藤田嗣治 パリからの恋文

  • 15人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 湯原かの子
  • 新潮社 (2006年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104488025

藤田嗣治 パリからの恋文の感想・レビュー・書評

  • すごい人なのに、日本であまり知られていないのでは。異国へ行っても日本らしさを忘れず、それを見事にしかもお洒落に融合させたところが本当に素晴らしい。エコールドパリ大好き。

  • フジタ氏の最初の妻であった鴇田(ときた)とみの実家に残る書簡をもとに、知られざる藤田嗣治像に迫ります。

    二人の結婚生活は長くは続きませんでしたが、フジタ氏が留学先のパリからとみに宛てて書き送った手紙は、新妻への愛情にあふれています。甘酸っぱい言葉の連なりに、目を見開いた箇所も…。

    絵画留学について相談をもちかけた森鴎外や、同時代にフランスで暮らしていた島崎藤村など、美術界に留まることなく多くの人とつながってゆくさまもまた、読んでいて楽しかったです。

全2件中 1 - 2件を表示

藤田嗣治 パリからの恋文はこんな本です

ツイートする