とるとだす

  • 269人登録
  • 3.57評価
    • (9)
    • (38)
    • (38)
    • (3)
    • (1)
  • 34レビュー
著者 : 畠中恵
  • 新潮社 (2017年7月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104507238

とるとだすの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • しゃばけシリーズ、なんともう第16弾!
    ますます面白い。
    効能書きの“盛り”や、文春砲みたいな「よみうり」のゴシップ記事、うわさと縁談に目の色を変えるオバチャンたち…と、現代とまるで変わらない江戸はにぎやかだ。
    そこへ、妖と神さまと坊さんも加わって…

    【薬は用法用量を守って、正しくお飲みください】
    今回はこれに尽きる。
    なのに、籐兵衛さん、薬種問屋のあなたがどうしてこんなことに…
    若だんなは、父・籐兵衛さんをなんとかして薬害から救おうと奔走!


    『とるとだす』
    上野広徳寺にて、高僧・寛朝さんが開いた薬種屋たちの集まりで事件が!
    「効能書きが多すぎる!本当に効くものだけを書きなさいっ!!!」
    寛朝様、お叱りごもっとも!

    『しんのいみ』
    江戸の沖に突然現れた島影。
    そこへ入るとだんだんと記憶が失われていくというが…

    『ばけねこつき』
    江戸の大店の従業員はほとんど住み込み。
    見習いのうちは給料も出ず、のれん分けで店でも出さなければ結婚もできない。
    この状況から起こる悲劇は多い。

    『長崎屋の主が死んだ』
    異形のものも多く登場する若だんなの身の回りだが、心底震えるような恐ろしいものが現れた。
    悲しい姿になってしまうのも、自分も人も不幸にしてしまうのも、結局は“心ばえ”の問題なのではないか。

    『ふろうふし』
    「しんのいみ」とも通じる、おとぎ話と絡んだテンポのいいお話。
    大団円。
    途中ちょいちょい熱を出したが、今回の若だんなはアクティブだった!

  • 初出 2017年「小説新潮」
    人気のしゃばけシリーズ16作目

    長崎屋の主藤兵衛が薬種屋の集まりで、若旦那の病弱を治すという薬を何種類も飲まされて、人事不省に陥る騒動から始まる5話。

    江戸湾に蜃気楼が現れて、藤兵衛を元に戻す「枕返し」を探す若旦那が呑み込まれ、蜃気楼の主の蛟龍が龍になって天に昇る時に戻ってくる第2話。
    「化け猫付き」と噂されたお嬢さんを嫁にもらってくれと押しかけて来た染物屋の主人と奉公人の話は、怪異譚ではなく主従の信頼と失望が原因の第3話。
    4話目はちょっと怖い。怨みを抱いて井戸で死んだ「狂骨」に呪われて襲われたため、若旦那が原因を突き止める。
    最後は大黒天から、常世の国の少彦名に薬を貰うよう勧められて若旦那は空を飛んで行くが、少彦名は江戸に来ていてひと騒動。

    いつもの心優しいファンタジー。
    若旦那が店の帳場に座ったり、父親のために頑張ろうとする姿が、もう少年ではなく成長したなあと思えるし、初めて母から頼りにされて感動したのはちょっとこっちも嬉しくなった。

  • 半日で読了(*^_^*)
    若だんなのおとっつぁん、藤兵衛が倒れ、回復するまでを短編で綴る。
    ・とるとだす・・・薬種屋の集まりで藤兵衛が倒れた原因は?
    ・しんのいみ・・・蜃気楼の島へ行ってしまった若だんな。
       果たして江戸に帰れるのか?
       “さみしがり屋”がキーワード。
    ・ばけねこつき・・・押しかけ縁談と化け猫の関係は?
       身を粉にして働いたのに何も得られなかった無念。
       いえいえ、得たものはあります。
       それがハッピーエンド?に繋がるのだから。
    ・長崎屋の主が死んだ・・・無念・無常の恨みが理不尽な怪異となる。
       その祟りの矛先の相手は?不条理が怖い作品。
    ・ふろうふし・・・つまり、不老不死。久々に神仙登場!

    人、妖、神仙の想いとすれ違い。
    人は一人ではない、助けを求めれば誰かの手が伸びる。
    それにしても、若だんな。身体は弱くても心が強くなったね。

  • 動くかな!?
    と思ったら動かず。
    ほっとしたような。
    モヤモヤするような。

    狂骨の話は、人の想いと恨み、久しぶりに怖いお話でした。
    こういう話はしゃばけとしてもっとあると良いと思う。
    妖と暮らす長崎屋だからこその闇との向かい方が見れる気がするから。

    最後の話はauとコラボしてるのかと思ったぜ。

  • 若だんなの おとっつぁん が大変な事に!Σ( ̄□ ̄;)若だんなの病を治す薬を試すため、たくさん飲みすぎて倒れちゃった\(゜o゜;)/おとっつぁんの薬を抜くため、いつものメンバーが奔走する(゜゜;)というのが大筋だけど、狂骨の恐ろしく、悲しい話が心に残った(T-T)今回は少しアクティブな若だんな(^^)少しは体が丈夫になってきているんだな♪

  • 若だんなも成長し、難題に立ち向かうことが多くなってきたね。

  • まさか御父上が病む話とは!
    連作短編なのでしょうが、
    一話一話完結と読んでも全く問題なしですね。

    久々に「これは」と思ったのは狂骨の話でしょうか。
    狂骨といえば京極氏だったので、
    別の物語に出てきてちょっとびっくり。
    そして、私はやはり恋愛絡みの話が好きなんですねぇ。
    かわいそうだぜ、狂骨よ。

    最後は無事に御父上の復活。
    別に倒れてなくてもよかったのでは・・・と
    ちょっとだけ思いましたが、安定の面白さでした。

  • きゅいきゅい言いながら頑張る小鬼の鳴家(やなり)が毎回かわいい。

  • 藤右衛門さん、薬問屋なのにそんな薬の飲み方したらダメって分からなかったのかしらん……。 1話目は藤右衛門さんが倒れる、というこの本の前提条件のための話で、いまひとつおもしろくなかった。
    狂骨のような、言葉も通じなくなった悪意の塊といった類いの妖は、このシリーズではあまり出てこないけれど、ピリッと緊張感が出るので、たまに読むとおもしろい。もっと怖いネタ、あってもいいかな。
    若だんなが責任感を持って、親を助けようとする姿に、成長したねぇと親戚のおばさんのように嬉しかった。鳴家が加速度的にかわいらしくなっている。

全34件中 1 - 10件を表示

畠中恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

とるとだすを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

とるとだすを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

とるとだすを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする