どこから行っても遠い町

  • 929人登録
  • 3.51評価
    • (74)
    • (134)
    • (223)
    • (31)
    • (7)
  • 196レビュー
著者 : 川上弘美
  • 新潮社 (2008年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104412051

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小川 糸
小川 洋子
桜庭 一樹
三浦 しをん
東野 圭吾
万城目 学
有川 浩
川上 未映子
村上 春樹
万城目 学
川上 弘美
伊坂 幸太郎
角田 光代
伊坂 幸太郎
絲山 秋子
森見 登美彦
村上 春樹
絲山 秋子
川上 弘美
湊 かなえ
万城目 学
有効な右矢印 無効な右矢印

どこから行っても遠い町の感想・レビュー・書評

  • 電車の窓から町の風景を見るのが好きです。ごく普通の住宅地を飽きずに眺めています。立ち並ぶ家々の窓の向こうには住む人がいて、それぞれ「生活」があるのだろう。そんなことを思いながら、ぼーっと眺めています。
    この本を読んで、ふとそんなことを思いました。
    古い商店街のある町に住む人々の日常。日常と言えど、それぞれの形があり、それぞれの想いがある。狂言回しとなるような人物や場所を据えず、それぞれの話の登場人物が何となく繋がり重なる。人の営みが集まり町となる。人の想いが集まり町となる。
    日常を描いているのにファンタジーじみて感じるのは、作者川上弘美の掌上に世界があり、作者のまなざしを感じるからでしょうか。そのまなざしは温かいのに、よそよそしく愛想ない。だから登場人物たちは、作者の掌上で思い思いの生活を営むのでしょう。

  • 予想以上によかった。短編集だが、次の物語に前の物語の人が一部かかわっている形式。どの人も、どの家も、幸せ不幸せというよりは、希望と不思議と悲しみとおかしさといろんなものがミックスジュースになっているようだ。自分ひとりの力ではいかんともしがたいもの、思いもしなかったことが起こる喜びや悲しみ、人間の力と弱さ、作者の観察眼と表現力に脱帽。平凡な日常を、深く切り込んで書いていくこの人の作品が好きだ。

  • 東京東部の下町〜商店街を舞台にした連作短編集。
    語り手が老若男女と次々と変わり、それぞれにまったく違った、些細で個人的な物語を進める。その物語の語り手は、いつも自立していて優しいから、読んでいてほっとする。ひとつひとつがどれかの話に薄く薄く繋がっていて、「あ、あの人はあの後こうなったのか…」ということが微かにわかる小さな歓び。読んでいるうちに、読者の中に小さな街が生まれる。
    どの話も面白くて選べないけど、おかみさんの央子さんと板前の廉ちゃんの15歳差の恋愛を描いた「四度目の浪花節」は、大人の恋愛だな〜という風情で素敵だった。
    表題作の「どこから行っても遠い街」は、”生きてきたというそのことだけで、つねに事を決めていたのだ”ってことに、瞬間気づく不倫男性のお話。人生の核心めいたことをはっきりとわかりやすく記してあって、意外な感じがした。

    最初の「小屋のある屋上」で、商店街の魚屋さん魚春の平蔵さんが、両親、義両親、実妹、奥さんと立て続けに亡くしているという事実がわかり、最後の「ゆるく巻くかたつむりの殻」は平蔵さんの亡くなった奥さんが語り手です。
    奥さんは「好きな人が死ぬと、すこし、自分も死ぬのよ」といいます。平蔵さんは、死んだ人間もまだ死んでない、といいます。奥さんが自分の記憶を「はかない」と思い起こしていて寂しい気持ちになるけれど、最後は「捨てたものではなかった、わたしの人生」と終わるから、少し救われた気持ちになりました。
    最初と最後の話のせいなのか、死に包まれたようなふわふわした気持ちが残って、「どこから行っても遠い街」は黄泉の国のような気がしてきます。ただの小さな商店街だけど、黄泉につながっているような。一生辿り着けないような。なにげない自分の生活だって死に向かっているということか。生きること自体が、すべて。

  • 下町の商店街が舞台ということもあって、昭和後半の雰囲気が漂う連作短編集。
    顔見知り程度のご近所さんの今まで知らなかった一面を、ちょっとしたきっかけで共有することとなり、それぞれの生き様に人間味を覚え、今までよりどこか親しみを感じる様になったと言う感覚。
    特に大きな事件も起こらず、各章の主人公のつれづれとした語りで成り立っているので、中途半端な印象はあるけれども、別に嫌ではない。小説を読む上での刺激には欠けているけれども、生ぬるい空気に包まれているのも、悪くはないかという感じ。
    11ある短編の中であえて言うなら、「長い夜の紅茶」のお見合い結婚のお嫁さんと姑さんのお話が好き。

  • 普通の短編集かと思って読み始めたら、
    途中で作者のたくらみに気付いてハッとする。
    面白い、と思う気持ちが加速する。
    どの話を読んでも、不思議と嫌な気持ちにはならない。
    奇妙なエピソードも川上さんに切り取られるとちゃんと様になる。
    タイトルが「街」じゃなくて「町」なのもいいと思う。
    お洒落な「街」じゃなくて、そこらへんの「町」がこの物語にはぴったりだ。
    『貝殻のある飾り窓』と『ゆるく巻くかたつむりの殻』が好きです。

  • 連作短編が大好きなんです。
    誰にでも物語はあるんだ、って考えると楽しくなりませんか。
    たとえば電車の移動中、前に座った人の性格とか、好きな音楽とか、色々想像してしまうような。

  • 好き。良い。

    「四度めの浪花節」がとくによかった。

    わたしも、うんと年上の女の人に夢中になりたい。
    と、なぜか、男の立場で思ってしまった。

  •  川上弘美さんは、趣味に合わないなんて、長らく思っていたけれど。
     だれもが絶賛する「先生の鞄」もいまいち楽しめなかったし・・・。

     でも、これはとてもよい。しっとりと川上ワールドにひたりました。読むのをやめたくないような楽しみ。終わりが近づくのが残念なほど。

  • とある町の商店街を中心にそこで暮らす人々が、話の主人公になっている短編集だが、登場人物が、重なっているので、全部つなげてひとつの話になっている、と思う。「争いをさけて、あつくならず、一歩引いて」というようないつもの女の人が主人公のが多かった中で、男の子が主人公の話は新鮮で良かった。谷内六郎の表紙がまたいい。

  • ある商店街を舞台にいろんな登場人物が少しずつ重なり合う話。それぞれが魅力的な人達で、ちょっとした出来事での感情の動きに、はっとさせられる。
    取り上げていない人物の物語も読んでみたい。
    すっごく好きな作品でまた読み返すと思う。

  • 11の短い物語から構成されているのだが、その物語がそれぞれに交錯して一つの物語を織り成している。
    読んだ後の気持ちはどんなだっただろうと自問してみたが、寂しいでも悲しいでも面白いでも楽しいでもない。
    内容は柔らかいのだけれど、どこか淡々としている感じ。
    でも好きな一冊。
    彼女の作品を積極的に読んでみようと思う。

  • 川上弘美の作品は他に「センセイの鞄」くらいしか
    読んだことがないので、どうしても比較してしまうが
    「センセイの鞄」がしっとりとした雰囲気をもつ小説だったとすると
    本書はじんわり、とした濡れ方をするような短編集だった。

    「どこから行っても遠い町」というのは
    つまるところ、自分や、自分の心のことなのだろう。
    東京の小さな商店街を交差する人々をゆるく絡め合いながら
    11の短編は進められていく。
    どの話も、じんわりと湿っていて、暗くて、だけど絶望的じゃない。
    人間のもつ、どうしようもないやりきれなさ
    ――年をとること、そして知っていってしまうこと――
    それを各々の主人公は見つめながら、生活する。怯えたように。

