ねこのばば

  • 1621人登録
  • 3.70評価
    • (167)
    • (298)
    • (406)
    • (7)
    • (3)
  • 218レビュー
著者 : 畠中恵
  • 新潮社 (2004年7月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104507030

ねこのばばの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あっさりした解りやすい文章が非常に読みやすかったです。短編だったのも読みやすかった理由かもしれません。

  • ラストの好きなだけじゃ一緒になれない、という一太郎の気持ちが良かったなぁ。

    「茶巾たまご」
    福の神がきたのでは?と思われる絶好調ぶりだが、主人公の兄に持ち込まれた縁談相手が殺されて…

    「花かんざし」
    迷子の女の子に出会い、家を探すも「殺されるんだって」と物騒な言葉を残し…

    「ねこのばば」
    お寺に隔離された猫又を救い出すため、坊主殺人事件を解決していく

    「産土」
    大店がどんどん潰れる中、短歌と共にお金が現れる。主人を救おうと佐助が手を尽くす。

    「たまやたまや」
    幼馴染お春ちゃんの縁談が持ち上がり、その相手を見極めようと主人公が縁談相手と接触するが…

  • 短編集。
    中でも佐助の昔の話産土かな。

    弘法大師が旅の途中に猪の害を防ぐ紙を農家に世話になった礼に渡したが、農民は紙の封じ目を切ってはならぬという言いつけを破ってしまった。
    中には犬の絵が描かれており紙から抜け出し去ってしまった。
    今と同じように手代として務めていて若だんながいて、
    一太郎より健康で思慮が浅い感じ。

    冒頭茶巾たまごに出てくる料理も気になる。
    しかも作れそう!

    雷豆腐 砕いた豆腐を胡麻油で炒って、葱のざく切りと大根下ろしを入れたもの
    茶巾たまご 紙にたまごを割り入れ、茶巾絞りにして茹でるもの 紙をとって醤油を垂らしてもみ海苔をかけるか、葛餡をかけて、青のりを振るとどちらも若だんなの好物。

  • 内容は
    ・茶巾たまご
    ・花かんざし
    ・ねこのばば
    ・産土
    ・たまやたまや

  • しゃばけシリーズ③

  •  しゃばけシリーズ第3弾の短編集。
     今回は佐助さんの過去話があったりお春ちゃんが嫁いだり、ちょっと切ない。

     でも相変わらず鳴家たちがかわいくてかわいくて。
     各話の扉絵もかわいいんだよー!! ラヴ。

  • シリーズ3作目。相変わらず。最後のお春ちゃんのお嫁入りの話、お春ちゃんの気持ちが切なくて。

  • 本書はたぶん3回目か4回目の読了だと思うのだけれど、う~ん、いまひとつ心惹かれる物語はなかったように思う。雛こまちから逆読み再読してきてみると、やっぱりまだ本書の若さというか稚拙さというか、それが見えてくるのね。

  • 新装版しゃばけで懐かしくなり
    シリーズごと読み返そうと。
    「ぬしさまへ」は貸出し中だったため
    ひとつ飛ばして第3弾。
    ほっこりしつつも切なさも。
    【図書館・再読・2/17読了】

  • ホッコリした話だけど、若だんなと佐助、仁吉の関係はまるで任侠の世界みたい。身の回りの妖たちも。若だんなを例えると「セーラー服と機関銃」の薬師丸ひろ子。少々手荒な兄やである佐助と仁吉に叱られないようにする若だんなと、何が何でも守りきる兄や二人が世間のちょっとした揉め事を解決していく物語は愉快だ。「探偵物語」の工藤ちゃんが江戸時代にいたらこんな感じかも。

全218件中 1 - 10件を表示

畠中恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
畠中 恵
ZOO
乙一
畠中 恵
畠中 恵
奥田 英朗
伊坂 幸太郎
畠中 恵
畠中 恵
有効な右矢印 無効な右矢印

ねこのばばを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ねこのばばを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ねこのばばを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ねこのばばの文庫

ツイートする