やなりいなり

  • 1562人登録
  • 3.58評価
    • (92)
    • (190)
    • (264)
    • (31)
    • (4)
  • 224レビュー
著者 : 畠中恵
  • 新潮社 (2011年7月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104507146

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

やなりいなりの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今回のしゃばけはレシピ付き。
    キャラ弁ブログで紹介されていたリラックマいなりも気になりますが、やなりいなりもいいなー。
    おいなりさん作り、詰め係になると手に甘じょっぱい香りが染みついてなかなか取れないんだよね。

    相変わらず病弱すぎる若だんなと、心配性の兄や2人に騒がしすぎる妖たち。逢魔が時の魔たちが可愛いかったなぁ。

  • お江戸人情ファンタジー「しゃばけ」シリーズ10作目。(ビジュアルブックを除く)
    「こいしくて」「やなりいなり」「からかみなり」「長崎屋のいなり」「あましょう」の各章ごとに、まず食べ物の作り方が出ている趣向。

    「こいしくて」は小豆粥。
    長崎屋のある通町(とおりちょう)では、恋の病が流行っていた。
    若だんなの一太郎の元へは、なぜか疫神たちが集まり、この異常事態を何とかしてくれと言う。
    様子を見に出ると、京橋川にかかる京橋のあたりの結界がゆるくなっていた。結界を守る橋姫がいない…
    橋姫が恋に落ちていたのだ?!

    「やなりいなり」
    守狐たちが若だんなの見舞いに、やなりいなりを差し入れる。
    細長い小さめのおいなりさんに、海苔でやなりの顔が描いてある。
    食が細くても口に入りやすいだろうと思ってのことだが、鳴家(やなり)達は自分のものと信じて疑わない。
    そのやなりいなりを食べようとする手が現れ、護符を貼ると、幽霊をわかる。
    なぜ、長崎屋にさまよい出たのか?兄や達と身元を当たる若だんなだが…

    「からかみなり」
    若だんなの父の藤兵衛が3日も帰らない。
    女房のおたえに惚れきっている入り婿の藤兵衛が連絡も寄越さずに家を空けるなど考えられないこと。
    一体どんな理由がと想像を巡らす一同。
    若だんなは自身番屋に父がいると推理する…

    「長崎屋のたまご」
    若だんなが夕焼け空をのんびり見上げていると、空の一角がめくれ、綺麗な青い玉が落ちてきた…?!

    「あましょう」
    幼なじみの栄吉とちょっとお喋りがしたくて、奉公先のお菓子屋まで出向く若だんな。
    おりあしく忙しくて喋る間もない。こうして、だんだん離れていくのだろうかと寂しくなる若だんな。
    店へ来ていた客の新六と五一も幼なじみの友達らしいのだが?

    いつも通り、読みやすく、ほのぼの。心温まります。
    今回は長さもあまり違わないので、粒が揃った雰囲気。
    前作の少しもの哀しい気配がちらっとよぎります。
    若だんなの記憶にはないはずなんですけどね。
    2011年7月発行。

  • しゃばけシリーズ十作目ですかね。本屋さんで更に新作出ているのを見て慌ててブックオフで購入。

    今回は恋と喧嘩、それから病。
    題材はその辺りでしたかね。

    序章としてレシピが載っているのも本作の特徴かと思います。本編にはさほど絡んできませんが、登場はします。美味しそうな描写のある作品が好きなので、これは嬉しいこと。

    これまでのしゃばけシリーズは、短編が最終的に繋がって一冊、と言う形が殆どでしたが、本作はいつもに比べると、一本一本独立してたかな。

    前作ゆんでめての名残や、他の回でさらりと書かれたことが、後の回の伏線に、ってのはありましたけどね。

    正直に言えば、シリーズの中ではちと物足りなさを感じる一冊だったやも。まあ毎度毎度大作ではしんどいですからね。こう言った一冊があってもいいかな。

    あましょうはラストうるっときましたけどね!おれんさんに対してあんまりじゃないかとも思いますが、そう言う時代なんだろうし、まあ自責の念も絡んでるからなあ。
    逆に言えば、好きだとしても持参金無しでは嫁とれない、ってことだし…うまく言えないけど、うん。

