とるとだす

  • 218人登録
  • 3.64評価
    • (7)
    • (27)
    • (23)
    • (1)
    • (1)
  • 22レビュー
著者 : 畠中恵
  • 新潮社 (2017年7月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104507238

とるとだすの感想・レビュー・書評

  • しゃばけシリーズ、なんともう第16弾!
    ますます面白い。
    効能書きの“盛り”や、文春砲みたいな「よみうり」のゴシップ記事、うわさと縁談に目の色を変えるオバチャンたち…と、現代とまるで変わらない江戸はにぎやかだ。
    そこへ、妖と神さまと坊さんも加わって…

    【薬は用法用量を守って、正しくお飲みください】
    今回はこれに尽きる。
    なのに、籐兵衛さん、薬種問屋のあなたがどうしてこんなことに…
    若だんなは、父・籐兵衛さんをなんとかして薬害から救おうと奔走!


    『とるとだす』
    上野広徳寺にて、高僧・寛朝さんが開いた薬種屋たちの集まりで事件が!
    「効能書きが多すぎる!本当に効くものだけを書きなさいっ!!!」
    寛朝様、お叱りごもっとも!

    『しんのいみ』
    江戸の沖に突然現れた島影。
    そこへ入るとだんだんと記憶が失われていくというが…

    『ばけねこつき』
    江戸の大店の従業員はほとんど住み込み。
    見習いのうちは給料も出ず、のれん分けで店でも出さなければ結婚もできない。
    この状況から起こる悲劇は多い。

    『長崎屋の主が死んだ』
    異形のものも多く登場する若だんなの身の回りだが、心底震えるような恐ろしいものが現れた。
    悲しい姿になってしまうのも、自分も人も不幸にしてしまうのも、結局は“心ばえ”の問題なのではないか。

    『ふろうふし』
    「しんのいみ」とも通じる、おとぎ話と絡んだテンポのいいお話。
    大団円。
    途中ちょいちょい熱を出したが、今回の若だんなはアクティブだった!

  • 動くかな!?
    と思ったら動かず。
    ほっとしたような。
    モヤモヤするような。

    狂骨の話は、人の想いと恨み、久しぶりに怖いお話でした。
    こういう話はしゃばけとしてもっとあると良いと思う。
    妖と暮らす長崎屋だからこその闇との向かい方が見れる気がするから。

    最後の話はauとコラボしてるのかと思ったぜ。

  • 若だんなの おとっつぁん が大変な事に!Σ( ̄□ ̄;)若だんなの病を治す薬を試すため、たくさん飲みすぎて倒れちゃった\(゜o゜;)/おとっつぁんの薬を抜くため、いつものメンバーが奔走する(゜゜;)というのが大筋だけど、狂骨の恐ろしく、悲しい話が心に残った(T-T)今回は少しアクティブな若だんな(^^)少しは体が丈夫になってきているんだな♪

  • 初出 2017年「小説新潮」
    人気のしゃばけシリーズ16作目

    長崎屋の主藤兵衛が薬種屋の集まりで、若旦那の病弱を治すという薬を何種類も飲まされて、人事不省に陥る騒動から始まる5話。

    江戸湾に蜃気楼が現れて、藤兵衛を元に戻す「枕返し」を探す若旦那が呑み込まれ、蜃気楼の主の蛟龍が龍になって天に昇る時に戻ってくる第2話。
    「化け猫付き」と噂されたお嬢さんを嫁にもらってくれと押しかけて来た染物屋の主人と奉公人の話は、怪異譚ではなく主従の信頼と失望が原因の第3話。
    4話目はちょっと怖い。怨みを抱いて井戸で死んだ「狂骨」に呪われて襲われたため、若旦那が原因を突き止める。
    最後は大黒天から、常世の国の少彦名に薬を貰うよう勧められて若旦那は空を飛んで行くが、少彦名は江戸に来ていてひと騒動。

    いつもの心優しいファンタジー。
    若旦那が店の帳場に座ったり、父親のために頑張ろうとする姿が、もう少年ではなく成長したなあと思えるし、初めて母から頼りにされて感動したのはちょっとこっちも嬉しくなった。

