • 274人登録
  • 3.45評価
    • (26)
    • (30)
    • (86)
    • (9)
    • (2)
  • 54レビュー
著者 : 中島義道
  • 新潮社 (2006年1月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104397037

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
中島 義道
村上 春樹
伊坂 幸太郎
湊 かなえ
村上 春樹
フランツ・カフカ
劇団ひとり
綿矢 りさ
奥田 英朗
中島 義道
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

私の嫌いな10の人びとの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 表紙を見て
    ・笑顔の絶えない人
    ・みんなの喜ぶ顔が見たい人
    ・いつも前向きに生きている人
    ・物事をはっきり言わない人
    この辺は確かに私も嫌いだなぁと思った。例えば、笑顔の〜でいうと、接客のときの笑顔とかずーっと微笑みっぱなしの店があったんだけど、こちらもそれに合わせなければいけないのか、という妙なプレッシャーがあった。ニュースや身近な出来事について、世間的には何故か是とされているんだけど、本当にそんなにいいもんかな?、などとすぐ疑問に思ってしまう人にはなかなか共感するところが多い本なのではないだろうか。

    ・「おれ、バカだから」と言う人
    これは私にも思い当たるところがあるので、見直したい。でも、知識量の多い人などと話すと、どうしても自分の無知加減が晒されてしまい、つい言ってしまうのである。著者の仰るとおり、そんなこと言わんでもバレてるわけですが。

    理屈だけ言わせると痛烈な物言いで気に障る読者もいるのかもしれないが、はなむけの言葉を書くエピソードを読むとなかなか深みのある人だなと思う。表向きの当たり障りない言葉でなく、「ほんとうのこと」を綴ったという文章は辛辣だが温かい。

  • 観点が面白かったですがここまで強くなれない。
    でもこの人の別の本も読んでみたい。

  • 笑顔の絶えない人、感謝の気持ちを忘れない人、みんなの喜ぶ顔が見たい人などの独善性をバッサリと断罪している。共感するところが多かった。

  • 面白い。家族至上主義は気持ち悪いなと私も思う。正直、親に対して、私を産んでくれてありがとう!なんて微塵も思ったことない。だから、私も子供を産みたくないと思っている。が、この考え方も変わることもあるのかしら。

    他人に対してーたとえわが子に対してであっても、情けない という言葉を発することが許されるほど完璧な人はこの世に1人もいないと私は思っています。

  • わりと好きでよく読んでいる哲学者さんの本。
    この本に限らず、彼の本は読んでいて「そんな捻くれた考え方しなくてもいーのになー」って思うんだけどw、でも、一般的な人たちの考え方や常識に僕たちがどれだけ妄信的で欺瞞的になっているのか考えさせてくれる。
    そーゆー意味では読む価値は充分にあるし、1つの考え方としてとても興味深いです。

  • 分かる。でもそれってなかなか口にできない。

  • 考えることを怠って生きてきた私に、グサリと刺さる意見ばかりだった。
    もっと自己理解を深め、個性を大切にしていきたいと思った。

  • ◆筆者の姿勢は、よくいえば自分で徹底的に考え自分を貫くということ、わるくいえば、(多数派の人びとが思い描く”社会”にとって)反社会的としかいいようがありません。ところが、そんな筆者が描く「嫌いな人」だからこそ、多くの読者はこの本から、世間で「いい人」だとされている人びとの裏側にひそんでいる気持ち悪さを感じ取ってしまうのかもしれません。その点では、ちょうど、セーターの内側に毛虫を入れるような本です。

    ◆じつはこの本に現れる10の人びと(下部に記載)は、”自分にとって”ポジティブな考え方だけを受け入れ、ネガティブなものに対しては拒絶するかフタをし続ける人、といえるのではないでしょうか。そのポジティブな考え方はおおむね世間にあるものであり、それを無抵抗で受け入れることは、「自分」で感じ考えることを放棄しながら生きてゆくため(つまり楽に生きる)のもっとも簡単な手段なのです。そして、ずるがしこい一部の人は、そこにネガティブなものがあることにも気がついているのに、むしろそれを自己肯定の糧にしてしまう。この本で挙げられている「嫌いな人」からは、そんな気持ち悪さが感じ取ることができると思います。

    ◆『中には「ほんとうのことを書いているのは中島先生だけだ」とさえ言ってくれる人もいました。ただそう言うだけの人、そして自分は依然として因習と慣習にがんじがらめになった言葉を発している人、そういうずるがしこくて不誠実な人に正確に矛先を向けて、私は書いているのに! (p. 52)』

    * 目 次 *
    1章:笑顔の絶えない人
    2章:常に感謝の気持ちを忘れない人
    3章:みんなの喜ぶ顔が見たい人
    4章:いつも前向きに生きている人
    5章:自分の仕事に「誇り」をもっている人
    6章:「けじめ」を大切にする人
    7章:喧嘩が起こるとすぐ止めようとする人
    8章:物事をはっきり言わない人
    9章:「おれ、バカだから」と言う人
    10章:「わが人生に悔いはない」と思っている人

  • 著者である哲学者による嫌いな人に対するダメ出し集。あーゆー人が嫌い、こーゆー人が嫌い、と続く。分かる部分も多いけれど、かなり手厳しい。大多数の日本人に対してダメ出ししている。
    基本的には、浅はかな押し付けと逃げの姿勢が嫌いらしい。つまりは良く考えろと言っているんだろうな。楽をしないで一生考え続けろと。
    僕は何となく嫌いな人がいるが、何故嫌いかを理解することができたので、非常に為になった。
    ただし、読むと精神衛生上よろしくないのでオススメしません。

  • 極論ではあるが、10のタイプの 「いい人」 に疑問すら湧かない人にこそ、その暴力性を知って欲しい。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/11894014.html

全54件中 1 - 10件を表示

私の嫌いな10の人びとに関連する談話室の質問

私の嫌いな10の人びとを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

私の嫌いな10の人びとを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする