天国旅行

  • 2008人登録
  • 3.40評価
    • (70)
    • (305)
    • (410)
    • (83)
    • (7)
  • 395レビュー
著者 : 三浦しをん
  • 新潮社 (2010年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104541065

天国旅行の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  文庫化されたということで、読みました。しをんさんの作品は、相変わらず綺麗な文章だ。
     この作品のテーマは「心中」だ。短編7作品のうち、5作品はダークな作品だ。だけれども、怖いテーマなんて、何のその、しをんさんの綺麗な文章にどっぷりはまり込んで、ページをめくる手が止められませんでした。
     
     「遺言」がよかったです。何度か死に接近した夫婦が、それでも生きぬいて、そして、夫は最後、妻に遺言を残す。これがよかった。
    「きみが大切だ。好きだとか、愛してるだとかいった、甘っちょろい言葉を超え、きみの愚痴や小言も含めてきみを大切に思う」
     素敵だ。死ぬほど好きとか、殺したいほど愛してるとか、そんなおためごかしをいうよりも、そんな想いを超えて尚、芽生え続けるこの感情をこそ、私は、愛と、呼びたいなあ。と、「遺言」を読んで感じました。

     私たちは、どんなことがあったとしても、いったん生を受けたからには、生きねばならない。終わりの来るその日まで。これは、最後の章、SINKを読んで感じたことです。
     
     心中をテーマにした作品で、生きなきゃな、と感じさせられるとは、さすが、しをんさんだ。

     

  • そこへ行けば、救われるのか。富士の樹海に現れた男の導き、死んだ彼女と暮らす若者の迷い、命懸けで結ばれた相手への遺言、前世を信じる女の黒い夢、一家心中で生き残った男の記憶…光と望みを探る七つの傑作短篇。
    「BOOK」データベース より

    ◆短編集それぞれを一行で表現すると…
    言い訳できる人は、死なないものだ.
    変わる心と変わらない心、分かれ道はどこにあるのだろう.
    深い情と死者がつなぐ恋.
    妄想の恋、身の破滅.
    真実は闇の中.黒なのか白なのか.
    残る想い、一緒にいるがゆえのやるせない想い.
    消したい記憶、向き合う心.

  • 「死にいたる病」と言う、まだ見ぬ小説のタイトルがふっと浮かんだ。

    (確か、その病って『絶望』だったはず・・・。)

    死んだ事はまだ一度もないので、
    その時の苦しみ、は想像もつかないが、

    『絶望』の痛みは良くわかる。

    私のまわりだけ、
    (もう生きていたってしょうがないでしょ)と、強制的に灯りを消されてしまうような感じ。

    暗闇。

    また呼吸は続くのに、まだ鼓動してるのに、
    生きていくため必要な光を失う。

    そんな感じ。

    読書中感じていたこの胸苦しさは、
    「死」(心中をテーマにした短編集だそう)が覆いかぶさっているのではなく、
    『絶望』が支配している為であろう。


    読後は戻ってこられるものの、
    一瞬あの世を垣間見てきたかのような、
    そういう意味では
    『天国旅行』と言うタイトルはぴったりだな♪と、思った。

  • いろいろな形の「心中」がある。

    樹海で自殺しようとする中年男、駆け落ち同然で連れ添った夫婦、老女の初盆に現れた不思議な客、前世の記憶と現世が曖昧な女、いつの間にか幽霊になっていた彼女、一家心中の生き残り。

    「遺言」と「星くずドライブ」が好きでした。
    死に瀕したとき、人は取り繕わない素の自分に戻るというけれど、やっぱりその瞬間は怖いのかな。

  • 「心中」をテーマにした短編集。

    でも「心中」って言っても、
    それぞれの話は「生きたい」っていう気持ちや、誰かを大切に思う気持ちで出来ているように思いました。

    「心中したいほど愛してる」的な重い話もありましたが、
    基本的にはそんなに重いものではなくて、なんていうか・・・・。
    切なくて、哀しくて、でもどこか冷めていて、でもやっぱり愛おしいんです。

  • いろんなカタチの「心中」をテーマにした短編集。
    樹海に入って自殺しようとする男性、「遺言」というタイトルだけれど内容的には長年連れ添った妻への凄まじいラブレター、ファンタジーっぽい時間差心中、心中の王道物語ともいえる江戸、男女、前世の生まれ変わり、どれもこれもひねりが効いていて流石はしをんさんです。
    そして物語の最後に心中のテーマの中でも核心とも言える一家心中に辿りつく。
    この構成も見事でした。
    重苦しいものばかりでなく読み終わったあと生きていくことの大切さ誰かを愛していたいという思いを痛切に感じました。 
    行く(死ぬ)だけだと旅行と言わないんだよ、帰ってくる(生きていく)から旅行と言うんだよ。『天国旅行』というタイトルにしをんさんの思いが込められているような気がします。

  • #読了。短編集。
    心中がテーマ。自殺する地を求め富士の樹海に入り込んだ者、幼少時に一家心中から逃れ1人生き残った者、既に亡くなっているはずの人物との対話など、心中がテーマ。
    様々な角度から”心中”をとらえた作品が並び、読後感もずしりと重たく感じるもの、またほのぼのとするものなど色々。自分だったら・・・と考えさせられる作品もあった。なんとなく先が見えてしまうが、「初盆の客」が温かくよかった。

  • “本書は、「心中」を共通のテーマにした短編集である。”と、巻末にあり、あ、そうか、そうだ、と思い至った。

    心中というと…誠を見せるために命をかけて命を捨てる不条理、後がない息苦しさ、というイメージ。
    でも、何故だか、明るい暖かいストーリーもあったりするのが、しをん流ということかな。

    前者のマイベストは『君は夜』
    後者のマイベストは『初盆の客』。

  • “心中”。同じ瞬間に息をひきとることが、そんなに慰めをもたらすだろうか。どんな最期だとしても、人はこの世を去る時、限りなく独りだと思う。

  • 死と生、この世とあの世の狭間にあって浮き彫りにされる人間の心の闇と光を描いた短編集。生はそもそも、死の反対ではなく、内包しているものなのではないだろうか?読後、そういった意味で人生観が変わるような気がする。

全395件中 1 - 10件を表示

三浦しをんの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

天国旅行を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

天国旅行を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

天国旅行を本棚に「積読」で登録しているひと

天国旅行の作品紹介

そこへ行けば、救われるのか。富士の樹海に現れた男の導き、死んだ彼女と暮らす若者の迷い、命懸けで結ばれた相手への遺言、前世を信じる女の黒い夢、一家心中で生き残った男の記憶…光と望みを探る七つの傑作短篇。

天国旅行のKindle版

天国旅行の文庫

ツイートする