二青年図―乱歩と岩田準一

  • 31人登録
  • 3.36評価
    • (2)
    • (0)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 岩田準子
  • 新潮社 (2001年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104461011

二青年図―乱歩と岩田準一の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 江戸川乱歩関連本として。
    BL
    表紙の感じからしてちょっとお堅いかと思って読み始めたらなんと・・・

  • 終了日:2010・12・23、練りすぎて混乱寸前の領域だったな。
    …怖ぇ!岩田準一怖ぇ!!!!うおおおおこいつヤバい!
    なんか異様なBL×耽美派÷有象無象、みたいな具合。
    私は最高にアリだと思う。
    男同士のドロドログチャグチャ感情爆発意味不明な醜い争いが大好き。こういうの超大好物すぎてたまんない。

    というかやっぱり準一怖ぇ!
    まあ、愛憎ドロドロ男の醜い争いプラス耽美系五割増しの変なBL読んだ感じで、楽しめた。

    疲れるんだけどね…

  • 純粋に愛する人は苦しいものよね…と、男同士であることを越えて「愛すること」について考えちゃう一冊。成功する男(乱歩)っていうのはいつもどこかずるいのかもしれない。

  • 村山槐多の画『二少年図』をもじったタイトルのこの作品、出てくるのはおっさん二人ですが、そこら中少年愛に満ちています。岩田殿の妄想を除いて(笑)いかがわしさは殆どないです。やっぱこの二人はいい!何処までが実話で何処からが作り話なのか…と思わず考えてしまいます。

  • 「偉大な創造者に、造物主になるにはね、己れの奴隷になることだ。地獄へ落ちたってかまわないと思うほどに。たとえそれが誰にも理解されないことであっても、眉をしかめられるようなことであってもだ。人目を気にするか、自分の意志を全うするか、選択はひとつだ。」

  • 虚虚実実の味わい。

全6件中 1 - 6件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊藤 計劃
三島 由紀夫
パトリック レド...
アゴタ クリスト...
皆川 博子
三浦 しをん
長野 まゆみ
有効な右矢印 無効な右矢印

二青年図―乱歩と岩田準一の作品紹介

竹久夢二に画才と美貌を寵愛されていた岩田準一は18歳の夏、ある男に出会う。男の名は平井太郎、後の江戸川乱歩だった。二人は許されぬ悦楽の世界に淫して『パノラマ島奇談』、『孤島の鬼』少年探偵団シリーズなどを創造し、そして二人の愛を結晶させようと誓い合った…。乱歩、エロ、グロの相貌を塗り替える、秘するほかなかった愛のかたちを孫娘が描き出した血涙の長篇小説。

二青年図―乱歩と岩田準一はこんな本です

ツイートする