おまけのこ

  • 1669人登録
  • 3.70評価
    • (207)
    • (264)
    • (459)
    • (8)
    • (5)
  • 251レビュー
著者 : 畠中恵
  • 新潮社 (2005年8月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104507047

おまけのこの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 相変わらずほんわかしたムードに癒されます。「こわい」だけは切なかったなあ・・。鳴家はシリーズを重ねるごとにどんどんかわいくなってますね。ちゃんと若旦那に見つけてもらえるくだり、ほっとしました。

  • 「おまけのこ」の家鳴りの大冒険が可愛い。1作目から比べて少しずつ若だんなが成長しているのが感じられる。次作が楽しみ!

  • 鳴家、かわいい♡

  • おまけのこ
    しゃばけシリーズ4冊目。

    「こわい」
    人からも妖からもきらわれる「こわい」が持つ天狗の薬を巡って騒動が起きる。
    なんとも切ない。妖と人との言動の捉え方の違いから不幸を回避して、これで良かったのかまた悩ましい。

    「畳紙」
    厚化粧のお雛
    前の巻で出ていたお雛の事が描かれていて良かった。

    「動く影」
    一太郎の子供の頃で、まだ妖の手代もおらず、友達と共に解決する話
    子供たちが恐怖を前に手を繋いで頑張る姿が可愛い。

    「ありんすこく」
    花魁の足抜けを手伝う話し

    「おまけのこ」
    鳴家の大冒険。鳴き声が可愛いなぁと思っていたけど、このお話でますます可愛くなってきた。

  • 「おまけのこ」が好き。一匹の鳴家が月の玉を守るため大冒険をする話。若だんなが自分を見つけ出してくれたことを誇らしく思う鳴家が可愛すぎる!

  • 内容は、以下の5話。
    ・こわい
    ・畳紙
    ・動く影
    ・ありんすこく
    ・おまけのこ

    個人的に、こわい という妖怪の切ない話が好きです。
    また、おまけのこ は鳴家が主体の話になっていて、可愛かったです。

  • しゃばけシリーズ④

  •  しゃばけシリーズ短編集。
     今回は若だんなというよりも、妖たちや脇役たちがメインのお話が中心。
     相変わらず鳴家がかわいい。かわいい。かわいい。
     若だんなのことが大好きすぎて、いつも若だんなに群がってるの。若だんなの膝の上、鳴家だんご。

     そして最後の「おまけのこ」は、鳴家がメインのお話。ヤッター。
     鳴家の大冒険。
     「きゅわきゅわ」言ってる鳴家もかわいいけど、一生懸命喋ってる鳴家、かわいい。お月様の玉。
     若だんなは、我が家の鳴家を見分けられるんですね。

     それにしても、鳴家3匹も引っ繰り返ってしまうほどのまずさの栄吉さんの饅頭。。。

  • シリーズ4作目。最後の鳴家の大冒険かわいかったなぁぁぁ。

  • 本書くらいまでは、そこそこまじめに読んでいたせいか、内容を少し覚えていた。にしても、最初の物語「こわい」の悲しいこと。誰からも愛されず受け入れられず、仏にさえ愛想をつかされたという孤者異の、なぜ生まれて生きていかねばならないのか、という根源的な問いが、非常に痛ましかった。手を差し伸べようとしてそれが出来ない主人公の優しさと悲しみもまた、個人的に好きな部類だった。
    で、単行本の装丁には妖怪化した仁吉と佐助が描かれているが、やっぱり中国系の白沢はどうも気持ち悪い。

全251件中 1 - 10件を表示

畠中恵の作品

おまけのこに関連する談話室の質問

おまけのこを本棚に「読みたい」で登録しているひと

おまけのこを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おまけのこを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする