かもめの日

  • 90人登録
  • 2.98評価
    • (1)
    • (5)
    • (30)
    • (4)
    • (2)
  • 15レビュー
著者 : 黒川創
  • 新潮社 (2008年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104444038

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吉田 修一
中島 京子
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
有川 浩
小川 洋子
吉田 修一
夏川 草介
近藤 史恵
村上 春樹
伊坂 幸太郎
川上 未映子
有川 浩
川上 未映子
村上 春樹
万城目 学
湊 かなえ
桐野 夏生
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

かもめの日の感想・レビュー・書評

  • FM局のフリーアナウンサーの妻が、仕事をやめた。自分は番組の朗読の作家。バレエ教室の帰りに自転車から落ちて死亡。
    警察の調査でDJから直前に電話があったことを知る。浮気をされていた。
    番組のADは若い頃、集団で暴行をしていた。大人になった少女に復讐される。
    交通博物館が閉鎖になる。そこで働く男は航空工学を志望していた。ロシアの女性宇宙飛行士が「私はかもめ」と宇宙遊泳したのがきっかけ。
    女性宇宙飛行士はすでに妊娠していた。人体実験だったかもしれない。生まれた子供は医者になった。両親は子供が成人後に離婚。
    FM局のアナウンサーは全員がフリー。40歳に近くなると首。
    「わたしはかもめ」と連呼したのは、無重力により、頭がおかしくなっていた可能性もある。
    ロシアの技術の飛行士に着陸技術を要求。女性宇宙飛行士は優秀なパラシュート隊員だった。

  • あるFM放送局に関わる人達と心も身体も傷ついた一人の少女をめぐる物語。千恵と絵理はニーナでもあり、テレシコワでもあるのだろうか?現在形で綴られる文体は、読みやすいようで読みにくいような。ラジオでのしゃべりを意識してるのかな。

  • 真暗闇に浮かぶ宇宙船の窓から見える青い地球がだんだん近づいてきて大気圏に突入し、雲を抜け日本の地形が現れ、ビル群が現れ、都会の朝の光景へとズームインしていく…そんな映像が目に浮かびました。登場人物が現れては消え、またひょこっと別の場面で顔を出しと連鎖していく様子もまたズームイン・アウトの映像的な印象を受けました。

  • 金曜夜のラジオのナビゲーターを務める幸田昌司。
    彼とコンビを組むフリーアナウンサーの西圭子。
    ラジオドラマのシナリオを書いている瀬戸山春彦。
    元アナウンサーで急死してしまった瀬戸山千恵。
    ディレクターに反感を抱くADの森ちゃん。
    昔まわされたことを今も恨みに思っている絵理。
    絵理を道端で拾った研究員のヒデ。
    だんだん見えてくる彼らのつながり。
    装丁:新潮社装丁室

    たたみかけるような現在形で淡々とした文体が特徴的です。
    ヤー・チャイカが何を象徴しているのかがよくわからなかった。
    空への憧れ?仕組まれた結婚?
    装丁がストーリーと合っていると思う。

  • 衝動買い、あんまり。
    文学っっぽかったのがあんまり。
    明るい夜に手を出そう

  • 視点の切り替えがかなり頻繁。
    それぞれの視点で描かれる話は、まるで寄せては帰る波のよう。
    形がそれぞれ異なっているけれど、読み手が意識を少し引いて全体を眺めると、あぁ海だ・・・と気付く感じ。

    交錯する人たち(ラジオ局のナビゲーター・朗読用ショートストーリーを作る作家とその妻・AD・女子アナ・少女と少女を心配する青年)も、変に繋がりを持たせすぎないで、あっさり書かれているところに作者の力量を見ました。
    とりとめのない話のようで、大きな意味のある話のようで・・・。
    読む側によって、いくらでも化ける本だなぁという印象。
    玄人好みな本、でもあるかも。
    女性初の宇宙飛行士・テレシコワのセリフ「ヤー・チャイカ(わたしはかもめ)」が妙に好きで、しかもチェーホフ(でも「かもめ」より「ワーニャ伯父さん」が好き)も好きなので、この2つが好きな自分にとってはたまらなく魅力的な一冊でした。

  • 誰に勧められたのか忘れたけれども、勧められて読んだ。冒頭の文体とテンポでもっていかれて、するすると流れるように、いろんなチャンネルが切り替わり、巻き戻り、時につながり、して、ラストまで流れていく。いろんな人の人生がサンプリングされている趣向で若干物語くさくはあるけれども、なんともいえない読後の余韻は、あー小説読んだなーって感じて、僕的には良作。

  • 派手な事件はなく、淡々とシーンが入れ替わる。そして読み終わった時には登場したシーンがつながってゆく。抑えた感じさえ感じる書きぶりは洗練さも感じられる。おそらく、ゆっくり時間があるときに余裕をもって読むべき本であろう。

  • 流れに乗るのが難しいお話

  • 著者の作品は初めて読みました。さらっと読めるかと思っていたら、話がいろいろ展開していて、予想外でした。一気に読んだ方が良かったかもしれません。

  • 表も裏も装丁がとっても素敵。内容は決してはいりやすいものじゃないが、そのぶん浸れるものもある。終盤に向けての集束はとても心地のいいものだった。結婚についての考察が好きだった。

  • 印象が薄いのです。登場人物もエピソードも。一見バラバラの人達が、最後に纏りを見せるという話らしいのですが、どうなるんだろうという、ドキドキ感が無かった。

  • 時々、「自分が興味が持てないジャンルを読んでみよう病」に罹患。 そして己の感度の悪さ、入れ物の小ささを目の当たりにする。すいません。 素晴らしさを感じる前に挫折。

  • たぶん 自分が好きなタイプの話なんだけど ちょっと 最近疲れてるので ぼーっと読んでしまいました。。。

  • これ、帯が大仰すぎないか?
    そんな傑作には思えなかった。バタバタと登場人物たちの動機、行動、時系列がつながっていくのだけれども、その手法も伏線の張り方も特に目新しさなし。
    (200803)

全15件中 1 - 15件を表示

かもめの日に関連するまとめ

かもめの日を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

かもめの日を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

かもめの日はこんな本です

かもめの日の文庫

ツイートする