うかんむりのこども

  • 247人登録
  • 3.85評価
    • (22)
    • (19)
    • (19)
    • (5)
    • (1)
  • 30レビュー
著者 : 吉田篤弘
  • 新潮社 (2013年9月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (141ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104491032

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

うかんむりのこどもの感想・レビュー・書評

  • 昨日、美容院で
    隣に座って、パーマをあてていたお客に
    美容師さんが
    雑誌を差し出していた。

    「時間まで少しお待ちください。」
    それは良くある女性週刊誌の類であったが、
    ふと。

    (時間まで少々お待ちください、と言われ、
     差し出された本がもしも『辞書』だったら…。)

    などと、アホな事を想像し、
    思わず吹き出しそうになった。(^^;

    が。

    この本の著者なら
    「あ~、どうも、どうも!これがちょうど読みたかったのです!」
    と、言ってたいへん喜びそうな気がする。

    字遊びのフィールド本♪

    私も辞書はOKなほう。(重いのが多少難ですけど。)

  • 吉田篤弘さんの「文字」についてのエッセイ。
    謎かけのような、駄洒落のような、漫才のようなあれこれ。
    エッセイというジャンルの懐の深さに感嘆する。

    漢字と英単語はある時まで暗記するものだったのに、いつから「どうして?」と考え始めるようになったんだろう。
    いや、正確には、「どうして?」と言うのをある時にやめて、黙々と書き取りを始めて、またある時に「どうして?」が復活した。
    たぶんそれは書き取りをしなくてよくなったのと同時。

    吉田篤弘さんは私なんかよりもずっと前、ずっと深いところを探検している。
    読んでいて、「そんなところまで行っちゃいましたか!」と驚いてばかりだった。
    早く追いつきたいなと少し焦るけれど、吉田篤弘さんが見つけていない小道に寄り道しながら、私は私のペースで探検していきたいとも思う。

    たまには今どのあたりにいるのかエッセイで教えてくださいね…。とお願いしながら。

  • 文字にまつわる短いお話が、全部で24個。
    吉田さん流の言葉遊び、文字遊びに翻弄されてしまいます。
    普段何気なく目にする漢字を、じっくり見つめて、手に取って眺めて、ちょこっといたずらなんかしちゃったりすると、こんな豊かなストーリーが生まれてくるのだなぁ…と、思わずため息がこぼれました。

    図書館の分類上は914.6(エッセイ)に属するようですが、物語を読んでいる感覚でした。
    時にユーモアのセンスに感心し、時にう~むと考えさせられ、時にくすっと笑いがこぼれる。
    ほっこりした気持ちになりつつも、あそび心がうずうずしてくる本でした。

  • 漢字に纏わるお話。
    一文字で表現できる奥の深さ、その成り立ちや組み合わせ、展開の広がりは無限ではないけれど、探検するには十分すぎるほど。
    漢和辞典が愛読書だったわたしに、とっておきの一冊。

  • クラフトエディングっぽい感じで、楽しかった。

  • 漢字の好きな父に贈る為に購入。吉田篤弘さんの言葉遊びは面白いな。装丁屋らしい装丁もイイネ。父の感想が楽しみ。

  • 吉田さんの本というよりは、クラフト・エヴィングっぽい内容だった気がします。
    まあまあ面白い小咄という感じだったけど、内容のわりにちょっと値段が高すぎる気がする。装丁代なんだと思うけど。

  • 横長なのは『銀座百点』だからだそうで。
    漢字を使った軽やかに人を喰った物語風エッセイ。

    装幀・イラスト / クラフト・エヴィング商會(吉田浩美・吉田篤弘)
    初出 / 『銀座百点』2011年1月号~2012年12月号

  • 吉田篤弘さんの"世界の構築力"を盗みたいと思って著作を読ませてもらうのですが、いつもうやむやにされてしまう。困った(。-_-。)
    そして、言葉に対する鋭さがとてつもないんだよなあ。