  • 【収録作品】とるとだす/しんのいみ/ばけねこつき/長崎屋の主が死んだ/ふろうふし

  •  しゃばけシリーズ。
     今回は旦那様が薬の飲み過ぎで倒れ、寝込んでしまうところから、話は始まります。

     狂骨の話は切なかった。
     その正体も、なるほど! て感じだった。

     最後の『ふろうふし』は、何かちょっとあっさりした話だったかな。

     相変わらず鳴家ちゃんたちがかわいい。

  • 半日で読了(*^_^*)
    若だんなのおとっつぁん、藤兵衛が倒れ、回復するまでを短編で綴る。
    ・とるとだす・・・薬種屋の集まりで藤兵衛が倒れた原は?
    ・しんのいみ・・・蜃気楼の島へ行ってしまった若だんな。
       果たして江戸に帰れるのか?
       “さみしがり屋”がキーワード。
    ・ばけねこつき・・・押しかけ縁談と化け猫の関係は?
       身を粉にして働いたのに何も得られなかった無念。
       いえいえ、得たものはあります。
       それがハッピーエンド?に繋がるのだから。
    ・長崎屋の主が死んだ・・・無念・無常の恨みが理不尽な怪異となる。
       その祟りの矛先の相手は?不条理が怖い作品。
    ・ふろうふし・・・つまり、不老不死。久々に神仙登場!

    人、妖、神仙の想いとすれ違い。
    人は一人ではない、助けを求めれば誰かの手が伸びる。
    それにしても、若だんな。身体は弱くても心が強くなったね。

  • +++
    長崎屋の主が死んだって!? おとっつぁんの身に何が? 病弱若だんな、跡を継ぐの? 緊急事態続出の「しゃばけ」シリーズ最新作!
    +++

    今回は、長崎屋の主・藤兵衛が何種類もの薬を飲んで寝付いてしまう。自分の躰を思ってのことと知った若だんな・一太郎は、病弱な己にムチ打って、父の本復のために奔走する。離れに集う妖たちも、それぞれが力いっぱい若だんなを助けるために働くのである。だが、道のりは険しく、押しかけ見合い話があったり、事実と異なるよみうりがばらまかれたり、ただの苦労では済まないのである。若だんなの機転や周りの協力あってこその結末であろう。今回の若だんなは、父の代わりに店表にたったりと、重い責任を負う心構えもさらにしっかりしてきたようである。愉しみであり心配でもあるシリーズである。

  • 5編の短編。
    それぞ独立しているけれど、1冊通して
    長崎屋の主、藤兵衛が一度に沢山薬を飲んで死にかけて、若旦那が解毒剤を見つけて飲ませるまでの話。

    鳴家たちが怖がるから寺に預けられるとこが好き。
    ラストの一寸法師に、金太郎の坂田金時に、浦島太郎が神仙となって出て来たり、一寸法師は一寸法師と呼ばれるの嫌がってたから違うのかな?小さいには変わりないけど。

    蜃気楼の話も好きだな。大蛤のあくびか幼い龍でって。

  • 表紙に描かれているのは若旦那と枕返しと少彦命と狂骨と若旦那だが、裏には雲に乗った長崎屋藤兵衛・この絵と章名の長崎屋の主が死んだを見たら普通・・・~広徳寺の貫朝が薬種屋を集めて効能書きを整理しろと言っている最中に藤兵衛が倒れた。和薬検め所を作るべきか否かで二派に分かれ、長崎屋を味方に付けようと自慢の薬を飲ませ、藤兵衛も一太郎のために薬を試した所為だった。一太郎が普段飲んでいる薬は呪いで薬効が消えたが、その他の薬は一筋縄ではいかない。江戸湾に出現した蜃気楼の主が蛟竜だと判明し、枕返しを発見して病状は好転する。そんな時期に縁談を申し出てきた染物屋は秘伝の薬の製法を伝えると言うが大したものでなく、いずれ作り方を教えてもらえると考えていた番頭を店から出してしまう。長崎屋に恨みを持ちつつ井戸で死んだ狂骨が現れ、お札で撃退したが、藤兵衛を狙って、長崎屋の縁者を次々に襲っている妖の正体は女犯の僧侶だと判明したが、数々の薬でも救えなかった恋する女性を思う気持ちが、薬種問屋の主である一太郎への恨みに変化したのだった。藤兵衛の病が癒えずお供えを稲荷社に積み上げると神仙の代表として大黒が現れ、常世の少彦神なら解毒の方法を知っていると、手紙を託し、粟の茎を握らせて一太郎と屏風のぞきとおしろと鳴家が落とされたのは神田明神。侍と神仙が非時香果を巡って争っていた。島子が音吉にそれを食べさせたいらしい~てっきり藤兵衛は死んじゃっていきなり代替わりで長崎屋は左前になっちゃいました・・ってことはないだろうけどね