    私もなかなか会えない学生時代の親友がいるので共感しました。

  • 2014.10.11
    しゃばけシリーズ第10弾

    どうした?まさかのお料理本
    読むとお腹へっちゃうよ〜(>x<;)
    前作の ゆんでめて とちょっとリンク

    ・こいしくて
    通町に 病の神様 大集合!
    でも、流行ったのは 恋の病
    橋姫と時花神
    ( 千里 かなめ 屏風のぞき )

    ・やなりいなり
    長崎屋の離れに幽霊がでた
    幽霊 熊八 猪吉 猪熊?

    ・からかみなり
    藤兵衛旦那が行方不明になったよ
    皆でアレコレ推測するよ
    雷小僧
    ( 屏風のぞき )

    ・長崎屋のたまご
    空の欠片の玉子は跳ねるよ飛ぶよどこまでも…
    ひそかに大黒様登場!

    ・あましょう
    栄吉と若だんな 友情に遭遇する
    安野屋で出会った新六と五一のケンカを見届ける

    あましょう がいっちばん
    友情とは何か考える

  • 今回は各章の最初に話にちなんだ簡単なレシピがついている。
    作者または出版社の思うつぼ、
    やなりいなりをさっそく作ってしまいました。
    稲荷の酢飯に、ワサビを混ぜるもの、ゴマを混ぜるもの、柴漬けを混ぜるもの、3種類ともおいしかった。
    そうして話を読むとさらに妖のものたちが身近に感じられました。

  • なんか ちょっと 飽きてきたなぁ。

  • 一太郎のシリーズは読んでいてほっとします。
    が、ちょいと飽きてきました。
    妖たちの推理披露とか・・・
    「想像かい!」と突っ込みたくなる。

    今回はレシピ付き。
    タイトルにもなっている「やなりいなり」は
    おたえを守る守狐たちの得意料理のおいなりさん。
    細長くつくり、海苔で顔をつけて、鳴家を模している。
    かわいい。(のかな?)


    こいしくて(小豆粥 塩味・砂糖味)
    やなりいなり(やなり稲荷)
    からかみなり(栄吉の煤出しいも;あげだしいも)
    長崎屋のたまご(長崎屋特製 ゆでたまご)
    あましょう(お酒大好き妖の味噌漬け豆腐)

  • しゃばけ (2001年)
    ぬしさまへ (2003年)
    ねこのばば (2004年)
    おまけのこ (2005年)
    うそうそ (2006年)
    ちんぷんかん (2007年)
    いっちばん (2008年)
    ころころろ (2009年)
    ゆんでめて (2010年)
    やなりいなり (2011年)

  • 当館OPAC⇒

  • 祝!しゃばけシリーズ10年!
    若だんな一太郎、あまあまな二人の兄やん、今回も大活躍の家鳴くんたちなどいつものメンバーと、今回はそれほど絡みがなかったけれど、きっと次回作以降登場していきそうな神様まで登場。
    チラッと恋バナも登場したけど、まだまだ一太郎くんには遠いお話なのか。まわりはぼちぼち縁談も決まってきているというのに、大丈夫?と言いたくなってしまいます。なんせ相変わらず病弱ですから、そりゃあ5個ぐらい病気にならなくたって大してかわりません。それだけが原因じゃないと思うけど、でも、恋愛にメロメロの一太郎くんはちょっとみたくないかも・・・まだまだ、兄やんに甘やかされている一太郎くんが見ていたいと思ったのでした。

全224件中 1 - 10件を表示

やなりいなりを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

やなりいなりを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

やなりいなりを本棚に「積読」で登録しているひと

やなりいなりの作品紹介

身体は弱いが知恵に溢れる若だんなが大忙し。頼れるようでどこかズレてる妖たちも仰天するほど千客万来。

やなりいなりの文庫

やなりいなりの単行本

ツイートする