  • 漢字や言葉のエッセイ。

    普段から目にしてる漢字ばかりで、新たな発見がいっぱいです。
    本当だ!スゴイ!!ってなりました。

  • この本を読むには十分な気力が必要です。集中力も。
    そのうち、うかんむりが目に張り付いておかしな感覚になります。
    ほー、へー、確かにねーと思うことばかり。
    ただ、突き詰めていくと頭が混乱しました。
    それを楽しんでいるんじゃないかと思ったり。
    言葉の魔術師かー。

  • 不思議な空気と文体にすいすい吸い寄せられ、迷い込んでしまう感じ。

  • 漢字の見方が面白くなってしまうような24編。エッセイのような物語のような不思議な文章。吉田篤弘さんのユーモラスな語り口で楽しく、また「へえ」と文字を学ぶような感覚で読むことができた。最後の、落ちの付け方も良い。

  • 漢字の本だった!タイトルに納得。

  • 日常使用する「字」をさまざまな形で取り上げて、関連する雑学のような知識を教えてくれる短篇集だ.楽しめた.「月」で登場する外国人の考察が面白い.

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:914.6||Y
    資料ID:51400009

    漢字から何か哲学的なものが見えて来ませんか?
    日本語を楽しく考えられると思います。
    (臨床薬剤学研究室 岩﨑先生推薦)

  • ウ冠の連想で浮かんでくる字にまつわるエッセー集。楽しく読み終えた。

  • うかんむりのこども。
    ウかんむりの子ども。
    字。

    文字遊びが楽しい。
    版形が可愛らしい。
    銀座が舞台ってのが個人的に嬉しい。

    クラフト・エヴィング商會のおかしな展覧会「星を賣る店」にて
    図録のほかにもう一冊、と思ったならばぜひこれを。
    さらりと読めるほんわか楽しい本です。

  • ひとつお話を読み終える度に、新しい視野を手に入れることが出来たような。面白い本でした。

  • 眠る前に読むのに最適

  • 横長の変わった版型に惹かれて手にすれば、それはクラフトエヴィング商會の吉田さんの本。
    ふーん、とにかく読んでみるかと借りてみた。

    『銀座百点』なる雑誌に掲載されたエッセイらしい。漢字にまつわるあれこれを、軽妙洒脱につづった24篇。
    漢字のなりたち、文字の不思議、言葉あそびや言葉のいわれなんかが好きなら、楽しめること請け合い。
    読みやすく、あっという間に読了です。

  • 漢字を感じで遊ぶ。眉に唾つけるのも忘れずに。
    愉しかったっす。

  • 漢字って見れば見るほどわからなくなる感覚がなんとなく身近に感じられる話。活字好きな人はこういう感覚あるんじゃないかなー

  • クラフト・エヴィング商會の吉田篤弘さんによる『銀座百点』の連載作品。
    「始まり」を告げて「私」を探し、「春」の輝きに「門」をくぐり、〈もんじや〉で文字を選んでは「心」を見つけ、歴史好きのおじさんはあんまりな名づけをしかけ、漢字たちは格付けに夢中。外国人はカタカナで話し、犬はいるのかいないのか。(ワンワン!)
    orzまで出てきたのは驚きました。

全30件中 1 - 25件を表示

うかんむりのこどもに関連する談話室の質問

うかんむりのこどもを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

うかんむりのこどもを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

うかんむりのこどもを本棚に「積読」で登録しているひと

うかんむりのこどもの作品紹介

「自我自讃」に「自画持参」、「短刀直入」、一番大切な漢字を決める……文字モジした言葉エッセイ集。「俺」と「僕」には「人」がいるが、「私」の中には不在の「人」。「禾」が「人」になると「私」は「仏」、死して「私」は初めて「人」になる? 絵文字の元祖、(笑)(怒)(仮)につづく( )内の新顔、あらゆるところに潜む「心」、一番偉そうな漢字、文字を売る店……クラフト・エヴィング商會の物語作者がカラーイラストつきで綴る、日本語の愉しみ方。

ツイートする