  • やっぱりしゃばけの世界観、いやされます。時々、くすっと笑ってしまう鳴家のかわいさと病弱だけど純粋な若だんなと妖たちの物語はいつもほんわかします。

    でも、今回の「長崎屋の主が死んだ」は怖かった。どうやって狂骨を退治するのかと思ったら、やっぱり鳴家いい味、出してます。

    最終話はちょっと??だったけど、他はおもしろかったので、できればこのシリーズ続くといいなと思います。

  • 長崎屋の面々の変わらない安心感。今回は、いつもより若だんなが外に出て頑張ってたので楽しかった。

  • しゃばけシリーズ。今回は若旦那の父親が薬の飲み過ぎで命に危機に陥るところから、色々な妖怪が出てきて騒動があるわけですが、シリーズには珍しくちょっと不気味なあやかしが出るくらいでさほど変わりのない話です。それが良い意味で安定、悪い意味でマンネリ化しているなと思う。そして今回はどういうわけか話がわかりづらい。読んでいて何となくわかりにくい場面が時折あり、うん?って思うことがあった。あやかしの世界だから説明が難しいのだろうか?(これだけ書いていてそんなわけないと思いますが)

  • しゃばけシリーズ第16弾。

    今回は、長崎屋の主人が一太郎の身体にいいという薬を多数、試したため倒れてしまい、一太郎がなんとかしようと奔走するお話です。

    二話目は、藤兵衛を心配する一太郎が蜃気楼の中へ迷い込んでしまいます。
    三話目は、縁談の持参金として持ち込まれた秘薬、はたして藤兵衛の病に効くのか?
    四話目は、狂骨というおそろしいものが出てきますが…
    ラスト5話目では、常世の国にあるという不老不死の薬が登場です。

    5話目のおとぎ話主人公たちは…必要だった?

  • 今年もまたしゃばけの季節。
    時間が止まったようになっているけどそれでいいと思う。毎年、体が弱いこととお菓子作りが下手な悩みを読むのはきついので(笑)
    いつもと変わらず優しい若旦那、頼もしい兄やたち、個性的な妖と神様に今年も会えて嬉しいです。
    場久さんあんがい若かったんですね。
    坂左にいつかまた会えるかな。

  • しゃばけシリーズも16弾。読み始めた時はこんなに長いシリーズになるとは思ってもみなかった。
    ストーリーに新たな展開があるかと思えば、遅々と進まず。
    本作では某CMばりにお伽話も加わってきた。ネタ切れになってきたのか!?

    終わってしまうとなれば寂しいだろうが、ダラダラと続くのであれば、余韻を残しての一旦締めるというのもありかもしれないと、思ってしまう。

  • シリーズ16作目の短編5編。全体的には余り話が進まず。いつまでもこの感じで進めるのであろうか。

  • 今回は、若だんなの父である藤兵衛がピンチ。
    そのきっかけが若だんなであることを気に病む若旦那。そんな若だんなにかけた寛朝の言葉が素晴しい。
    若だんなも成長しているし。妖たちは、兄やも含めてあいかわらずなのがいい。
    若だんなの病弱、いつか改善するのかな。結婚までがこのシリーズなのかなぁ。寂しいけど、楽しみでもある。

  • しゃばけシリーズ、最新刊。
    うん、安定。

  • 内容紹介
    長崎屋の主が死んだって!? おとっつぁんの身に何が? 病弱若だんな、跡を継ぐの? 緊急事態続出の「しゃばけ」シリーズ最新作!

全22件中 1 - 22件を表示

とるとだすを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

とるとだすを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする