すべては今日から

  • 325人登録
  • 3.80評価
    • (19)
    • (35)
    • (28)
    • (4)
    • (0)
  • 60レビュー
著者 : 児玉清
  • 新潮社 (2012年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104495023

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
横山 秀夫
三浦 しをん
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

すべては今日からの感想・レビュー・書評

  • To be or not to beに心から頷きながら読んだ。
    これは読書好きというより本好きの宿命だよね、うんうん。という具合に。

    往年の児玉清さんの役柄の多くは、物静かで知的なおじさまだったし、某クイズ番組の司会で見せるその物腰の柔らかさもとても好きな俳優さんだった。
    彼の醸し出す知的で紳士的な佇まいは、彼のいうとおり本が育んだのだろうな、
    とすれば、私もいつか、あんなふうな素敵な雰囲気をもつおばさまになれるかしらん。
    と夢想してしまう。
    道は未だ遠いがな、フッ。

    児玉さんの膨大な読書量と、本に対する深い愛情とが垣間見れるエッセイ。
    第4章の「日本、そして日本人へ」に記された日本への警鐘には、頷くばかり。
    と同時に、自分は果たして胸を張れるマナーを身に付けているだろうか、と自分を省みるいい機会を与えてくれたように思う。

    本をもっと読もう!
    限りない想像力を本によって育もう!

  • 本が大好きな児玉清さんの世界に触れられるのも、残された数冊の著書のみ。
    それが残念。
    お勧め本を語る語彙のバラエティ、わくわくとした少年のような心、紳士然とした見た目との落差が微笑ましい。オススメの中から何冊も読んでみたい本が見つかった。
    マナーに関するお説も、ほんとおっしゃる通り。
    ご冥福を心よりお祈りします。

  • 児玉清氏の息子さんがまとめられた、遺稿集。
    今までの単行本に未収録のものを、出来る限り集められたそうです。
    児玉氏が、本好きになられた時~役者となる時~本人が書かれていらしたエッセイからの抜粋なので、流れをよく知ることとなります。
    本を探し出すくだりや、原書を読むようになったわけも、すごいです。
    本の虫と、納得です!
    ずいぶん前に、1冊だけ著書を読んだことがあります。
    今回もそうなのですが・・児玉氏の使われる言葉は難しいです!
    蔵書は、2万冊にも及ぶそうで・・いずれ手にとれるようになれたらば、嬉しいです。

  • アタックチャンスから読書の大家として最晩年を過ごした作者。朴訥な、不器用な役者さんというイメージがあるけど、役柄の上でも、クイズ番組の司会をしてても、そして、こうして文章となっても、一貫して紳士なんだなぁということがよく判る(章ごとのイラストも作者自身による切り絵とは!?器用なところもあったんだと驚いた)。
    前半は書評、後半はコラム的日常の随想。いろんな媒体に記した小文の寄せ集め故、内容の重複が多くとりとめないが、総じて憂うは日本の将来。未来の担い手である若者に対しての苦言を、怒りや不平や憤りではなく、極めてソフトな口調で遠慮がちに提言しているあたりがお人柄。読書することだけで、明るい未来が開けるわけではないけども、活字離れ文字離れを嘆き、メディアの情報の氾濫による受動的情報収集に馴らされた世代の、想像力、創造力の衰退は、著者ならずとも心配になる。それでも悲観せず「そして今日から」と、過度にならない期待を後世に託し軽妙に旅立たれた感じがする。
    薦める図書は、さすが洋書好きとあって、大半は知らない、読んだことのない本であるが、どの書物、作家にも愛情を注いでいる様子がよく判る。一方、こうした書評本では、あり得ない形ではあるが、氏がダメ出しする本や作家についての評も読んでみたいもの(温厚な方だから、極めて少ないのだろうとは思うけど)。

  •  2011年5月に亡くなられた児玉清さんのエッセイをまとめたもの。書評のテンションの高さにおののくw あと読みたい本が増えすぎて困った……本当に本が好きで、楽しんでいるんだなぁと思った。
     あちらに書店や図書館はあるんだろうか、と心配になると共に、もう亡くなった作者の新作を楽しそうに読んでいる姿も想像したりする。

  • 次から次へと「滅茶面白」本が出てくる出てくる。この何倍も読んでおられるだろうからその読書量は計り知れない。
    本を愛し、本を楽しみ、本から学び取ったことを自身の心の栄養とする。本に対する姿勢に尊敬の念を感じて止みません。

