ため息の時間

  • 146人登録
  • 3.28評価
    • (5)
    • (14)
    • (57)
    • (2)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 唯川恵
  • 新潮社 (2001年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104469017

ため息の時間の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読むたびに恋愛に臆病になります。
    これ読んだの19の時だけど、歳をとるのが怖いと思ったようだ。
    歳とっちゃったよちょうど世代だよどうすれば…

  • ぞっとする話、プチほろりとくる話、奇妙な話・・・などがあり十分に楽しめた。この作家が好きになりました。

  • 愛したことが間違いなんじゃない。ただ少し、愛し方を間違えただけ―。完璧に家事をこなす妻を裏切り、若い女と浮気する木島。妻が化粧をするのを許さなかった原田。婚約寸前の彼女がいるのに社内で二股かれた洪一。仕事のために取引先の年上女性に近づく孝次…。裏切られても、傷つけられても、性懲りもなく惹かれあってしまう、恋をせずにいられない男と女のための恋愛小説9篇

  • 短編集。

  • 男性目線の恋愛短編小説。しかも出てくる男性すべてがごう慢で自分勝手で何も魅力を感じない。途中で読むのをやめちゃいそうだった。
    そんな中でも『バスストップ』では浮気を繰り返す旦那に何から何まで尽くしてくれていたと思いきや、どうしょうもなく手のかかるやっかいな夫に仕上げていた妻の物語にはものすごくスッキリした。女って強いなぁ。

  • 〈内容〉愛したことが間違いなんじゃない。ただ少し、愛し方を間違えただけ―。完璧に家事をこなす妻を裏切り、若い女と浮気する木島。妻が化粧をするのを許さなかった原田。婚約寸前の彼女がいるのに社内で二股かれた洪一。仕事のために取引先の年上女性に近づく孝次…。裏切られても、傷つけられても、性懲りもなく惹かれあってしまう、恋をせずにいられない男と女のための恋愛小説9篇。

  • 2012/5/26読了。
    男性目線からの女性が描かれており、新鮮だった。

  • 恋愛小説の短編集どの物語も楽しく読みました

  • パウダーでも食んでいるかのような物語達。
    何度読んでも新鮮さが淡く広がってゆく感じがする。

  • 男性目線で綴られた短編集。
    全部どことなく小気味悪い。

全19件中 1 - 10件を表示

唯川恵の作品

ため息の時間を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ため息の時間を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ため息の時間を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ため息の時間を本棚に「積読」で登録しているひと

ため息の時間はこんな本です

ため息の時間の文庫

ため息の時間のKindle版

ツイートする