池波正太郎指南 食道楽の作法

  • 22人登録
  • 3.17評価
    • (0)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 佐藤隆介
  • 新潮社 (2009年10月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104453023

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

池波正太郎指南 食道楽の作法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  とにかくお腹がすく。いくつか料理方法が掲載されているが、目分量なので同じものができるかどうかはわからない。やみくもに安い食材を買うのではなくもっと季節・旬に目を向けてその時期の気候や風とともに素材を楽しみたいと淡く思った。

  • 池波正太郎「食の作法」とは、確実な死に向かって、有限の時間を確実に減らして行く-それが人の一生。しかも、明日が最後の一日でないという保証はない。だから、今日という一日が大事なんだ。毎日そう思って飯を食え。そう思って酒を飲め。そうありたいですが、凡百の私にはとてもとても。でも少しは努力はしています。より美味しく、より楽しく、と。

  • 今までの著作は、「いかに池波正太郎の書生として学んだか」の面が強かった(それが、本の売りでもあったと思う)が、このエッセイでは、著者自身の食に対する姿勢や薀蓄が含まれていて、よかったと思う。「ごちそうさま」の意味は、知りませんでした。勉強になりました。

全3件中 1 - 3件を表示

池波正太郎指南 食道楽の作法の作品紹介

「今日という日が人生最後の日かもしれない。毎日、そう思って飯を食え、酒を飲め」亡師にそう教わった。男の食卓即ち一期一会-老書生「口福」考の一篇。

池波正太郎指南 食道楽の作法の文庫

ツイートする