途方もなく霧は流れる

  • 366人登録
  • 3.62評価
    • (21)
    • (67)
    • (58)
    • (5)
    • (4)
  • 75レビュー
著者 : 唯川恵
  • 新潮社 (2012年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104469055

途方もなく霧は流れるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「途方もなく」という言葉の響きが、
    話の筋の中のあちこちで漂う。

    主人公の父親の失踪
    主人公の失業
    最後は父親と同じように山で生活の糧を得て暮らすことになる。

    唯川恵の三段活用の最後の段に達したような気がする。
    時代物などもいけるのではないだろうか。

  • バツイチ、無職、田舎暮しの主人公梶木岳夫の話。人生の後半期を迎えた主人公の周りには素敵な女性が現れて羨ましい限り。妻に対する考え方は相通ずるところあり。主人公自身の老後最期の時と重ね合わせたように愛犬ロクの最期を看取りながら介護をする。

  • 久しぶりに唯川恵の本を手に取りました。相変わらず読みやすかったかな。
    男性目線で描かれてるのが意外だったのと、途中までは、恋愛なのか、サスペンス的なものなのか、話が散乱?してるような気がしたけど、最後はまとまったのかな。浮気や不倫を、許せるか黙認するか拒否するのか。人によって様々。

    軽井沢に行ってみたいな。GWと夏休み以外で。

  • 航空会社を退職して軽井沢に引っ越してきた49才の男性が主人公。先へ先へと読み急ぎたくなるのは、著者の小説が好きだからだろう。女性の思い切りの良く潔い転進が上手く描かれている。

  • 唯川さん珍しく男性主人公の作品でした。初めは戸惑いましたが読みやすかったです。
    ロクの最期は悲しかった…。動物には弱いですね。

  • 最後がなあ(-。-;

  • 面白かった。
    人間関係のつながりもアリな範囲だと思うし、世代もいろいろで読みやすかった。
    主人公のオヤジ、リストラ、無職なのにモテモテ♪( ´▽`)

    再読。
    前回面白かったと書いてる割には全く覚えていなかった( ̄▽ ̄)
    でも、今回もさくさく読んだ。
    大人の恋愛。
    綺麗な出来るオンナがいっぱい出てくる。

  • 男性にはあまり感情移入出来なかったけど、動物ものは止めて~(涙)
    ずるい!(笑)

  • 唯川恵さんの本は大好きです。根本的な悪い人があまりでてこない。今回男性視点ですすみましたが、やはり女性の細かい心理描写が素敵でした。あとはロク(犬)がとても華を添えていたと思いました。泣いちゃいました。

  • 唯川恵さんには珍しく、男性が主人公。東京でリストラにあった50歳の男性が、軽井沢で第二の人生をどう生きていくか、という物語。男性目線での、人生の考え方などがよく描かれていて、面白かった。

全75件中 1 - 10件を表示

途方もなく霧は流れるを本棚に登録しているひと

途方もなく霧は流れるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

途方もなく霧は流れるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

途方もなく霧は流れるを本棚に「積読」で登録しているひと

途方もなく霧は流れるの作品紹介

女は素知らぬ振りをして、いつも抜かりなくすべてを整えている-。仕事を辞め、失意のうちに東京を引き払って田舎で暮らすことに決めた岳夫。ボロ家に手を入れ、一人静かな暮らしを始めた彼の前に現れた一匹の犬と女たち。思いがけなく展開する人生に立ち向かう、大人のための物語。

途方もなく霧は流れるはこんな本です

ツイートする