きみはポラリス

  • 2312人登録
  • 3.39評価
    • (137)
    • (316)
    • (626)
    • (94)
    • (18)
  • 447レビュー
著者 : 三浦しをん
  • 新潮社 (2007年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104541058

きみはポラリスの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白かったー。短編だけどさすがだな…とため息が出ました。
    言葉使いが巧みです。

    「永遠に完成しない二通の手紙」 「私たちがしたこと」
    「夜にあふれるもの」 「骨片」 「森を歩く」 「優雅な生活」
    「春太の毎日」が好き。

    「夜にあふれるもの」…真理子、エルザ・真理
    「骨片」…しっとり先生の白い骨・祖母の砂糖菓子の壺
    「森を歩く」…“うはね”と捨松・盆栽・プラントハンター
    「優雅な生活」…彼と彼女のロハス・無添加無農薬肉断ちの14日間

    最初から最後まで楽しめた。

  • 三浦しをん作の短編集。

    同性を好きになっちゃって生涯片想いとか、
    赤ん坊のアレをなめる妻にやきもきする夫とか、
    恩師の骨を持ち歩く女とか。

    明らかにマイノリティ・リポートなんだけど、読んでるうちに「それもいいかな」って思えてくる。私としてアリかナシかと言われればナシなんだけども、そういう人がいてもおかしくない感じが。

    アブノーマルも一周回れば清純。ちょっとおかしみや切なさを持って寄り添える少し変わった人たちの話。

    ただまあアブノーマルな部分は多々あるので、電車のなかで読んでると「わたしの前に座ってるご婦人がこの本の内容をご存知だったらどうしようか…」と僅かに羞恥心が疼く。まあそうだとしても読むけど。活字中毒だもの。

  • 秘密めいた匂いのする恋愛短編集。
    きみはポラリスって題のお話があるわけじゃないのねと思っていたけど、読み終えてみてなるほどね~って思いました。
    広い宙でいつも同じ場所で輝いていてくれる星で、道に迷ったものを導く道標。
    自分の大切な場所に辿り着くための道標となる存在。

    思わず笑っちゃうのもあったり、しんみり切ないのもあったり
    イマイチなのもあったけど、素敵だなーってのもあった。
    「優雅な生活」がいちばん好きかな。
    次点で「私たちがしたこと」「森を歩く」「冬の一等星」、最初と最後の寺島君と岡田君の。

    巻末の「お題」「自分お題」一覧を見て見返すと、なるほどね~って感じでおもしろかったです。

  • いろんな愛の形がある。

    男と男の愛。
    子どもへの愛。
    愛する人と犯した罪。
    神様への愛。
    死んだ人への永遠の愛。
    夫とは違う人への愛。
    変人との愛。
    ロハスな愛。
    飼い主への愛。
    誘拐犯への愛。
    隠してる愛。

    普通の愛って、普通って何って思うけど、
    ここにある愛は、どれも普通の愛じゃない。

    いろんな愛の形を生み出し、物語にして言葉化できる。
    三浦しをんさんの真骨頂。

    こんな愛でも、愛なんだなって思わせてくれる。
    こんな形でもいいんだなって思える。

  • 11の恋愛短編小説がちりばめられていて、この本そのものが星空のよう。
    BLものは長編で読みたいかも(月魚のように)
    一番好きなのは「優雅な生活」 このふたり何ともほほえましい。
    ★春太がなんてかわいいんだろう

  • 15/04/05
    読みたいなあと思っていた本にばったり遭遇できるのはしあわせですね。ばったり図書館で鉢合わせしました。
    『春太の毎日』がすごく好き。これ星五つ!満点!序盤で春太の正体はすぐ分かるんだけど、うん、すごく好き。

    ・「愛」ってのは、「現在進行形で大切」ってことだったんだなあ (P33『裏切らないこと』)

  • 癖のある恋愛短編集。
    モヤッとするものを感じて、読み終えた後までそれが残るような気分の悪いものが多かった。
    それに短編集としては、特殊なシチュエーションと名前ばかりなので次々読んでいくのが少し大変だった。
    ひとつひとつのアクが強くて簡単にトントン移り変われない。

    しかしこの癖のある感じは本当三浦しをんさんだな〜。
    マンガみたいだ。良くも悪くも。

    題名のキラキラ感に対して期待してたものと違ってがっかり。
    「優雅な生活」「春太の毎日」「冬の一等星」「森を歩く」らへんは割と好き。

  • ヨクワカラナイ

  • 秀逸な短編集

  • 様々な形の愛を描いた短編集。


    実は『船を編む』が読みたい。淡々としていながら底には情熱を感じられて切なくなるんじゃないだろうか、と勝手な想像をしている。前にこの著者のエッセイを読んでみて、私の抱いていたイメージとのギャップにのけぞった。でも小説は違う雰囲気かもしれないので、今度は試しに短編から読んでみようかと・・・。ああ、やはりあくの強い嗜好がここにもあふれていた。いや、選本を間違えたのだろうか?
    で、この本の感想は、冒頭の手紙の話は一瞬どきりとさせられるが、全体的には密やかな感じが良かった。その後の数編は今一つ。特に母息子の話は受付難い。犬も話と星座の話は好き。
    全体を通してみると、まさに恋愛に形はないのかもしれないと思えてくる。
    同性間の話は秘めた感じが漂うのに、異性間の話は激しい(特に女性)のが笑えた。

全447件中 1 - 10件を表示

三浦しをんの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

きみはポラリスを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

きみはポラリスを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

きみはポラリスの文庫

ツイートする