    「世の中で起きている様々な問題の根底にあるのは想像力の欠如である」という内容の言葉をどこで聞いたか忘れてしまいましたが、本を読まなくなったことで想像力が欠如し、日本は「子どもの国」になってしまったという筆者の考えにはうなずけるところがあると思います。

  • 芸能界きっての読書家で「週刊ブックレビュー」の司会を務めた、亡き児玉清さんのエッセイ。「寝ても覚めても本の虫」で披露した読書熱は本書でも見られる。翻訳ものを読み尽くして海外の原書まで読んでしまうのも驚きだが、選ぶ本の良さが秀逸。自分の好きな本が紹介されていると心の中で思わずガッツポーズしてしまった。最終章では今の日本を憂う児玉さんの思いに同感。マナーの悪さが当たり前になり、身勝手な人間ばかりの子供の国に日本はなってしまっている。人と人との関わり方や人格形成のためにも、もっと小説を読む人が増えるといい。

  • 図書館戦争(文庫本)の巻末にある有川浩さんとの対談を読んで、興味がわいた児玉清さん。
    児玉清さんって、どんな本を読むんだろう?
    そんな気持ちで手にとったこの本、「すべては今日から」。
    ここに登場する本は、古典やドイツ文学、洋書などなど。ほとんど私の知らないものばかり。
    というか、本当に全部、全く知らない・・・。
    自分の本読みの偏り具合を、改めて認識させられました(笑)
    内容的には、「目茶面白い」とか「面白本」、「ジャガ好き」なんて言葉を所々に挟んでくるのが何とも言えず。児玉清さんの味のある文章が、読んでいてとても心地良いです。
    児玉さんのことはTVドラマで観るくらいでしか知らなかったので、本を語る時の熱弁ぶりに、実はこんなに熱い人だったんだ!と少々ビックリ。
    読むだけでなく本自体が大好きなんだ!という主張には、思わずウンウンと頷いてしまいました。

    本の話だけでなく、児玉清さんの人生のターニングポイントや、日常のひとコマ、落ち込んだ時の対処法などもあり、ほっこりすると同時に勉強になるところもたくさんあります。本のタイトルにもなっている「すべては今日から」にまつわるお話も、味わい深いものでした。

    一つ一つが短いので、忙しい時でもつまみ読みが出来て楽しい本です♪オススメ!

  • TVは全く見ないので
    児玉清さんがどんな方なのかは知らなかった。
    でも
    この 文章の力はただものじゃない
    前半、「面白本」ーこの言い方がまたしゃれている
    の紹介をされているのですが
    どれもこれもなるほど、と的を得た書評になっているのがすばらしい

    こんなすてきな書評家が
    いたのだなぁ
    と 思って
    奥付を見ると

    昨年(2011)に逝去されたとのこと
    良き人は先に逝かれる
    残念

  • 装丁の素晴らしさにも惹かれて、衝動買い。前から気になっていた、児玉さんの書評の数々。
    たいへん勉強になった一冊。と同時に、読んでみたい本が盛りだくさん!!

  • 本を溺愛した俳優・児玉清さんの、一周忌に編まれた遺稿集。とくに書評が熱いです。本を語るその熱っぽさ、底知れぬ読書愛にほだされます。

  • 児玉さんは洋書が好きなのね

  • 図書館戦争で有川さんと対談されているものを読んで、愛読者さんだと知ったので、読んでみたら。
    ものすごい本の数の紹介。しかもちゃんと自分のストーリーに絡めて読んでいらっしゃるのが。またあらすじが完結にまとまっている。こちらも読みたくなってくる文章。

    多様なジャンルを読まれていることがよくわかりました。自分が読んだ本が紹介されていると、「そうそう!そうなんですよ児玉さん!」ってつっこみたくなるくらいでした。ほんの数冊ですが。うむ、すごい。

    最後に息子さんがまとめていた文もすてきでした。

    児玉さんが紹介していた本、ミステリー小説から読んでみよう。そしてまたしばらくしてから読み返して、相槌うちながら楽しみたい。そんな一冊。
    本を読むきっかけなんていつでもいい。アプ・ホイテ!

  • 生前の児玉清さんのことはよく知らなかったのだが、
    柔らかい物腰と口調のおじさまといった印象を持っていた。
    しかし、この書評を中心とした遺稿集を読んでみると、
    あれ・・・ちょっと違う?

