起死回生

  • 31人登録
  • 3.11評価
    • (0)
    • (3)
    • (5)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 江上剛
  • 新潮社 (2003年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (411ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104519026

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

起死回生の感想・レビュー・書評

  • 主人公は元銀行員で、自分のいた銀行をメインバンクとする取引先に勤める会社員。

    バブル後の金融再編を受け、その銀行も含め、すべての取引銀行の姿勢が大きく変わり、貸し渋りどころか、厳しく貸し剥がしを受ける。

    その他、銀行の不祥事事件なども絡めながら物語は進む。

    そして、ゼネコンなどの倒産が相次ぐなか、メインバンクの役員の中には、企業をつぶすだけが銀行の役割ではなく、身を斬ってでも助ける事も、銀行の使命であるという考え方もあることに気付き、主人公の会社がその第一号となる。

    小生は金融機関にいたことも、バブル後の不動産関係もやっていたので、書いてある事は大体理解できるが、「期限の利益の喪失の為、手形の期日の更新をしない」とか、「整理回収機構の取立てが厳しい」など、いくら丁寧に説明しても、理解できない人がいるのではないかと思う。

  • おっさんたちのあつい思い!

全3件中 1 - 3件を表示

起死回生の作品紹介

猖獗を極める「貸し剥がし」にあえぐ中小企業。闇の紳士たちに縛られて、いまだに「不正融資」に走るメガバンク。その間に立つ志あるミドル行員たちに救いはあるのか?過酷な債権回収の現場、政治家への便宜供与など外部からは見えない銀行内部のドラマを、元支店長の著者が生々しく描く。

起死回生はこんな本です

起死回生のKindle版

ツイートする