ぬしさまへ

  • 1478人登録
  • 3.76評価
    • (173)
    • (269)
    • (348)
    • (8)
    • (1)
  • 213レビュー
著者 : 畠中恵
  • 新潮社 (2003年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104507023

ぬしさまへの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2014.9.21再読
    しゃばけシリーズ第二弾

    • ぬしさまへ
    仁吉への恋文
    話はなかなか深いが悪筆はちょっぴり笑える

    • 栄吉の菓子
    命賭けの大博打
    栄吉の菓子で遂に(?)人が死んだ?
    なんだかんだで、栄吉は愛されてます
    ホロリ

    • 空のビードロ
    しゃばけ時の松之助
    松之助兄さん、あんたよくぐれなかったよ…ホロリ

    • 四布の布団
    パワハラと泣き布団
    仁吉佐助の妖脳発揮
    万事は若だんなが全て!

    • 仁吉の思い人
    おぎんさんと仁吉の数千年の想い

    • 虹を見し事
    しゃばけ時から2月後の話
    松之助のその後と若旦那の奇妙な夢か現か?
    若旦那 ちょぴり大人になる?


    空のビードロと仁吉の思い人にはホロリとした
    幸せになることを祈ります

    今回は 仁吉寄りな話が多かった

  •  短編。仁吉さんが男をあげるの巻。
     
     仁吉さんの思いは切なかった。

     佐助にもこういう話が挟まってくるといいなあと思うのです。

  • 妖と若だんなのほのぼのとした短編集。
    千年の片思いなんて、切なくなりますな。

  • なぜこれを登録してなかったのかしら。
    本棚整理をしていて気づいたので登録。

    しゃばけシリーズで
    もっとも好きな話が収録されているのがこの巻。
    「仁吉の想い人」は本当に素敵だぁ。

    普段は若旦那命のクールビューティー仁吉が
    千年片思いを続けている人とは・・・
    これで一気に私の中で仁吉熱が上がりました。

    やはり(物語の)恋は報われないほうがステキだわ・・・

  • 短編集なので軽い気持ちで読み進められるし、とても読みやすかったです。ただ、仕方ないかもしれないけど、毎回キャラクターの説明が入るのは少し鬱陶しく感じました。

    考えがまとまらないのでメモ程度の感想を。

    ☆とにかく仁吉さん素敵。ますます好きになった。仁吉の思い人はとても好みのお話だった。千年も叶わない恋心を抱えて側にいるなんて、人間には想像がつかない。
    あと、自分の好きな人の孫を見守るっていう展開…なんとなく、ハリーポッターのスネイプ先生が頭をよぎりました。あっちは自分をいじめてたやつと好きな人の子どもだから残酷だし、もっと切ないけど。

    ☆空のビードロは読むのがつらかったけど、最後に救いがあって本当によかった。松之助兄さんには幸せになってもらいたい…と思っていたのに、次の虹を見し事。おまきはもちろん、兄さんも可哀想…書かれていないけど、おまきのことを知って少なからずショックは受けるだろうし。

    ☆たまには誰も死なない、血も流れない、ほのぼのストーリーも読みたいと思った。あと佐助の話も読みたいな…この後出てくるのかな。

  • しゃばけシリーズ2巻は短編集。
    1巻が兄さんが家に来て終わったから、兄さんどうなったと気になるのに焦らされる。
    ちゃんと2巻に収録されてて良かった…
    といわけで兄さんが出てくる「空のビードロ」が好き。
    1巻であまり語られていなかった兄さん視点で、彼もまた良い人だと思える作品。ビードロ素敵。


    「ぬしさまへ」
    モテる仁吉へを想う1人の女性が殺され、犯人に疑われる。というストーリー

    「栄吉の菓子」
    1巻でもマズいと評判(?)だった栄吉の菓子で殺人が…?!

    「空のビードロ」
    1巻で奉公先を失った兄さんの、その時の様子が描かれる。

    「四布の布団」
    慎重した布団がシクシク泣き始め、厳しいと有名な布団屋へ赴くと…

    「仁吉の思い人」
    2巻の冒頭でモテていた仁吉には、想い人がいた…というラブストーリー。これも良かった。

    「虹を見し事」
    急に妖が見えなくなり、不思議な出来事が起きたり何者かに襲われたりと一人奮闘するストーリー

  • 表紙のカバーを外すと
    草紙風?背中を紐で縫って閉じたみたいな絵で
    時代物を表現してて
    そんなのを内容以外でも感じられるのが
    電子書籍にない本の良い所だと思う。
    鳴家の人文字も可愛いけど!!

    短編集で読みやすい。

    虹を見し事で
    若だんなに勘違いさせるくらい
    妖たちが姿を見せないことも出来るなんてびっくり。
    本人は死んで手荷物だけが届いたのとかちょっと切ない。

  • 「しゃばけ」シリーズ、第2弾。
    短編集で読みやすくて、面白かった。

  • しゃばけシリーズ②

  •  シリーズ2作目。1作目の「しゃばけ」が長編だったのに対し、こちらは短編集。
     相も変わらず病弱な若だんなが、妖怪たちの手を借りて難事件に挑みます。

     それにしても、このシリーズの鳴家さんたちはかわいいね。
     前作では、自分が調べて来たことを若だんなに一番に報告できなくて拗ねていたけれど、今回はいの一番に報告できて嬉しそう。

     あと、手代の2人は犬神と白沢だけれど、『鬼灯の冷徹』読んでるから、白沢ていうと、彼を想像しちゃう…(笑)

全213件中 1 - 10件を表示

畠中恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
梨木 香歩
畠中 恵
ZOO
乙一
三浦 しをん
あさの あつこ
畠中 恵
畠中 恵
有効な右矢印 無効な右矢印

ぬしさまへを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ぬしさまへを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぬしさまへを本棚に「積読」で登録しているひと

ぬしさまへの文庫

ツイートする