    特にハードボイルドやミステリを読んでいるときの児玉さんは人格が違うような気がする。
    "超一流のおすすめ本だ。俺は待ってたぜ"だの
    "走りだしたら、もう止まらないぜ"だのと、とてもアツい。

    のみならず、『野菊の墓』を読んで"涙の核爆発を起こした"り、当時未訳だった『The Da Vinci code』の"面白さに卒倒しそうになった"りする。

    私が知らなかっただけで、相当に情熱の人だったらしい。

    翻訳が待ちきれずに原書を読むようになったという児玉さん。
    雲の上でもきっとエキサイトしながら本を読んでいる事だろう。

    図書館スタッフ(東生駒):コロロ

    ----------
    帝塚山大学図書館OPAC
    http://opac.tezukayama-u.ac.jp/mylimedio/search/search.do?target=local&mode=comp&category-book=1&category-mgz=1&materialid=1100378905

  •  児玉清さんの遺稿集。"アプ ホイテ"にちなんでつけられたタイトル「すべては今日から」に読む前から元気をもらえる。
     全体を通して、児玉さんの博識さや大人になっても忘れない無邪気さが綺麗な文章からうかがえて、微笑ましかったり背筋がのびる思いがした。第四章ではいかに良識ある大人になるかを考えさせられる。全てを読み終えた今、読みたい本も増えて嬉しいのだけど、顔を傾けながら書棚の前を蟹歩きしている児玉さんはもうこの世にはいらっしゃらないのだと思うと寂しく、もっと本のお話を聞きたかったと思う。

  • 読みたい本が、山のように出てきた。
    さっそく、図書館で片っ端から予約だな・・

  • 真に知性と品性ある俳優さんであり、また温和そうなイメージとは裏腹な情熱の人柄を垣間見ることができた。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/13369607.html

  • 019.9-コダ 300227584

  • 読書好きの人のレビューって読んでるだけでワクワクする。ミステリーが好きで洋書も読めるようになるなんて素敵。

  • 図書館で偶然見つけてとっさに借りた。

    時間が足りずにしっかり最初から最後まで読み切ることはできなかったけれど、所々、児玉さんの考えに感心したり同意したりして読むことができて楽しかった。
    児玉さんの他の本も読んでみたい。
    何よりこの人がもっと生きていてくれたらな、と思った。

  • 児玉さんは読書家ではなく愛書家という言葉が本当にしっくりくる。
    本の世界に浸って籠っているのではなく、本の世界からご自身のエピソードや考えと必ず結びつけ、何かしら糧にされている。そして世界を広げて行く。私も愛書家になれるようにお手本にしていきたい。
    どの本に対しても愛情いっぱいで、読んでいて気持ちがよい。
    ただ児玉さんレベルに達してない自分は読みたいと思える本が少ないのがちょっと悲しい。笑
    読めば読むほど、亡くなってしまってから児玉さんの本に興味を持ったことが惜しまれてならない。最期を想像するだけで胸が痛む。でも天国ではお母様と娘さんとザクさんと、きっと久しぶりの再会を果たしているんだろうな。
    この本から教えてもらったことは、いくつもある。
    雨の日に雨合羽で外を歩くと気持ちがいいということや、娘達に本を身近に感じされることは単に本好きにさせるためだけでなく、想像力、発想力を多いに豊かにするためでもあること。
    そして児玉さんの文章の特徴、〜と私は思うのだか、どうだろうか?と意見を言うとき相手の意見も求めると圧迫感がないということ。
    驚いたのは、2011年4月号、5月号、という原稿がいくつかあること。
    この年の5月に亡くなった児玉さんは亡くなる直前まで原稿を書いていた。
    そしてその内容はご自分の死を覚悟されているかのような、日本人への遺書のように思えてならない。
    本当にもっと生きていて欲しかった。

  • 児玉さんのお人柄などを知るには良い本。
    だけど、本の紹介は外国文学が多くて、興味の無い自分には読むのが辛かった。
    ほんとうに優れた人だったんだなぁ。

  • ブックレビューの児玉さんがお亡くなりになった後、まとまったものが読みたいと思い購入しました。本当に「寝ても覚めても本の虫」だったのですね。確か有川浩さんの「旅猫」の中にも応援出演していたような……

  • 愛書家だね、うん。
    愛があふれてる。

全60件中 1 - 25件を表示

すべては今日からを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

すべては今日からを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

すべては今日からの作品紹介

この名調子が、もう読めないなんて――。一周忌に贈る熱き遺稿集! もっと小説を読んでください。この国の未来を築くために――面白い本を溺愛し、何事も「今日から」と前向きに生きた稀代の“情熱紳士”が、流麗にして熱烈な語り口で書き遺したエッセイと書評を一挙収録。少年の頃からの読書人生、本と付き合う作法、絶対のお薦め本、交友、人生観、日本への思いまでを語る最後のメッセージ!

すべては今日からの文庫

ツイートする