    そんな雰囲気を払拭するかのように、最後の短編は書かれていた。
    記憶の奥底でつながっていく。
    だから、死んでも「あたし」が消えることはない。
    人間というものは、奥底でつながり合いながら、生きて、死んでいく。
    だから、誰も完全には消えることはできないのだと
    「しっとりとした」独白でこの商店街を巡る旅は終わる。

  • 短編集。
    自覚なく繋がる町の人たちの日常が面白かった。

    

  • 商店街に住んでいる様々な人の視点で語られる短編集。

    川上弘美さんのセンセイの鞄がだいすきで、他のも読んでみようと思って、パスタマシーンの幽霊と、この本を読んでみた。二冊とも面白いんだけど、いまいち引き込まれなかったなあ。大きな展開がない(いや、あるっちゃあるんだけど、親族が次々と亡くなったりとか、でも描写が淡々としてるから大きな出来事に感じない)せいか、同じような雰囲気の短編がただダラダラと続いてるように感じた。
    こういうひたすら日常生活を描いてる系の小説は私と相性が悪いのか、あんまりピンと来ないなと気づいた。江國香織の間宮兄弟しかり。

  • 続きが読みたい とか、
    共感できる とか、
    私には思えませんでした。

    川上弘美さんの作品は
    こんど他のものを
    試してみようと思います。

  • はいりこめなかった

  • こういう感じ好き。

  • 主人公が同じエリアで変わるよくある連作。
    内容も。。。どこかでこんなのあったよね、ってかんじかな。
    不快ではないけど印象には残らない感じだなー。

  • 淡い作品集。
    連作短編集なのだけれども、Aに出てきた脇役1がBで主役ではなく、違った人物2がBで1について語るという…(わかりにくい説明でスミマセン)
    ちょっと変わった連作短編集でした。
    「小屋のある屋上」は、魚が食べたくなります。
    「長い夜の紅茶」に出てくる姑の弥生さん、好きだな。

  • ゆるりと繋がる人と人の短編。

    街は人でできている。

    息づいている。

  • 日常の中で感じるものについて。
    短編集なんだけど、さり気なく登場人物が繋がっていて読み進めるのが楽しかった。

  • ちょっとタイクツな感じな始まりと思うも、どんどん次が読みたくなる、さすが、やっぱり、川上弘美さん。相手の本当の優しさに気付ける間柄はステキと思います。

  • 生臭くない程度にリアル。鼻白まない加減にファンタジックで、いつのまにか川上弘美マジックの術中にはまっている。

  • 主に、商店街のある町が舞台。
    登場人物たちは、みんな少しずつ、お互いの人生を絡ませながら生きています。

    友人だったり知り合いだったり、友人だった人だったり、懐かしい人だったり、親だったり好きな人だったり。

    語り部は、みんな影があって、暗くて、冷静で、あまり人間臭くないような、でもこれこそ人間らしいような人ばかり。

    一番じんと来たのは最後の物語、『ゆるく巻くかたつむりの殻』。
    (引用もひとつを除き、ここからばかり取りました)

    真紀という人が、この人の感性が、なんだか自分に似ているような気がして、句点の多い、ひらがなの多い真紀の語り口調が、じんじん胸にきました。

    幸せなことばかりではないけれど、あたしもいつかは

    「捨てたものではなかったです、あたしの人生」

    と言いたいものです。

全196件中 1 - 25件を表示

どこから行っても遠い町を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

どこから行っても遠い町を本棚に「積読」で登録しているひと

どこから行っても遠い町の作品紹介

男二人が奇妙な仲のよさで同居する魚屋の話、真夜中に差し向かいで紅茶をのむ「平凡」な主婦とその姑、両親の不仲をじっとみつめる小学生、裸足で男のもとへ駆けていった魚屋の死んだ女房…東京の小さな町の商店街と、そこをゆきかう人々の、その平穏な日々にあるあやうさと幸福。短篇の名手による待望の傑作連作小説集。

どこから行っても遠い町の文庫

ツイートする