暗殺者たち

  • 67人登録
  • 3.38評価
    • (2)
    • (4)
    • (5)
    • (1)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 黒川創
  • 新潮社 (2013年5月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104444069

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
冲方 丁
中村 文則
村上 春樹
ジャレド・ダイア...
いとう せいこう
伊藤 計劃
池井戸 潤
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

暗殺者たちの感想・レビュー・書評

  • 漱石の実際の未発表文“韓満所感”をもとにロシアの大学で明治期の暗殺者たちとその周辺にいた人々について講義する、という架空の講演形式で物語が進む。

    伊藤博文、安重根、明治期の社会主義運動家、漱石にドストエフスキー。様々な人が散りばめられているが、“韓満所感”を掘り下げるでもなく、点と点を結ぶわけでもない。興味深いエピソードがあるしトリビア的な知識も得られるが、物語るという点では勢いがない。

    講演記録の形にした意図も不明確でよく分からず。暗殺者と本当に呼べる人は伊藤博文と安重根しかいなかったというのも、伝わりにくい。
    面白い小話が多いのにまとまりもなく、う―ん。

  • 黒川創『暗殺者たち』新潮社、読了。安重根の伊藤博文暗殺から大逆事件に至るまで、当時の思想家群像を描き出す長編小説。ロシアの大学での講演「ドストエフスキーと大逆事件」という体裁で、当時の人間群像を生き生きと描く。学者が見落としがちなエピソードを拾い上げ、時代の雰囲気の描写がリアル。

  • 独特の構成。
    これだけでもこの本を読んだかいがある位、なかなか珍しいと思うし、かつ、成功している。
    現実を苦々しく見るだけで受け入れるしか手が無い大多数の人間の象徴として漱石という日本を代表する知識人の動向を基底におきつつ、現実を能動的に変えようとする暗殺者達の協奏、特に伊藤と安の同質性が上手く描かれている。
    またこういう結末、村上春樹的に言えば読者に委ねられた開放的な構成は当方好み。
    つまるところ読み応え十分の作品かと。

  • 時代と空気を語り直す(「暗殺者たち」黒川創著)評者=陣野俊史・批評家:日本経済新聞
    http://www.nikkei.com/article/DGXDZO56883870S3A700C1NNK001/

    誰か「The Life of Seinosuke :Dr. Oishi and the High Treason Incident.──誠之助の生涯:ドクトル大石と大逆事件」ジョセフ・クローニン (Joseph Cronin)著(編集グループ〈SURE〉)を訳して!
    http://www.groupsure.net/

    新潮社のPR
    「漱石の未確認原稿発掘で話題沸騰! 日本人作家がロシア人学生に語りだす、20世紀初頭を生きた「暗殺者」たちの真実。

    安重根による伊藤博文暗殺。大逆事件で処刑された幸徳秋水、管野須賀子、大石誠之助。生きのびた荒畑寒村……。日本近代史のなかの人々が、いまそこに生きている人として語りなおされ、歴史の記述にはおさまらないいきいきとしたポルトレとして浮かびあがってくる。小説ならではの達成として動乱の時代を語る画期的な長篇。」

全4件中 1 - 4件を表示

暗殺者たちを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

暗殺者たちの作品紹介

漱石の未確認原稿発掘で話題沸騰! 日本人作家がロシア人学生に語りだす、20世紀初頭を生きた「暗殺者」たちの真実。安重根による伊藤博文暗殺。大逆事件で処刑された幸徳秋水、管野須賀子、大石誠之助。生きのびた荒畑寒村……。日本近代史のなかの人々が、いまそこに生きている人として語りなおされ、歴史の記述にはおさまらないいきいきとしたポルトレとして浮かびあがってくる。小説ならではの達成として動乱の時代を語る画期的な長篇。

暗殺者たちのKindle版

ツイートする